中学聖日記吉田羊のセリフがカッコいい!聖の未来を暗示してる?

      2018/11/07

Pocket

中学聖日記の中で最もぶっ飛んでいて目立っているキャラといったら、

吉田羊さん演じる原口律ではないでしょうか。

帰国子女でバリバリのキャリアウーマンでバイ・セクシャルという嫌でも目立ってしまうキャラ設定です。

実際に内容を見ても、キャラ設定に負けず劣らずの存在感を見せてくれています。

この記事を書いているのが中学聖日記の第3話の放送前ということでまだ全然序盤ですが、

本筋より吉田羊さんの物語の方が楽しみになってきてしまっています。

ただでさえ視聴率も芳しくないですからね。

スポットを吉田羊さんにがんがん当ててしまった方が視聴率が稼げるのではないかと思ってしまいます。

そんな吉田羊さん演じる原口律ですが、

セリフがカッコ良すぎて名言とまで言われています。

ということで、今回は、

中学聖日記の吉田羊さんのカッコいい名言セリフについて書いていきたいと思います。
中学聖日記(1) (フィールコミックス swing) [ かわかみじゅんこ ]

他関連記事についてもご興味のある方はご覧になってみてください。

 

 

それでは少しの間お付き合いいただければと思います。よろしくお願いいたします。

 

Sponsored Link
 

 

中学聖日記 吉田羊の名言セリフその①

吉田羊さんの名言セリフは、第1話で披露されました。

正直なところ、名言セリフよりもいきなり女性バーテンダーとのキスに驚きを隠せなかったですけどね。

バイ・セクシャルという設定は分かってはいたものの、

こんな急な角度で放り込んでくるか!って感じでしたよ。

そのバーで吉田羊(律)が有村架純(聖)に伝えた言葉が名言セリフでしたね。

「ダメ。そんな言い切っちゃ。絶対あり得ない。そう思った相手を好きになったり、世間の常識から外れたり、大多数の人に反対されたり、、、それでも引っ張られる。落ちて行く。。。そういう経験、最高よ。

この会話の前には、

勝太郎との結婚を考えているのか?という問いに、これから考えると答える聖、

遠距離だし近くにいる人を好きになっちゃうのでは?という問いに、それはないですと答える聖、

こんなやりとりがされていましたね。

う~ん。何か意図があってのことなんでしょうか。

あからさまにこの物語の大事なところを言い放った感じ、まさに未来を暗示ているように思えます。

あと、

「恋愛は幸福を○し、幸福は恋愛を○す」※過激な文言のためぼかします

という、なんとも哲学的なコメントもしていますね。

これも名言セリフ入りでもいいのかな。

 

中学聖日記でバイ・セクシャルの律を演じる吉田羊

 

中学聖日記 吉田羊の名言セリフ②

2つめの名言セリフですが、第2話で披露されています。

勝太郎の実家で聖が勝太郎への想いを両親に伝えたシーンがありましたよね。

「私の目標です」ってセリフ。聖のですよ。

これをドアの向こう側でこっそり聞いていた勝太郎はテンション上がっちゃって、

帰り道いきなりキスするシーンがあって、こっちのキスシーンもなんとも衝撃的でした。普通にカッコ良すぎてずるいよ。

この一連に対して吉田羊(律)が放ったセリフ、

「目標なんて、遠い存在だって気づかない?もしかしたら彼女、距離感じてるかもしれないよ?離れて暮らしてると少しずつズレてきて、なかなか本音が言えない。弱気見せられない。そうやって段々、ただの他人になってくる。」

これもまた未来を暗示ているかのようなセリフですよね。

あたかも、聖と勝太郎は別れるということを視聴者に伝えているのか?

1話につき、1名言セリフ状態になっているので今後も多くの名言セリフを残すことになりそうですね。

 

Sponsored Link
 

 

中学聖日記 吉田羊の彼女役は誰?

吉田羊さんとキスシーンを見せた、

バーテンダーをしている彼女役の女性が誰だか気になりますよね。

彼女役を演じるのは、

中山咲月さんという女優さんです。

詳しくは別の記事でも書いていますが、

ジェンダーレスっていう女性なのに男性のファッションをしているモデルとして話題となっています。

こんな感じでかなり本格的なやつです。

 

ということで、今回は、

中学聖日記の吉田羊さんのかっこいいセリフいついて書いてきました。

中学聖日記1話感想&2話あらすじ 有村架純のお相手がカッコいい!

中学聖日記2話感想・3話あらすじ 有村架純の演技があざとい!

中学聖日記3話感想&4話あらすじ 吉田羊の演技力がスゴイ!

中学聖日記4話感想&5話あらすじ 聖と晶がキス?2人の今後は?

中学聖日記5話感想・6話あらすじ 第2部突入!晶18歳で再会か!

 

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

Sponsored Link
 

 - ドラマ , , , , , ,