下町ロケット吉井役の古川雄大がカッコいい!舞台とのギャップが…

      2018/11/11

Pocket

下町ロケットですが、原作でいう「ゴースト編」で最後までやってさらに続編と思っていましたが、「ヤタガラス編」までやることになりましたね。

第2部となる「ヤタガラス編」は、

特許侵害訴訟を見事に勝利で乗り切った佃製作所でありましたが、

まさかのギアゴーストの社長伊丹のまさかの裏切りにより聞いてないよ~状態となります。

伊丹の的場への復讐、佃製作所と財前さん(帝国重工)の本格的な農業への参入がメインストーリーとなってきます。

完全にいい人だと思っていたのに伊丹社長・・・

そんな第2部ですが、気になる追加キャストがいますね。

実家に戻った殿さんを目の敵にしている吉井という青年

あまりいい人ってことではなさそうですが、やたら顔がシュッとしていてイケメンではないか。

演じるのはミュージカル界の新プリンスでる古川雄大さんです。

 

ということで、今回は、

下町ロケットの第2部の追加キャストである吉井役を演じる古川雄大さんについて書いていきたいと思います。
下町ロケット ゴースト [ 池井戸 潤 ]

他関連記事についてもご興味のある方はご覧になってみてください。

 

 

それでは少しの間お付き合いいただければと思います。よろしくお願いいたします。

 

Sponsored Link
 

 

下町ロケット 吉井役を演じる古川雄大のプロフィールについて

まずは、古川雄大さんのプロフィールについて紹介したいと思います。

古川雄大さんは、1987年7月9日生まれの現在31歳(2018年11月現在)

長野県上高井郡高山村出身の俳優さんです。

テレビドラマというよりかは舞台でご活躍されていますね。

テニスの王子様のミュージカルや黒執事のミュージカルなど多くの女性ファンを抱える人気舞台に出演されています。

今回の下町ロケットへの出演に際して、

「ミュージカルの新プリンスが悪役に挑戦!」なんて紹介されていましたね。

そしてなんといっても端正なお顔立ちと身長182cmというプロモーションの持ち主。

きっと女性ファンも多いことでしょう。

ダンス経験が豊富で、ディズニーシーでダンサーをしていた経験もあるようですよ。

 

下町ロケットで悪役を演じる古川雄大

 

古川雄大 ミュージカルから一変し農家へ!ギャップが・・・

ミュージカルの舞台から一変、農家役を演じることになった古川雄大さん、

顔はめっちゃイケメンなのに作業着を着ているこの姿、

普段の古川雄大さんはというと、

こんなんとか、

こんな感じなので、

ミュージカルの古川雄大さんをずっと知っている方やファンの方にとってはギャップがかなり凄くて戸惑ってしまうかも

 

 

下町ロケット 吉井は原作では重要人物なのか?

古川雄大さんが演じる吉井浩についてですが、

原作では、そこまで重要な人物というわけではないですね。

ただ、佃製作所魂を奮起させる起爆剤のような存在と思ってくれればいいのかなと思います。

佃製作所を辞めて、

親父の意思を受け継いでイチから米作りに挑戦する殿さんを目の敵にする青年で、

三男坊として甘やかされて育ったがゆえにあらゆる物事を軽視し、「米なんて食えればいい」など不遜な言動も目立つ男。米作りに人生をかける殿村と対立を深めていく。

吉井についてはこのようにも紹介されています。

あまりのイケメンっぷりに本筋と逸れて吉井を演じる古川雄大さんに注目が集まってしまうかもしれませんね。

ミュージカルの新プリンスがどんな悪役を演じてくれるのかとても楽しみですね。

下町ロケット2 1話感想・2話あらすじ 佃の新顔社員がキモい!

下町ロケット2 2話感想と3話あらすじ 伊丹を嵌める黒幕は誰?

下町ロケット2 3話感想・4話あらすじ 裏切り者はギアゴーストに!

下町ロケット2 4話感想と5話あらすじ 伊丹が裏切り?どうして?

下町ロケット2 5話感想と6話あらすじ 島津は仲間入りする?

 

ということで、今回は、

下町ロケットの追加キャストである古川雄大さんについて書いてきました。

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

Sponsored Link
 

 - ドラマ , , , ,