栄養ドリンク ニーズにあわせた選び方

      2017/11/15

Pocket

今回は栄養ドリンクについてお話します。

私が個人的に接客の際にお客様に分かりやすくお伝えしている内容になります。

 

みなさんはどんな時に栄養ドリンクを飲みますか?

数多くの栄養ドリンクの接客をしてきて、

栄養ドリンクを飲む理由は大きく分けて2つかなと思っています。

 

まず1つ目は、

「風邪などで体調を崩していて体力を戻したい」

風邪を早く治したいも同じです。

みなさんもこのような経験はしたことがあるのではないでしょうか?

仕事も休めないので栄養ドリンクでなんとか乗り切りたい。とかね。

こんな時はどんな栄養ドリンクがいいのか?

 

生薬系の栄養ドリンクがおすすめです。

有名なブランドでいうと、ユンケルとかゼナなどがありますね。

私の中では生薬系は体力がマイナスになっているのを元の状態に戻すのとても向いている栄養ドリンクと捉えています。

体調が悪くて栄養ドリンク飲んでゆっくり休みたいという方もいるでしょう。

そんな方は、カフェインが入っていない栄養ドリンクがおすすめです。

カフェインって眠気防止の成分で有名ですよね。

効き目に関しては、単純に価格で見てもらえれば大丈夫かと。

高ければ高いほど、生薬の種類が多かったり、高価な生薬が配合されていたりします。

生薬系はちょっと味が独特なので、苦手な方もいるかもしれませんが、

体調が悪い時はこの後紹介するタウリン系より生薬系の方が向いていると思います。

 

 

よくある理由の2つ目は、

「仕事で疲れるのが目に見えているから体力をつけておきたい」

先ほどの生薬がマイナスな体力を元に戻すであったのに対して、こちらは、

通常状態の体力をプラスの方に持っていきたい。という理由です。

そんな場合は、タウリン系がいいと思います。

こちらも有名なブランドして、リポビタンD、チオビタ、エスカップなどが挙げられます。

それぞれの違いとして見ていただきたいのは、

タウリンの量ですね。少ないものでは1000㎎、多いものでは3000㎎のものがあります。

勿論多い方がいいです。

他に、ビタミンやアミノ酸、ローヤルゼリーなど補助的な成分も配合されているものもありますが、まずはタウリンの量で効き目を判断してもらえればいいと思います。

味に関しては、生薬系のものに比べたらだいぶ飲みやすいです。

これから体力つけて一仕事するか!なんて時はタウリン系をおすすめします。

 

私は生薬系の味がとても苦手なので飲むとしたらどんな時でもタウリン系を飲みます。

それなりにちゃんと効いてくれます。

あくまでもこっちの方が向いているという使い分けになるので、

間違って逆に飲んでしまったからといって効果が全くないということはないので安心してください。

あと、1日1本というのもきちんと守ってくださいね。

Sponsored Link
 

 - 未分類