下町ロケット2 4話感想と5話あらすじ 伊丹が裏切り?どうして?

      2018/11/08

Pocket

古坂大魔王さん、どんな演技をするのか未知数でしたが見事な嫌な奴を演じていましたね(笑)

全く違和感なく佃製作所を追い詰める嫌味な審査部信用管理室の安本を演じました。

ネットでも古坂大魔王さんの演技への称賛の声が多く寄せられていました。

その影響もあったか、第3話の視聴率は現段階で最高となる14.7%と素晴らしい数字でした。

古坂大魔王さんの演技もすごかったですが、

視聴率が良かった要因として、佃製作所の経理部長である殿さんこと殿村(立川談春)の活躍が挙げられますよね。

佃製作所のみんなは、機械オタクか情熱まっしぐらな人ばかりですからね(笑)

殿さんみたいなお金を管理できる人間は絶対必須ですからね。

しかし、そんな殿村さんですが、第4話ではまさかの退職?といった展開に。

お父さんの様態がよろしくないのか。本当に辞めてしまうのか。

絶対に勝てないと言われる裁判をどう乗り切るのか。気になることが盛りだくさんですね。
下町ロケット ゴースト [ 池井戸 潤 ]

ということで、今回は、

下町ロケット2の第4話の感想と第5話のあらすじについて書いていきたいと思います。

他関連記事についてもご興味のある方はご覧になってみてください。

 

 

それでは少しの間お付き合いいただければと思います。よろしくお願いいたします。

 

Sponsored Link
 

 

下町ロケット2 第4話感想 殿村さん退職?

まずは、下町ロケット2の第4話のあらすじから、

特許侵害訴訟に向けてなんとか解決の糸口を探す一同であったが、

神谷弁護士から、ギアゴーストの情報が外部に漏れている。このままでは裁判には勝てないと言われる。

伊丹と島津も内部に情報を漏らしている人間がいるということが信じられない。

そんな中、信用調査の際に大活躍した殿村であったが、

佃製作所での仕事と実家の農業を掛け持ちしていたが重大な決心をすることに。

ということで、下町ロケット2の第4話の感想に参りたいと思います。

第4話感想

第4話開始早々、ギアゴースト内部の裏切り者が判明しました!

ギアゴーストの顧問弁護士の末永(中村梅雀)でしたね。

中川弁護士に3億円というお金で情報提供を要求されていたんですね。

末永の様子を伺いつつ今後どうするかを迷っている伊丹の元に中川弁護士の事務所から、

ギアゴーストを買収したいという新たな会社がいると告げられました。

その会社は、ダイダロス、社長の重田(古舘伊知郎)が伊丹の前に現れました。

的場が部長時代に切り捨て倒産した中尾彬演じた社長の息子が重田だったんですね。

なんかいろいろ繋がってきましたね。

重田がどうしてもギアゴーストを手に入れたい理由、

重田が恨みがあるのは伊丹ではなく帝国重工なはずですからね。

裁判を前に、勝負の決め手となる論文を発見した一同は、いざ中川潰しに向けて準備を進めます。

しかし、このままスムーズにいかないのが佃製作所、

証拠不足でこのままでは負けてしまうという状況に。

一方、実家の米農家をどうするか悩んでいる殿さん、

親父さんは米作りから身を引く決意しました。最後に田んぼに向かって手を合わせる父親の姿を見る殿さん、

ずっと悩んでいた殿さんでしたが、農家を継ぐことを決意しました。

佃製作所に迷惑をかけるような辞め方はしないほうが良いという妻の言葉から、

特許侵害訴訟問題が殿さんの最後の戦いになりそうですね。

最後の殿さんと佃社長の熱いやりとり、

2人が涙を流しながら感謝しあいながら、社長が殿さんに向けた、

「今度は俺に背中を押させてくれ」、「よく決めたな、殿」というセリフ、

これには目頭が熱くなりましたよ。

次週でゴースト編完結です。絶対見逃しません。

 

下町ロケット2 主演を演じる阿部寛

 

下町ロケット2 まさかの伊丹が裏切り者に?

ゴースト編完結に向けて、

中川弁護士を叩き潰すだけかと思いきや、

第5話予告で驚きの展開が。

伊丹社長のあの悪そうな顔、まさかまさかのここにきて伊丹社長が佃製作所を裏切る展開に?

一体これはどういうことなんでしょうかね。

間違いなく、訴訟には勝って中川弁護士と末永弁護士は叩き潰す展開にはなると思いますが、

その後ですよね、

ダイダロスの重田がギアゴーストを買収しようとしていたってことなので、

佃製作所と一緒に・・・ではなく、ダイダロスと一緒に・・・って展開になるってことかな。

重田と伊丹、

この2人の共通点は帝国重工、そして憎むべき相手は的場ですよね。

伊丹社長がなんか悪いことに利用されちゃいそうな予感。

やっぱり帝国重工が佃製作所の前に立ちはだかることになるんですかね。

 

Sponsored Link
 

 

下町ロケット2 第5話あらすじ 今後の展開は?

第5話あらすじ

ついにギアゴーストはケーマシナリーとの特許侵害訴訟・第一回口頭弁論の日を迎えた。伊丹(尾上菊之助)、島津(イモトアヤコ)らギアゴーストの社員、佃(阿部寛)、退職を決めた殿村(立川談春)ら佃製作所の社員が見守る中、運命の判決はいかに……。

一方、的場(神田正輝)の指示でスターダスト計画から離れることになった財前(吉川晃司)の次に進む道は、ロケットに関わる新事業開発の部署であった。
ひょんなことから、佃製作所の社員たちと殿村家の稲刈りを手伝うことになった財前は、改めて重要なことに気づかされる。

下町ロケット2 1話感想・2話あらすじ 佃の新顔社員がキモい!

下町ロケット2 2話感想と3話あらすじ 伊丹を嵌める黒幕は誰?

下町ロケット2 3話感想・4話あらすじ 裏切り者はギアゴーストに!

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

Sponsored Link
 

 - ドラマ , , , , , ,