下町ロケット2 9話感想と10話あらすじ シマちゃんが佃を救う?

   

Pocket

下町ロケット2もいよいよ架橋ですね。

架橋なんですが、まだ決着の兆しはなく、しかも佃製作所が蚊帳の外状態です。

天下の帝国重工が絶体絶命の危機。

帝国重工とギアゴーストと佃製作所を裏切ったもの同士のバチバチなのでどういった感情で見たらいいのか少し戸惑いますが、

とりあえず帝国重工の大ピンチです。

次期社長の的場は胸糞悪いですが、娘の利菜や財前さんがいますからね。

ざまあみろとは心から思えない複雑な心境です。

下町ロケット2の最終回は11話となるので今回含めあと3話ですね。

9話は窮地に追い込まれた帝国重工、的場がまた汚い手を使おうとしていますが一体どんな展開が待っているのでしょうか。

ということで、今回は、

下町ロケット2の第9話の感想と第10話のあらすじについて書いていきたいと思います。
下町ロケット ゴースト [ 池井戸 潤 ]

他関連記事についてもご興味のある方はご覧になってみてください。

 

 

それでは少しの間お付き合いいただければと思います。よろしくお願いいたします。

 

Sponsored Link
 

 

下町ロケット2 第9話感想

まずは、下町ロケット2の第9話のあらすじから、

アグリジャパンでまさかの大失態を見せつけてしまった帝国重工、

信用回復のために原因追求をする的場一行であったが、またいつもの悪い癖が。

自分達の非は認めず、野木の責任にしようとする。

そんな野木の状況を聞いた財前はさすがに怒りを隠せず、財前さんに直談判をする。

 

ということで、第9話の感想に参りたいと思います。

第9話感想

アグリジャパンでの大失態により窮地に追い込まれた帝国重工でしたが、

的場は帝国重工側に非は一切ないとし、野木の自動操縦システムに問題があると決めつけました。

この騒動の真相を明らかにするために財前さんが提案したのが、

箱物、つまりエンジンやトランスミッションを別のものにして野木の自動操縦システムに本当に問題あったのかを検証するということ。

その箱に採用されたのが佃製作所でした。

これがうまくいけば、帝国重工のエンジンとトランスミッションに問題があったことになります。

そして、その検証当日、

佃製作所が作った箱物は見事検証をクリアしました。これで帝国重工が自分達のトランスミッションに不具合があったことを認めざるを得ないってことになるかと思いきや、

的場は一切認めようとはせず。

帝国重工のトランスミッションを佃製作所に調査してもらうべきだという財前からの提案にも耳を傾けない的場と奥沢。

憎き的場の独断となりかけていましたが、この状況を変えることができる唯一の人間である藤間社長が登場。

カリスマ社長とはまさにこのことですね。

トランスミッションの不具合について隠していた奥沢とやりたい放題の的場を一喝、責任をなすりつけられかけた野木への謝罪、

帝国重工の社長はこの人でないといけないですね。

帝国重工製の調査を佃製作所が請負、見事不具合を発見。これで野木の潔白が晴れました。

的場もこれまでなのか。でもまだコテンパンにはされていないのでもうひと押しありそうですね。

 

ロケットバルブに話は移り、

佃製のロケットバルブを使っていたが、帝国重工は内製化を進める計画も。

つまり、父である佃社長と娘である利菜が事実上バチバチってことですね。

お互いこれまでにない最高水準のバルブシステムを揃えた迎えた試験、

結果は、佃製作所のバルブシステムが圧倒的に帝国重工製を上回る数値を叩き出し、正式に採用が決定しました。

お父さんの意地をみせつける形になりましたが、あれだけ本気でがんばっていた利菜も可哀想。

ママからの「お父さんの今があるのは、たくさんの失敗をしたから」という言葉で挫けずいい経験としてほしいですね。

父娘で仕事についてこんな会話ができるのってとても羨ましいですね。

 

さらに、帝国重工復興のために、無人農業ロボットのエンジンとトランスミッションの供給を財前さんからお願いされました。

前回のアグリジャパンでの失態で逆風が吹いている状況、エンジンならまだしもトランスミッションはギアゴーストとダイダロス製に明らかに敵わない状況。

もう絶対に失敗は許されない状況の中、本当に無人農業ロボットに手を出すのか。

殿さんとの会話、娘との会話、佃社長の結論はいかに。

 

下町ロケット2 主演を演じる阿部寛

 

下町ロケット2 シマちゃんが佃を救う?

最終回まであと2話、

構図の全容も分かってきましたね。

帝国重工の独断によりアルファー1が大失態、帝国重工の信用が落ちる。

復讐したい重田と伊丹はしてやったり、ダーウィンが躍進。

いろいろあって、帝国重工の復活のために佃製作所にヘルプ。

佃製作所と帝国重工(藤間社長や財前さん)vsダイダロス重田とギアゴースト伊丹

となりそうですね。

佃社長はこの対決に既にやる気満々ですが、

トランスミッションは完敗なのは経験済。

この対決に勝つには、今までなりそ潜めているあの方の助けが必要ですね。

そう、島津ことシマちゃん!

一体いつまでそこら辺をウロチョロしているのかと思っていましたが、

満を持しての再登場、そして佃製作所に仲間入りとなり、総力をもって重田と伊丹に挑むという形。

あと2話、これはかなり盛り上がりそうですね!

 

Sponsored Link
 

下町ロケット2 第10話あらすじ 今後の展開は?

第10話あらすじ

財前(吉川晃司)から再び無人農業ロボットのエンジンとトランスミッションの供給を頼まれた佃製作所。悩む佃(阿部寛)だが、社員の中には、失敗の許されないこの挑戦に後ろ向きの者たちもいた。今までのノウハウを生かし、エンジンには絶対の自信があるが、問題はやはり経験不足の感が否めないトランスミッション……。

そこで佃は、大学講師のアルバイトとして働く島津(イモトアヤコ)のもとを訪れ、改めて一緒に仕事をしないかと誘う。 悩む島津だったが、立て続けに伊丹(尾上菊之助)が訪れてきて……。

下町ロケット吉井役の古川雄大がカッコいい!舞台とのギャップが…

下町ロケット2 1話感想・2話あらすじ 佃の新顔社員がキモい!

下町ロケット2 2話感想と3話あらすじ 伊丹を嵌める黒幕は誰?

下町ロケット2 3話感想・4話あらすじ 裏切り者はギアゴーストに!

下町ロケット2 4話感想と5話あらすじ 伊丹が裏切り?どうして?

下町ロケット2 5話感想と6話あらすじ 島津は仲間入りする?

下町ロケット2 6話感想と7話あらすじ 佃最大の危機!娘のライバルに?

下町ロケット2 7話感想と8話あらすじ 的場ついに失墜?復讐の嵐!

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

Sponsored Link
 

 - ドラマ , , , , ,