黄昏流星群4話感想&5話あらすじ 娘もまさかの不倫?相手は誰?

   

Pocket

栞(黒木瞳)から完治(佐々木蔵之介)へまさかのキス、

もう2人は後戻りができないところにまで来てしまいましたねー。

真璃子も娘の婚約者にドキドキしちゃっているし、

この夫婦はお互いよろしくやってくれればそれで丸く収まるのでは(笑)

この夫婦は今後どうなるのか最終回まで話がもつのかちょっと心配していましたが、

まさかの娘の美咲にも婚約者以外の男の影が・・・

これが本当なら、親子揃ってという前代未聞の事態になりかねないぞ。

第4話の展開がどうなるのかとてもたのしみですね。

ということで、今回は、

黄昏流星群の第4話の感想と第5話のあらすじについて書いていきたいと思います。
黄昏流星群 1 不惑の星 (ビッグ コミックス) [ 弘兼 憲史 ]

他関連記事についてもご興味のある方はご覧になってみてください。

 

それでは少しの間お付き合いいただければと思います。よろしくお願いいたします。

 

Sponsored Link
 

 

黄昏流星群 第4話感想 ホテルでの出来事がヤバイ!

まずは、黄昏流星群の第4話のあらすじから、

再び、春輝は滝澤家を訪れることに。

真璃子と2人で会っていたことは内緒になっている中、初めて完治と春輝は対面する。

年収や家のことをズバズバと聞く完治に場の雰囲気は重たくなるが、春輝は物怖じしない。

一方、完治と栞はキスしたがそこから先の関係にはならず恋人未満のような関係を続けている。

ある日、真璃子は娘の美咲のうなじにおかしなアザを見つける。

美咲には実は誰にも言えない秘密があった。

 

ということで、黄昏流星群の第4話の感想に参りたいと思います。

第4話感想

再び滝澤家にきた春輝に対して完治は年収とか家柄を空気を読まずに詮索してしまう。

それに対して娘の美咲から職業病が出てる。いつも人を見下している。人のスペックなど見て評価をしている。

と罵声を浴びせられる。

職場でも同様、銀行時代の自分の常識をそのままぶつけてしまい孤立無援な状態に。

そんな中、栞から自分の常識が全てだと思っていはいないか?と冷静に諭される完治。

娘から言われたこと、職場での自分の立場、

その言葉に自分の愚かさに気付かされる完治でした。

いつも同じ所でご飯を食べている2人だけど、

店主はどういった気持ちで2人を見ているんでしょうかね。

明らかに完治が妻ではない別の女性といつも会っているということに気づいていると思うんですよね。

真璃子の夫への疑惑は増すばかり、

山に行くといって出ていった完治がキレイな靴のまま帰宅したのを見てさらに浮気を疑う。

完治も完治で、キレイな靴のまま帰ってきたらそりゃ怪しまれるでしょ。

真璃子も真璃子で、旦那の不倫を疑いつつも、

娘の婚約者と2人で映画に行ってドキドキしちゃってますからね。

まあ、娘の美咲もまさか母親と婚約者がこんな関係になりつつあるとは思ってもいないでしょうが。

そしてそして、

どエライ展開が待っていました!

エレベーター内でこんな偶然が起こってしまうのか。

娘がオッサンとイチャイチャしているではないですが。

と同時、お父さん、女連れてホテル泊まろうとしているの娘にバレてます。

これ、本当にどんな状況(笑)

事態は一気に急展開を迎えそうですね。

第5話が楽しみですね。

 

黄昏流星群で主演の佐々木蔵之介

 

黄昏流星群 娘の美咲も不倫?相手は誰?

真璃子が見つけてしまった美咲のうなじにあったキスの跡

このキスの跡は本当に春輝がつけたものなのか。

娘の異性関係についても怪しい影が。

実は、黄昏流星群の原作なんですが、

完治と栞の不倫がメインになっているんですが、

娘の不倫も描かれているんですね。

しかし、ドラマ版では、

原作では描かれなかった、妻の真璃子と娘の婚約者の春輝の不倫が描かれることとなっています。

なので、さすがに娘の不倫まで盛り込んでこないだろうと予想しておりましたが、

ドラマ版はなんとも欲張りですね。

夫も妻も娘も。

音楽とか描写とかキレイに描かれていますが、

こんな家族いたら普通にヤバイでしょ(笑)

ホテルのエレベーター内でキスしていたあのオッサン

あれ高田純次さんだよね。

誰なんだろうか。愛人関係なのか。

予想外に年上過ぎてかなり戸惑うけど。

 

Sponsored Link
 

 

黄昏流星群 第5話あらすじ 今後の展開は?

第5話あらすじ

瀧沢完治(佐々木蔵之介)と目黒 栞(黒木 瞳)の関係は、先へ進もうとしていた。しかし、二人で入ったホテルで、完治は娘の美咲(石川 恋)と会ってしまう。美咲の隣には婚約者の日野春輝(藤井流星)ではなく完治よりも年上と思わしき男(高田純次)。あの男は誰なのか。その場は無言ですれ違う父娘だったが、完治は美咲のことで頭がいっぱいに。結局、栞と結ばれることが出来なかった。

その頃、春輝と映画を見てきた真璃子(中山美穂)が帰宅。まだ、美咲は帰っていない。真璃子は美咲には他に好きな人がいるのでは? と言った春輝の言葉が引っかかっていたが打ち消していた。次の朝、完治と美咲は通勤途中で落ち合う。昨晩の事を問い質そうとする完治だが、逆に美咲から栞のことを尋ねられ、答えに窮する。私は春輝と結婚する、結婚と恋愛は別、と言い放つ美咲に完治は二の句が継げなかった。

出社した完治は栞と会い、昨晩の事を詫びる。完治と一緒にいるだけで楽しいと答えた栞は週末に山に連れて行って欲しいと頼む。完治は喜んで約束。だが、家に帰った完治に思わぬ出来事が。美咲が春輝も一緒に家族旅行に行こうと言うのだ。完治は栞に電話して山へ行く約束をキャンセル。明るく答える栞だが、その声に完治は寂しさを感じる。

週末、春輝の運転で温泉旅行に出かける完治たち。何事もなかったかのように春輝と話す美咲に完治は苦虫を噛み潰したかの表情。そして、この旅行は瀧沢家の溝をさらに深めようとしていた…。

黄昏流星群1話感想と2話あらすじ 原作との違いは?より泥沼不倫に

黄昏流星群2話感想・3話あらすじ 秘書(本仮屋ユイカ)は悪女?

黄昏流星群3話感想・4話あらすじ 娘の婚約者とデキちゃうのか…

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

Sponsored Link
 

 - ドラマ , , , , , , , ,