出岐雄大現在は?引退した理由は?箱根で驚異の記録を残したのに…

   

Pocket

2019年1月3日(木)放送の「消えた天才SP」

ちょうどタイミングがいいのか、箱根駅伝ネタが取り上げられますね。

青山学院大学史上、最高のランナーとまで言われた天才がいた。

あの山の神と言われた神野大地さんが絶対勝てなかった天才の名前は、

出岐雄大さんですね。

箱根駅伝で驚異的な記録を残していたのに、

25歳という若さで現役を引退してしましました。

何故、出岐雄大さんは引退をしてしまったのでしょうか。また現在は何をされているのでしょうか。

ということで、今回は、

「消えた天才SP」で紹介される青山学院大学史上、最高のランナーと言われた出岐雄大さんについて書いていきたいと思います。

他にも放送内では、

松井秀喜が打てなかった天才や、松岡修造さんが認めた天才など盛りだくさんの内容となっています。

辻野隆三と荻野目洋子の馴れ初めは?再婚なの?結婚式の画像も!

山口哲治(星稜)神戸製鉄の現在は野球監督?松井秀喜の感動の言葉!

それでは少しの間お付き合いいただければと思います。よろしくお願いいたします。

 

Sponsored Link
 

 

出岐雄大の現在は?

早速ですが、

出岐雄大さんが現在何をされているのかについて調べてみました。

出岐雄大さんはマラソンランナー現役引退をされた現在は、

中国電力で一般業務をされているようですね。

大学卒業後に就職された会社が中国電力ということです。

中国電力では選手としてマラソン競技を続けていましたが、

25歳の時に現役引退表明をされています。

リオデジャネイロオリンピックを目標とされていたり、

周囲からも五輪代表の候補と言われていたところの突然の引退表明に周囲は驚かれたようです。

 

青山学院大学の天才ランナー 出岐雄大

 

出岐雄大が引退した理由は?

では、何故出岐雄大さんは引退することを決められたのか。

出岐雄大さんご自身のお言葉で、

「箱根駅伝以上の目標を見つけられなかった」

と語られていたようで、

この言葉から汲み取られる心境の変化が引退した理由となるのではないでしょうか。

オリンピックに出場という箱根駅伝以上の目標があるのでは?

と素人目には思えてしまいますが、

この辺りについては、実際に選手として走っていた出岐雄大さんにしか分からない心境というものがあるんでしょうね。

ただ、なんとなくですが、

箱根駅伝とか甲子園とか、大きなところで言うとインターハイとか、

通過点ではなくゴールという印象もなくはないのかな。

スラムダンクの桜木花道のように、「選手生命が終わっていもいい」みたいな熱いものが学生スポーツにはありますよね。

 

 

出岐雄大が箱根で残した驚異の記録とは?

まずは、出岐雄大さんのプロフィールについて簡単に紹介しておきます。

出岐雄大さんは、読み方は「でき たけひろ」ですね。

1990年4月12日生まれの現在28歳(2019年1月現在)、長崎県生まれです。

高校は北陽台高校、大学は青山学院大学です。

高校時代始めからからマラソン(長距離)に専念していたわけではなく、

サッカーをやっていて応援で駅伝に出ていたようです。

サッカー以上だったのかな?類まれなる才能を感じたのか陸上部顧問の勧誘により陸上部所属となります。

インターハイにも出場されており、

あの青山学院大学の原監督のお誘いもあり青山学院大学へ進まれています。

出岐雄大さんが箱根駅伝での記録は、

2年生の時(2011年1月)、2区を走り11人抜き5位に順位を上げる

3年生の時(2012年1月)、2区を走り9人抜きで3位に順位を上げる

4年生の時はちょっと怪我もあったせいで大きな記録とはなりませんでしたが、

ごぼう抜きとはまさにこのことと言わんばかりの記録ですね。

また、

2015年の都道府県別の駅伝大会にて、

今回、消えた天才に出演される神野大地さんや鎧坂哲哉さんなどそうそうたるメンバーを押さえての7人抜き&区間賞を獲得されています。

素晴らしい成績を残されていたんですね。

 

ということで、今回は、

出岐雄大さんの現在や引退理由について書いてきました。

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

Sponsored Link
 

 - スポーツ, テレビ番組 , , , ,