SUITS/スーツ 甲斐の過去は?元上司の秘密とは?犯罪歴が…

      2018/10/22

Pocket

織田裕二さん主演のSUITS/スーツが始まりました。

第1話を見た感じでは、単純に面白そうですよね。

織田裕二さんのスーツ姿と仕事を成功させるためにはどんな手段でも使うちょっと悪い人感、とてもイケメンですよね。

イケメンという表現は適切ではないかもしれませんね。ダンディというか純粋にカッコいいです。

そして、相方役の中島裕翔さん。かわいらいいというか、今後弁護士としてどんな荒波に揉まれていくのか。

その成長していく過程が非常に楽しみです。

そんなSUITS/スーツの第1話で気になったのが、

甲斐(織田裕二)と元上司である柳慎次(國村隼)との過去についてですよね。

何やら秘密を抱えてそうな2人、

甲斐の「過去のことですから」という言葉も非常に気になります。

第2話の予告では、そこら辺には触れていなかったですがどこかで大きな波がやってきそうですよね。

ということで、今回は、

SUITS/スーツの甲斐と元上司との関係や過去、秘密について書いていきたいと思います。

ちょっと原作のネタバレも含みますのでご注意ください。日本版のキャストに置き換えて書きます。

また、他関連記事についてもご興味のある方はご覧になってみてください。

 

 

それでは少しの間お付き合いいただければと思います。よろしくお願いいたします。

 

Sponsored Link
 

 

SUITS/スーツ 甲斐(織田裕二)の過去とは?

まず、現在やり手弁護士としてバリバリの甲斐(織田裕二)の過去について、

原作では、元地方検事補をされていたという設定となっており、

それは周りに公表していない情報となります。


元上司も次長検事ということですので、

ドラマ版でもおそらく、

甲斐の過去として地方検事補であったという流れは踏襲していると思われます。

 

SUITS/スーツで主演を務める織田裕二

 

甲斐の元上司の秘密とは?

甲斐の元上司である柳慎次(國村隼)の秘密とは、

代表のチカ(鈴木保奈美)が「過去の違法行為で探られているから接触してきたら注意すること」

と話していた通りなんですが、

柳は過去の事件で有罪を勝ち取るために証拠隠滅をしていたんですね。

甲斐もはっきりとは分かっていなかったが知らない内に犯罪の片棒を担がせられていたことになります。

甲斐は証言を求められることになり、

今の自分を育ててくれた恩師を裏切ることは出来ず悩む甲斐。

原作では、珍しくどうすればいいか悩み落ち込む甲斐が描かれる展開となっています。

この流れを踏襲するのであれば、

間違いなく、日本版ドラマの目玉となる展開となりそうです。

 

 

元上司の証拠隠滅 原作の結末は?

原作の結末としては、

元上司は全てを甲斐のせいにしようとします。

元上司に裏切られるってことですね。

しかし、ここでもいい働きをするのがやり手秘書の玉井(中村アン)、

実は、地方検事補をやっている頃からの付き合いだったので証拠隠滅についても資料を事前にまとめているという気の利きよう。

代表のチカの協力も得て、元上司の裏切りから甲斐を救う展開となります。

周りのメンバーの懸命な助けと協力もあり甲斐はこの危機を脱します。

この後のクライマックスが、

この事件で無実の罪をきせられてしまった男の冤罪を晴らすというところ。

素直に考えたら、ドラマ終盤でこのネタを持ってくるのではないかと考えます。
SUITS/スーツ シーズン1 バリューパック [ ガブリエル・マクト ]
ということで、今回は、

SUITS/スーツの甲斐と元上司との関係や過去、秘密について書いてきました。

スーツ1話感想と2話あらすじ 原作海外版との違いは?

スーツ2話感想・3話あらすじ 小手伸也(蟹江)がナイス脇役!

スーツ3話感想・4話あらすじ 大貴(中島裕翔)の正体がバレる?

 

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

Sponsored Link
 

 - ドラマ , , , , , ,