黄昏流星群 娘・美咲も不倫?相手は誰?原作の泥沼展開との違いは…

      2018/10/13

Pocket

個人的に2018年の10月ドラマの中で絶対見ようと心に決めているのが、

有村架純さんの「中学聖日記」と佐々木蔵之介さんの「黄昏流星群」です。

理由は簡単、「あってはならない禁断の恋」ですよね。

ごくふつ~に生活しているたら起こることがない、

恋してはいけない相手との恋やそれも含めた不倫、

非日常的な出来事こそ興味が湧いてきてしまうというのが人間というもの。

「禁断の恋」と「不倫」をテーマとして描かれるこの2作品に注目をしています。

今回は、「不倫」の方である「黄昏流星群」についてちょいと書いていきたいと思います。

原作でも十分にドロドロなんですが、どうやらドラマ版の方がさらにドロドロしそうな予感がしております。

他関連記事についてもご興味のある方はご覧になってみてください。

 

 

ということで、今回は、黄昏流星群の不倫模様について書いていくんですが、

原作の内容を書いていくので原作のネタバレを知りたくない方はご注意ください。
黄昏流星群 1 不惑の星 (ビッグ コミックス) [ 弘兼 憲史 ]
それでは少しの間お付き合いいただければと思います。よろしくお願いいたします。

 

Sponsored Link
 

 

黄昏流星群 ドラマ版の不倫模様は?

まずは、黄昏流星群のドラマ版の不倫模様について、

相関図はこちら、

引用元:https://www.fujitv.co.jp/tasogare/chart/index.html

ご覧の通り、主人公の瀧沢完治(佐々木蔵之介)が旅行先で偶然出会った目黒栞(黒木瞳)が不倫関係になってしまいます。

そして、完治の妻の真璃子(中山美穂)が娘の美咲(石川恋)の婚約者の日野春輝(藤井流星)と不倫関係になってしまいます。

これだけでも十分のドロドロの展開なんですけどね(笑)

しかし、この不倫関係は原作とはちょいと異なる関係図となっているんですね。

番組からも、原作にないオリジナルストーリーもあるとのことです。

そこには、娘である美咲が大きく関わっていそうです。

 

黄昏流星群で娘役の美咲を演じる石川恋

 

黄昏流星群 原作の不倫模様は?娘も不倫!

原作ではどんな不倫模様となっているかというと、

※原作では登場人物の名前も異なるんですが、分かりにくくなってしまうのでドラマ版の名前で書きます。

完治(佐々木蔵之介)と栞(黒木瞳)の不倫関係は原作でもそのまま。

しかし、ここの関係がメインに描かれていることもあり、

完治の妻である真璃子(中山美穂)の不倫関係は描かれていません。

勿論、娘の美咲と婚約者の春輝(藤井流星)も登場はします。

真璃子は夫の不倫をずっと疑い、最終的には不倫の事実を知り離婚を突きつけてしまうという展開です。

妻の不倫関係を描かない代わりに、

実は、娘の美咲が不倫をしているんですね。

原作では、そのお相手は大学のゼミの教授なんです。

婚約者の春輝にはずっとバレないまま結婚式を迎えその教授は式に参列もします。

父の完治と娘の美咲はお互いの不倫関係を知ってしまい、完治も人のことが言えず・・・

ドラマ版でもし、娘の美咲の不倫が追加されることになるのであれば、

まさかまさかの家族全員が不倫をしているという前代未聞のカオス状態に。

原作以上のドロドロ関係となりそうですね。

 

Sponsored Link
 

 

黄昏流星群 娘の美咲が不倫をしているなら相手は誰?

完全な予想となってしまいますが、

もし、娘の美咲が不倫をしているということになるなら相手は一体誰なんでしょうかね。

娘の不倫はない可能性もありますが、(むしろさすがにそこまでぐちゃぐちゃにしないという線が濃いかな)

新キャラで大学教授が登場するのか。

相関図から怪しそうな人を予想してみると、

完治の同級生のパティシエの須藤という男、

完治の部下の銀行マンの上田という男、

現段階のキャストからはそんなところでしょうかね。

ドラマの進行により情報を追記していきます。

ということで、今回は、

黄昏流星群の娘の不倫の可能性について書いてきました。

 

 

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

Sponsored Link
 

 - ドラマ , , , , , , ,