薬剤師 在宅って大変?

   

Pocket

こんにちは。今回は在宅についてお話します。

これから薬剤師を目指す方や新人の薬剤師さん向けにお話します。

在宅は大変なのか?

そんなイメージをお持ちの方が多いかと思います。外来を極めてからでないと在宅なんてムリムリ。とか。

確かに、大変ではないと言えばウソになりますが、そんなに苦手意識を持つことはありません。むしろ若い内からどんどん経験をするべきです。

在宅業務には、個人宅に薬を届けるケースと施設に薬を届けるケースがあります。

どちらも薬を作るのは調剤薬局の中なので一般外来業務と何ら変わりはありません。計画書とか報告書とか事務的に作業は発生してきますが、こんなのは少し慣れればすぐできるようになります。

あとはお薬を持っていくわけですが、

個人宅の場合は、その名の通り患者様の自宅に行きます。そこで服薬指導をしてお薬をカレンダーにセットしたりします。基本的にはこれでお終いです。一般外来と違って、患者様ご家族ととりとめのない日常会話をしたりと患者様とのコミュニケーションがよく取れます。その患者様のことをより深く知ることができ、そのうち、家の中の少しの状況変化に気づいたりもできるようになります。

施設はさらに、ドクターや看護師、ケアマネージャーの方と接することができます。全員で患者様を診るということで医療チームとして仕事ができます。ドクターや看護師という言葉を聞くと、そんなところで話をするなんて、、、と思いますよね。その気持ちはよく分かります。

ただ、経験上、最低限の薬の知識を持っていれば大概は問題ありません。

私の考えでは、ドクターは薬を決める時、

「この症状が出ているからこの薬を出す」という考えの方が多いです。

薬剤師は、薬のプロですから、

「この症状はこの薬の影響かな?減らした方がいいかも。違う薬に変えた方がいいかも。」という観点で見ます。

こういう視点はドクターはあまり持っていないから、「薬剤師にはどんどん発言してほしい。それで不要な薬が減るのであれば患者様にとって一番いいから。」と仰ってくれたことがあります。とても印象的でした。

ドクターはコワイ。という苦手意識がある方も多いと思いますが、

在宅を熱心にやるドクターに悪い人なんていません。

国も在宅医療を推進している中、薬剤師として在宅業務を避けて通ることができない時代になってきています。

苦手意識は捨てて大丈夫です。

若い内からドンドンやりましょう。

薬剤師としてのやりがいというのが、在宅業務の中には詰まっています。

但し、最低限のお薬の勉強はしっかりしましょうね(笑)

 

Sponsored Link
 

 - 未分類