高嶺の花最終回感想とネタバレ ももとぷーさんの格差恋愛の結末は?

   

Pocket

いよいよ高嶺の花も最終回を迎えますね。

次期家元争いでなな(芳根京子)に負けて、

実は月島家市松の血を引く本当の娘ではなかったという衝撃の過去も知ってしまい、

親友である千秋(香里奈)がまさかのぷーさん(峯田和伸)を誘惑したり、

そんでもって、妹のななは龍一(千葉雄大)となんだかんだいい感じに収まってしまうしと、

結果的には1人孤独になってしまっているもも(石原さとみ)。

最終的にももに待つ受けている結末がとても気になりますね。

幸せになることができるのか。それとも孤独なままなのか。

最終回では、ななが破門になりももが次期家元となり、ぷーさんに別れを告げるということですが、高嶺の花との恋の行く末をしかと見届けましょう。

ということで、今回は、

高嶺の花の最終回の感想とネタバレについて書いていきたいと思います。

他関連記事についてもご興味のある方はご覧になってみてください。

 

 

それでは少しの間お付き合いいただければと思います。よろしくお願いいたします。

 

Sponsored Link
 

 

高嶺の花 最終回あらすじ

まずは、高嶺の花の最終回のあらすじから、

ぷーさんの身辺を探る目的で接近していた千秋であったが、

ぷーさんに心惹かれ始めてしまいぷーさん家で誘惑する。

この大胆な行動にぷーさんはどうするのか。

ななは龍一とこれから生きていくことを決めて、

駆け落ち同然、月島家を破門となってしまう。

そんなこんなで月島家の次期家元はももとなり、

ぷーさんとの関係に決着をつけるために別れを告げるもも。

 

高嶺の花 感想 あらすじ

 

高嶺の花 最終回ネタバレ ももとぷーさんの格差恋愛の結末は?

高嶺の花の結末としてどうしても気になるのが、

ももとぷーさんの格差恋愛の行く末ですよね。

本当に2人は離れ離れになってしまうのか。

千秋とくっつくことは当然ですがあり得ないですよね。

ということで、高嶺の花の最終回のネタバレに参りたいと思います。

 

最終回ネタバレ

千秋の誘惑をこれまでに聞いたことのないクサイセリフで丁重にお断りしたぷーさん。

浮気する時は、彼女や奥さんの顔を忘れてしまっているから。

でも、俺は頭の中に常にももがいる。だからごめんなさい。

分厚い湯飲み茶碗と高級なティーカップ、どちらが割れにくいか?

当然、分厚い湯飲み茶碗かと思いきや、自分が支えるから高嶺の花のティーカップが割れにくい。

私には口が裂けてもこんな言葉言えないですね。

そんな一連が終わった後に千秋の正体をネタバレ。

あのクサイセリフを電話越しにももが聞いていたこともネタバレ。

龍一と生きていくことを決めたななに即破門を伝える。

市松は龍一にももとの結婚を勧める。

天賦の才能を持つと言われるももと結婚をすることで、

憎き兵馬がひれ伏す姿が見れるということで悩む龍一。

龍一の下を訪れるななであったが、その家には既にだれもいない。

もしかして、ももの下に?

正式に月島家の家元となるももとぷーさんが再会する。

別れを告げられるぷーさんは、これが本当に最後になってしまうことを直感したのか、

珍しくちょっと女々しいくらいにもものことを引き留めます。

ぷーさんじゃなくて、風間さんって名字で読んでしまってしましたからね。

フラれた男が中々食い下がらないって感じでしたね。

しかし、押し切られてももはその場を立ち去ります。

その後、何故かぷーさん一行は山に行って花を取りに行くことに。

この流れはちょっと謎展開でしたがね。

ぷーさんが採ったであろう黄色の一輪の花がももの自宅にそっと置かれている。

この一輪の花がもものモヤモヤした気持ちを全てクリアにしてくれたようです。

市松や兵馬の前で花を生けるもも、

ぷーさんのことを想いながら生けた花。

その出来上がりは・・・

華道家に皆さんは言葉も出ない程の出来であったようですが。

素人の私には、全然理解できぬ・・・

華道家としての自分がはっきり見えたももは、次期家元を継ぐのではなく新流派を立ち上げることを伝える

何処かわからないですが、草原的なことろで地味な服装で馬の世話をする龍一とななが再会する。

これからずっと一緒にいることを誓い合った龍一となな

この2人はハッピーエンドってことですね。

千秋に送られて自宅に帰ってくるぷーさんを待っていたのは、

部屋で「お帰りなさい」と頭を下げているももであった。

ももは、ぷーさんの下に帰ってきました

イチャイチャし過ぎだよ。

ぷーさんともも、このカップルも無事結ばれました。

そして、自転車で旅を続ける宗太もみんなの下に帰ってきました。

といったなんとも幸せなラストでした。

 

Sponsored Link
 

 

高嶺の花 最終回感想

とりあえず、ハッピーエンドで終わってよかったです。

ぷーさんともも、龍一となな、

この2組のカップルが両方共ハッピーエンドになる結末はさすがに想像していませんでしたが、

これはこれでいい終わり方ですね。

そしてこのドラマの最後を締めくくったのが、

家出少年の宗太の帰還でした(笑)

学校の友達も迎え、イルカさんもお出迎え、そしてお母さんもお出迎え。

すっかり引きこもりが抜け出すことができました。

本当に全てがハッピーエンド

ぷーさんの下に帰ってきたももを演じる石原さとみさんがまじで可愛かった。

芸術的な感性は最後まで分からなかったですが、

石原さとみさんが生花を教えてくれるならぜひ私も嗜んでみたいと思いました。

個人的にはすっきりしたラストで大満足でした。

 

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

Sponsored Link
 

 - ドラマ , , , , , , ,