PL配合顆粒 有名医療用風邪薬と同成分の市販薬登場!

   

Pocket

こんにちは。一気に気温も下がり、まさに冬といった季節になってきましたね。大人も子供も風邪が流行る季節の到来です。

今回は風邪薬のお話しをしますが、医療用で超有名な風邪薬である「PL配合顆粒」と同成分の風邪薬が市販薬で発売開始になったことについてお話しをしていこうと思います。

調剤薬局で勤務しているとよく分かるのですが、風邪が流行る冬の時期は、このPL配合顆粒の処方頻度は物凄く高いです。

PL配合顆粒の成分について。

中にはどんな成分が入っているのか?を見ていきたいと思います。

サリチル酸アミド

アセトアミノフェン

解熱鎮痛成分としてこの2つが入っています。頭痛や発熱、のどの痛みなどに効果がありますね。

無水カフェイン

上記2つの解熱鎮痛成分の働きを補助する役目です。

プロメタジン

抗ヒスタミン成分といって鼻水などの鼻炎症状に効果があります。

この4種類の成分が配合されています。

効果はどうなのか?

まあまあそこそこという感じですね。弱くもなければ強くもないって感じです。

解熱鎮痛成分で見れば、有名なロキソニンの成分であるロキソプロフェンやイブのイブプロフェンの方が痛みを抑える力は強いですね。解熱作用に関してはほぼ変わりません。アセトアミノフェンだけだと弱いのでサリチル酸アミドを加えて強くしている感じです。

解熱鎮痛成分の副作用で起こりやすい胃腸障害は起こりにくい成分になります。

抗ヒスタミン成分に関しては、今の症状を抑える力としては十分ですね。

ただ、花粉症などアレルギー性の鼻炎である場合は長くは効いてくれませんので不向きです。

このPL配合顆粒で注意してもらいたいのは、

解熱鎮痛成分と抗ヒスタミン成分しか配合されていないということ。

つまり、風邪症状で発症頻度の高いもので言うと、咳や痰には効果がありません。

なので医療用では、このPL配合顆粒にプラスして鎮咳去痰薬が処方されるケースが多くあります。

はっきり言ってしまうと、

市販の風邪薬の中にはこのPL配合顆粒より強い処方の風邪薬は多くあります。しかし、病院で出ているものというだけで信頼度はとても高く安心感がありますからね。

それを狙ってなのかどうかは不明ですが、PL配合顆粒と同じ処方の市販薬が発売開始されています。

シオノギ製薬から出ている、パイロンPL顆粒です。

商品名にPL顆粒と書いてあるから意識はしているんでしょう。

成分量は少し違うのですが、あまあり気にしなくていいレベルです。

病院から出てよく使っていたPL配合顆粒と同じものが市販でもあるといいな。というような方に向けてできた市販薬ですね。

私も店頭で接客をする際、この薬に限らず、医療用と同成分という特徴を持った薬は、そのことをお客様に伝えるわけですが、病院でも使われているという情報には物凄い説得力があるなと感じています。

病院で使われているなら大丈夫だね。というようなリアクションが多く見られます。

本来は薬の中身で判断するべきなんですが、人間の心理ってやつですかね。

 

Sponsored Link
 

 - 未分類