ハゲタカ最終回感想とネタバレ 帝都重工にもたらす革命とは?

      2018/09/07

Pocket

第3部の最終章に突入した「ハゲタカ」、

どんな展開になるのかウキウキワクワクしていましたが、

最終章なのに2話分で終わりなんかーい!早すぎ!っていうのが率直な感想です(笑)

始まるのが他より遅かったですからね。

足並みを揃えるのには仕方ないのかもしれませんが、

ちょっと急ぎすぎな最終章なのではないでしょうか。

一応、最終回拡大SPということですが、

15分くらいなのかな。延長されるのは。

綾野剛さんが何回吠えるのかでも数えながら最終回を見たいと思います。

満足できるラストになるのかがちょっと不安ですが、

今回は、最終回を迎えるハゲタカの感想とネタバレについて書いていきたいと思います。

過去記事についてもご興味のある方はご覧になってみてください。

 

 

それでは少しの間お付き合いいただければと思います。よろしくお願いいたします。

 

Sponsored Link
 

 

ハゲタカ 最終回あらすじ

まずは、ハゲタカの最終回のあらすじから、

帝都重工を渡すわけにはいかず、鷲津がとった行動は、

帝都重工の社長に就任するという驚きの行動だった。

鷲津の好きにはさせないと裏から手を回す飯島を気にせず、

「30日以内に帝都重工に革命をもたらす」と宣言する鷲津。

スペースフロンティアジャパンの社長である天宮は、親会社から見捨てられたと匙を投げているが、

鷲津が社長になったことで会社に転機が訪れそう。

鷲津も子会社の視察を行うなど意味深な行動を始める。

最終的には、鷲津vs飯島という構想になりそうだが、

どのような結末が待ち構えているのでしょうか。

 

ハゲタカ 感想 あらすじ

 

ハゲタカ 最終回ネタバレ 帝都重工に起こす革命とは?

帝都重工の復興のために社長になった鷲津。

再生担当執刀役員の芝野と記者会見で「30日以内に帝都重工に革命を起こす」と高らかに宣言します。

帝都重工を守るためには鷲津と対立することも辞さないと思う芝野は困惑する。

鷲津が逃げたり変なことをしないように飯島の差金により仕向けられた日光みやびホテルの社長である貴子は飯島の思惑としりながら、再び鷲津と一緒に仕事ができることを楽しみに思う。

帝都重工では、再生のための経営会議が行われるが現役員は採算の取れない子会社を切るように話しを進めるが、

芝野はトカゲの尻尾切りのようなことは意味がないと主張する。

芝野は役員との面談を進めるが、鷲津はいまだ沈黙を続けている

スペースフロンティアジャパンの加奈から契約解除撤回の直談判を受ける鷲津は、

「契約撤廃の約束はできないが、近いうちに会うことになる」と意味深な発言をする。

連日子会社を訪問を続ける鷲津がスペースフロンティアジャパンを訪れ、

再び天宮社長と対面する。

日光みやびホテルの独立のための支援を申し出ているルネサンス機構に裏の目的があると睨む貴子。

鷲津を牽制するためだけにこんなことを言っているはずはない。

美味しい話には必ず裏があると。

ついに鷲津と飯島が対面する。

そこで語られた飯島の本当の目的とは、

鷲津を後見人とすることだった。鷲津という男を手に入れたいということだった。

そして迎えたアジア重工業連合会、

出席しなはずの鷲津が出席者の前で会社ぐるみでやっていた不正を暴露しました。

帝都重工を守ろうとしていたものを一気にどん底に落とす一撃でしたね。

これが、鷲津が起こした革命ということでした。

大企業の腐敗した体制を駆逐するため、

一時的に日本の経済に影響を与えることになっても、

次世代に向けて、悪を成敗しないといけないという鷲津と芝野の判断でしたね。

久しぶりに登場したアランから叩きつけられたTOB、アランはやっぱり鷲津の相棒なんですね。

暴落させてからのTOBで買収する。

鷲津は全てこうなることを分かった上で事を進めていたんですね。

帝都重工が海外からの多額な損害賠償をきっかけに私的な資金流用をしていた飯島も鷲津の策にはまり、

ルネッサンス機構を解任させられることになりました。

経営権を握ったサムライファンドは新社長に芝野を指名する。

新社長となった芝野と鷲津とアラン、

瓦礫となった帝都重工の未来を握る、そのために出資を告げた会社がスペースフロンティアジャパンでした。

日光みやびホテルの独立資金もサムライファンド、

お礼を言いたいと会う約束をする貴子と鷲津であったが、

会うことなく海外に旅立つ鷲津でした。

 

 

Sponsored Link
 

 

ハゲタカ 最終回感想

個人的な総評では、

やはり、半沢直樹や下町ロケットを上回ることはできなかったかな~。

以前にも記事で書きましたが、

ちょっと専門用語が多くて起こった出来事についてけないことが多かったです。

鷲津の冷徹そうで実はしっかりと人を見る目があること、

人望がかなりあるという人物にはかなりの憧れがあります。

最後くらい、貴子にあってあげればいいのに。

と思いましたが、まあ鷲津っぽいってことですかね。

次クールは、

「リーガル・ハイ」ではなく、「リーガル・V」(笑)

キャストが豪華なので楽しみです。

 

Sponsored Link
 

 - ドラマ , , , , ,