黄昏流星群6話感想&7話あらすじ 美咲と春輝がついに結婚?

   

Pocket

泥沼の展開はさらに泥沼に。

完治はついに栞と一晩を過ごしてしまいましたね。

まあ、ここまでくると全然びっくりしません(笑)むしろここまで何もなかったのが不思議なくらいですからね。

完治と栞もそうですが、

娘の美咲が66歳高田純次さんとの浮気(笑)しかも結婚は結婚、恋愛は恋愛とキッパリと堂々と割り切っているところが恐ろしい。

自分の娘には絶対にああなってほしくはないです。

一番ピュアなのはママの真璃子と春輝ですかね。

既にごちゃごちゃな展開なので既にピークを迎えてしまいこれ以上どう盛り上げるのか心配になってきていますが。

第6話ではパパが高田純次に詰め寄りますが、はっきり言って全然説得力ないですからね。

どんな展開が待っているのでしょうか。

ということで、今回は、

黄昏流星群の第6話の感想と第7話のあらすじについて書いていきたいと思います。
黄昏流星群 1 不惑の星 (ビッグ コミックス) [ 弘兼 憲史 ]

他関連記事についてもご興味のある方はご覧になってみてください。

 

 

それでは少しの間お付き合いいただければと思います。よろしくお願いいたします。

 

Sponsored Link
 

 

黄昏流星群 第6話感想 春輝が真璃子に告白!

まずは、黄昏流星群の第6話のあらすじから、

ついに完治と栞は一晩を共に過ごしてしまう。

真璃子には銀行時代の仲間と食事をして終電を逃してしまったと連絡を入れるが、

最近の出来事を思い出し完全に疑っている真璃子。

一度家に帰ってきてもすぐ仕事に出る完治を見て疑惑は確信に変わる。

完治は美咲の相手である大学教授の元に行き、娘との関係性について問いただす。

果たして美咲はしっかりケリをつけて結婚することができるのか。

 

ということで、黄昏流星群の第6話の感想い参りたいと思います。

第6話感想

旦那の浮気が確定したにも関わらず意外と余裕な表情を見せている真璃子、

これは、そっちはそっちでこっちはこっちでいいことあるから的なノリなんでしょうか(笑)

滝澤家はみんな二股をしているような状況なので、

可哀想なのは、滝澤家に相手されているみんなってとこなんでしょうね。

栞もなんだか体に異変を感じてしまっているし、

春輝もお母さんの状態がよろしくなさそうだし。再発したかもしれないって・・・ガンとかなのかな。

完治の出向先ではメインの取引先から契約の打ち切りを言い渡され緊急事態に。

川本(中川家礼二)は何故あそこでラグビーボールを持っていたのか。

完全に中川家のコントを見ているかのようでしたね(笑)

結局完治は追加の融資を銀行から受けることは出来ませんでしたが、まあ天罰が下ったということでしょうかね。

完治は、娘の美咲の浮気相手である戸浪の下を訪れます。

意外と悪い奴じゃなかった。まるで、栞を見ているかのように思えた完治は勢いをなくしてしまいました。

完治も美咲も似た者同士だったということですね。

銀行から3,000万の融資であればということで連絡を受けた完治、

川本にこれからの企業計画について説得をする完治であったが川本は聞く耳を持たず。

振り払った勢いで完治はバランスを崩してカゴ車の下敷きになってしまう。

完治が病院に運ばれたと連絡を受けたちょうどその時、

真璃子は春輝に突然の告白を受けていました。

病院でじゃれる完治を見つめる春輝、

ご家族以外は病室についての情報は教えてもらえないと受付で突き返されてしまう栞、

やはり可哀想なのはこの2人ですね。

お互いケリをつけようと話す美咲と完治ですが、

至極当然、至って当たり前ですよー。

 

黄昏流星群で主演の佐々木蔵之介

 

黄昏流星群 美咲と春輝は結婚してしまうのか?

美咲と春輝がついに結納を行うことに。

美咲は戸浪との関係にケリをつけることができたのか。

春輝も真璃子に告白したばかりなのに、このまま結婚をしてしまうのでしょうか。

物語的にはまだ第7話ですからね。

ここで結婚してしまったら全然面白くなくなってしまうので、

ギリギリの所で何かが起こりそうですよね(笑)

もしかして春輝がみんなの前で真璃子への想いを告白するのか。

浮気をしている完治と栞は共犯的な感じできているので、

そんな告白を聞いたらマジでびっくりするんだろうな(笑)

それこそコントですよね。

とりま、既に収拾がつかない状況になっているのでなるようになりなさいって感じですが。

まだまだ落ち着くには早いと思うのでさらに荒れた展開を希望します。

 

Sponsored Link
 

黄昏流星群 第7話あらすじ 今後の展開は?

第7話あらすじ

瀧沢完治(佐々木蔵之介)の病室に、水原聡美(八木亜希子)と須藤武史(岡田浩暉)が見舞いに来た。須藤と聡美は交際を始めたという。聡美と買い物に出た真璃子(中山美穂)は、須藤と屈託なく仕事の話をする完治の姿に寂しさを感じる。

真璃子が家に帰ると、日野春輝(藤井流星)から電話が入った。完治の容体について話す二人だが、美咲の話題になると気まずい空気になる。また連絡して良いかと言う春輝に、美咲のいないと時にはかけてこないで、と真璃子は断って電話を切った。

退院した完治が荻野倉庫に出社。大口の取引先に契約を打ち切られ経営は相変わらず苦しい。完治の入院に一端の責任を感じる川本 保(礼二)は気まずそうにしながらも、「経費削減」をうったえる。そんな川本に、完治は新事業の資料を差し出す。須藤から、別れた家族の思い出の品を倉庫で預かって欲しいと頼まれた完治は、捨てられない品を個別で預かるサービスを考えたのだ。商売として成り立たないと反対する川本だが、荷物の整理まで一人で行うと言う完治の熱意に負けて渋々了承する。

その昼、食堂で働く目黒 栞(黒木 瞳)を見つけるが何故かよそよそしい態度。気がかりながらも、完治は新事業を軌道に乗せるため駆けずり回り残業をこなす毎日…。その理由を尋ねることもできないまま栞と会えない日々が続いた。実は、栞は完治と別れて欲しいと美咲に言われたことに大きく心を揺さぶられ、ある大きな決断を下そうとしていた…。
そんななか、美咲と春輝の結納が行われることになり…。

黄昏流星群1話感想と2話あらすじ 原作との違いは?より泥沼不倫に

黄昏流星群2話感想・3話あらすじ 秘書(本仮屋ユイカ)は悪女?

黄昏流星群3話感想・4話あらすじ 娘の婚約者とデキちゃうのか…

黄昏流星群4話感想&5話あらすじ 娘もまさかの不倫?相手は誰?

黄昏流星群5話感想&6話あらすじ カオス過ぎ!完治は一線を越えた!

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

Sponsored Link
 

 - ドラマ , , , , , , ,