調剤薬局は中で何をやっているの?気になる調剤薬局業務

      2017/11/15

Pocket

今回は、調剤薬局が調剤室の中でどんなことが行われているのかをお話したいと思います。

お薬を2、3種類もらうだけなのに意外と時間がかかるのね。

なんて経験をされた方も意外と多いのではないでしょうか?

私も実際調剤薬局で勤務もしているのでそういった患者様からの無言の目線を何度も感じています。

言い訳になってしまいますが、

こちら側も意外とやることがたくさんあるんです。

それは全部、間違いを起こさないためです。

全てはそこに尽きます。

薬というものは本来飲まなくていいものなので体にとっては、言ってしまえば不要なものなんですよね。

 

それを飲むわけですから、いかに安全にお薬をお渡しできるが調剤薬局の最低限の役目になってきます。

 

実際に業務の話に進みます。

 

まず、処方せんをお預かりしたらその情報を薬局のPCで入力するという作業があります。

処方せんを見てそのままお薬を用意するということはできないようになっています。

これだけでも処方せんの内容によってはまあまあな時間がかかってきます。

 

次に、PCで入力した内容を元に調剤(お薬を用意)します。

調剤とかカプセル剤とか漢方薬とかであればパパッととるだけなので、

その場合は大した時間はかかりません。

但し、粉薬とか塗り薬の場合はパパッととるだけとはいかないので少し時間がかかってきます。

 

お薬の用意ができた後もまだ作業があります。

この作業が最も大事な作業になってきます。

処方せんの内容通りに入力がきちんとできているか。処方せんの内容通りに調剤が出来ているか。の確認と、この患者様がこの薬を飲んでも問題ないのか。薬の量や飲み方は正しいのか。を確認します。

専門用語で「監査」といいます。

ここで薬局側は時間をかけます。

実際に、この確認作業で結構な間違いが発見されます。

薬剤師はみんな患者様が待ち時間を気にされているということは分かっているので早く出そうという気持ちが常にあります。

ゆっくりやれば間違えるはずのない作業も急いでやることで凡ミスが出てきます。

患者様が安全にお薬を飲めるように、この最後の確認作業はとても大事な作業になるので、

どんなに急いでいる状況下でも時間をかけます。

 

平均的な話ですが、

前に待っている人がいない、自分が1番始めだとして、

錠剤とかだけの処方せんであれば5~10分で用意が可能だと思います。

前に待っている人がいる場合は順番なのでその分時間がプラスされます。

粉薬や塗り薬の場合だと作る時間と確認作業時間が錠剤だけのと比べて多くかかってくるので最低でも30分はかかります。

 

調剤室の中ではこんなことが行われていたんですね。

とりあえず、時間をかけたくて遅くしている薬剤師はこの世の中に1人もいませんので、

そこだけでも頭の片隅に入れておいていただけると私も嬉しいです。

Sponsored Link
 

 - 未分類