市販の目薬 緑内障は注意?

   

Pocket

こんにちは。今回は目薬についてお話します。

今日ちょうど緑内障治療中の方に目薬の接客をして、

緑内障治療中は市販の目薬が注意だなんて。とびっくりされていたのでそのことを今日は書こうかなと思います。

まず、緑内障についてですが、眼の眼圧が上がってくることで視野が欠損してくる疾患です。しっかり眼圧を抑える薬でコントロールすることが大事になってきます。

では、市販の目薬の何がいけないのか?

目薬に配合される抗ヒスタミンという成分に注意が必要になります。

この成分は眼圧を上げるおそれがあり、絶対に緑内障の方は使ってはいけません。かつ、この抗ヒスタミン成分は疲れ目などに使われる目薬にほとんどと言っていいほど配合されています。

抗ヒスタミン成分はかゆみを抑える効果があります。

有名な成分名ではクロルフェニラミンという成分があります。

気になる方は一度商品の裏面のパッケージを見てもらえるといいですね。

では、抗ヒスタミン成分が入っていないものであればいいのか?

ということですが、入っていない目薬でも注意書きに「緑内障の方は注意」という記載があります。

例えば、かわき目用の目薬なんかもそれにあたります。

目のかわきを潤す成分が入っているだけなので、抗ヒスタミン成分は入っていません。なぜ注意が必要なのか?

緑内障の初期症状に目のかわきというものがあります。

ただのかわき目であればいいのですが、万が一緑内障の初期症状だとしたら、市販の目薬でかわきを抑え続けることで根本の原因である緑内障の発見が遅れてしまうということが理由にあります。

早く気付いて、早く治療をしないとダメだよ。ってことですね。本当にほとんどの市販の目薬は緑内障には注意が必要なのです。

そんな中、1種類だけ緑内障の注意事項がない目薬があります。

それは、結膜炎やものもらい用の目薬です。

この目薬には緑内障の注意事項がありません。

お薬に詳しい方であれば成分を見て判断はできると思いますが、物凄い種類のある中で判断するのは中々至難の業なので、緑内障の方、ご家族に緑内障の方がいる方は、疲れ目があるから。とか、目がかわくからといって安易に市販薬を使うのはやめましょう。

きちんとお店にいる登録販売者や薬剤師に相談しましょう。

相談しても市販薬で勧められるものはない。というのが現実なんですが。

私が今日接客した方へは、

市販薬の使用で眼圧を上げて緑内障が悪化してしまうのはとても心配なので、定期的に受診していると思いますので主治医の先生に一緒に使える目薬を処方してもらってください。とお伝えしております。

お客様もご納得されていました。

市販薬だからといって甘くみてしまうとよくないということですね。

 

 

Sponsored Link
 

 - 未分類