僕らは奇跡でできている2話感想&3話あらすじ 女子大生がかわいい!

      2018/10/17

Pocket

「僕らは奇跡でできている」第1話を見て、なんともホッコリしたドラマだなと思いましたが、

内容はよく考えられていますよね。

毎回、動物を例えにいろいろ考えさせられることになりそうですね。

第1話では、イソップ物語の「ウサギとカメ」の話

なんでカメはウサギに声をかけなかったのか。カメは前進することだけを考えている。ウサギは眼中にないってこと。

逆にウサギはどうなのか。「あなたはウサギですね」とその質問を育美(榮倉奈々)に投げかける。

答えは、「ウサギはカメを見下している」

育美が彼氏に言われた言葉がここでかかってきていたんですね。しっかり考えられた話でした。

第2話では学校を飛び出し森の中で授業となりますがどんな動物ネタが出てくるのか楽しみです。

ということで、今回は、

「僕らは奇跡でできている」の第2話の感想と第3話のあらすじについて書いていきたいと思います。

他関連記事についてもご興味のある方はご覧になってみてください。

 

 

それでは少しの間お付き合いいただければと思います。よろしくお願いいたします。

 

Sponsored Link
 

 

僕らは奇跡でできている 第2話感想 フィールドワークでの動物ネタは?

まずは、僕らは奇跡でできているの第2話あらすじから、

一輝(高橋一生)は通っている歯科医の器具の音が鳥の鳴き声に似ているということから閃き、

担当の授業でフィールドワークを実施することを思いつく。

もともとやる気のなかった学生達もフィールドワークを面倒に思っていたが、

青山琴音(矢作穂香)は一人はしゃぐ一輝に対して興味を抱くようになる。

一方、彼氏との関係が微妙な育美(榮倉奈々)は仲直りするために手料理を振る舞うが、その際の会話もぎこちなく相変わらず2人の関係は微妙なまま。

ストレス発散のために訪れた焼肉屋で一輝と偶然出会うことになる。

今回の動物ネタは果たしてどのような内容なのだろうか。

 

ということで、僕らは奇跡でできているの第2話の感想に参りたいと思います。

第2話感想

このドラマは好き嫌いがはっきりと別れそうですね。

大きな盛り上がりを期待してはいけません。

発想の柔軟性を鍛えたり、全ての物事に興味を持つことの大切さを感じさせてくれるドラマです。

個人的には嫌いではありません。

第2話を見て疑問に思ったことと言えば、

いつもの4人の学生グループ。

眼鏡の尾崎桜が蒟蒻ゼリーを配っていたけどチャラそうな新庄くんは何故か俺はいらないと断りましたよね。

これはなにかの伏線なのか?何か秘密はあるんでしょうかね。

ドラマ内でも度々披露される名台詞。

今回は最後に高橋一生さんがいいこと言いましたね。

生徒たちも徐々に先生の授業に興味を持ち始めまていますね、

来週は動物園へということですが、

仲良し小学生を一緒に連れて行ってしまい問題を起こしてしまいます。

とても楽しみですね。

 

僕らは奇跡でできているで主演を務める高橋一生

 

僕らは奇跡でできている かわいい女子大生は誰?

一輝の授業を受ける女子大生2人がとてもかわいいですよね。

1人は今どきの女子大生って感じで、もう1人は勉強が趣味ですって感じの地味な子。

今どきの女子は今どきなので勿論かわいいのですが、

地味な方も眼鏡をとったらとてもかわいい予感がします。

今どきの女子大生である琴音を演じるのは矢作穂香さん。

地味な女子大生である桜を演じるのは北香那さんです。

お二人ともとてもかわいいですね。

特に地味な眼鏡っ娘が眼鏡を外したらここまでの美人さんだとは完全に予想しておりませんでした。

お二人とも現在21歳の女優さんでなんとクラシックバレエが特技という共通点があります。

さらに「貴族探偵」に出演していたという共通点までも。
貴族探偵 DVD-BOX [ 相葉雅紀 ]

眼鏡っ娘女子の北香那さんについては別の記事でも書いているのでよろしければそちらもご覧になってみてください。

 

Sponsored Link
 

 

僕らは奇跡でできている 第3話あらすじ 今後の展開は?

徐々に学生達が一輝に興味を抱いていっている。

仲良し小学生は一輝の影響で動物への興味が膨らむ一方だが、お母さんは良く思っていない。

ウサギの話を聞いてから落ち着かない育美、

一輝に影響される人々の今後に注目ですね。

ということで、

僕らは奇跡でできているの第3話のあらすじに参りたいと思います。

 

第3話あらすじ

大学での講義のかたわら、動物園に通っている一輝(高橋一生)はある日、飼育員から、近いうちにサル山のボスが変わりそうだと聞いて胸を躍らせる。5年から10年に一度といわれる貴重な場面を見逃すわけにはいかないと、歯科医の育実(榮倉奈々)の言葉も聞き流し、歯の治療を先送りして、連日動物園に通う一輝、一方、一輝から「近々、ボスが交代する」と聞いた同僚の樫野木(要潤)は、学部長の鮫島(小林薫)のことだと思い込み、一人焦って動き始める。

そんな中、フィールドワーク以来、一輝のことが気になる琴音(矢作穂香)は、ある日、一輝がウキウキと出かける姿を見てデートだと疑い、あとを追う。すると、たどり着いたのは新庄(西畑大吾)がバイトする動物園だった。

一輝が動物園に連れていった相手は、歯科クリニックで出会った少年・虹一(川口和空)だった。サル山を眺める一輝に、「動物たちの謎を見つける!」と虹一は一人園内の探検へ出かける。そのころ、育実の歯科クリニックには、虹一の母・涼子(松本若菜)が血相を変えて飛び込んでくる。虹一の行方が分からなくなり、もしかしたら、以前見かけた一輝といっしょなのではないかと探しに来たのだ。一同が焦りを覚えるなか、ふと、一輝が動物園に通っていることを思い出した育実は、慌ててクリニックを飛び出し……。動物園では、偶然を装い一輝と合流した琴音が、2人きりの時間を楽しんでいた。しばらくして、動物園は閉園の時間に。しかし、虹一が戻ってくる気配はない。駆けつけた育実は、虹一を探そうともせずサルの話を始める一輝に、思わず怒りを爆発させ……。

僕らは奇跡でできている1話感想&2話あらすじ 高橋一生は変でもイケメン!

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

Sponsored Link
 

 - ドラマ , , , , ,