サバイバルウェディング8話感想&9話あらすじ 結婚相手は祐一で確定?

      2018/09/24

Pocket

さやか(波瑠)の結婚相手が誰なのか気になる中、

第7話にて、和也(風間俊介)の脱落が確定でいいのかな。
SURVIVAL WEDDING [ 大橋弘祐 ]
これで残す結婚相手候補は、

祐一(吉沢亮)と宇佐美編集長(伊勢谷友介)の2人に絞られましたね。

祐一とはいつの間にか、お互いを名前で呼びあうようになっていて、

完全にカップルになっているみたいですが、

これは祐一がさやかの結婚相手になるで確定なのかな。

個人的には、宇佐美編集長とくっついてほしいというか、その方がドラマとして盛り上がるんじゃないのかな~なんて素人ながら思ってしまいます。

第8話では、

祐一から「一緒にインドにきてほしい」とプロポーズのような言葉をかけられていますね。

「インドに行く」を持ってきたか~って感じですね。

結婚はしたいけど、仕事にもやりがいを感じているから海外に行くのはちょっと・・・

って葛藤を新しいスパイスとして入れてきたといったところでしょうかね。

ということで、今回は、

サバイバルウェディングの第8話の感想と第9話のあらすじについて書いていきたいと思います。

サバイバルウェディング7話感想・8話あらすじ 和也に何が起きた?

それでは少しの間お付き合いいただければと思います。よろしくお願いいたします。

 

Sponsored Link
 

 

サバイバルウェディング 第8話感想 祐一からの思わぬ言葉!

まずは、サバイバルウェディングの第8話の予告から、

さやかの母である美恵子の突然の登場、

婚活コラムを書いていることがバレて現状がバレてしまうことに。

宇佐美編集長から焚き付けられ喜ぶ美恵子であったが、

祐一との微妙な関係に不安になるさやか。

宇佐美編集長の言葉により祐一の本当の気持ちを確かめようと決意するさやかであった。

一方の祐一は、ある決意を父親に話す。

インドで仕事をしたいという気持ちがあったのだ。

そんな祐一からさやかに告げられた言葉とは・・・

ということで、サバイバルウェディングの第8話の感想に参りたいと思います。

 

第8話感想

さやかのお母さん登場の件は正直必要ですかね。

娘とお母さんの話自体はとてもいい話だったのでいいんですが、

今はお母さんとか出てきてる場合ではないのでは?

というのが率直な感想でした。

祐一とどうなるんだ?宇佐美編集長との可能性は残されているのか?

ここが何よりも気になります。

結局のところ、

祐一がさやかにプロポーズしてキスしてって流れなので、

お相手は祐一で確定となりましたね。

これで最終回であったらかなりがっかりなところでしたが、

まだまだ終わらなそうです。

インドに永住というのが結婚の条件となってきています。

素直に結婚をとるのかどうか。

そして結婚を悩ませる材料としてお母さんの存在を絡ませてきていますね。

そのためのお母さん登場だったのか。

最終回まであと2話かな。

次週も楽しみですね。

 

サバイバルウェディング 感想 あらすじ

 

サバイバルウェディング 結婚相手は祐一で確定?

第8話の予告でかなりネタバレしているような気もするのですが、

祐一はさやかの手を握り、

「一緒にインドに来てもらえないか?」と告白しますね。

これはプロポーズってことでいいのでしょうか?

ただ、まだ最終回までには少しあります。

ここで、即効YESは展開的にないのかな。

現在のrizでの仕事にやりがいも感じていることですし、

インドへは一緒に行かず、

仕事に打ち込みながら宇佐美編集長との仲を深めていくって大逆転の展開もあったりして?

祐一が大本命ということには変わりはないですが、

最後の最後まで結末が分かりませんね。

 

Sponsored Link
 

 

サバイバルウェディング 第9話あらすじ 今後の展開は?

さやかは祐一と一緒にインドへ行くことにするのか。

行かずにお互い別々の道を進むことになるのか。

さやかの結婚の結末はどうなるんでしょうかね。

ということで、サバイバルウェディングの第9話のあらすじに参りたいと思います。

クビがかかった婚活連載の終了目前に、祐一(吉沢亮)から指輪を渡され「一緒にインドに行ってほしい」と告白されたさやか(波瑠)。念願のプロポーズに舞い上がるさやかだったが、よくよく話を聞いてみるとそれは一時的な転勤ではなく、会社を辞めてインドで起業したいという驚きの内容だった。数年経てば日本に戻ってこられると思っていたさやかは、祐一が自分を「どこでも生きていけるタフな女性」だと誤解していることと、永住する覚悟でインドに渡るという祐一の固い決意を聞いて心が揺れ始める。「riz」の海外展開も決まって上機嫌の宇佐美(伊勢谷友介)は、さやかの結婚話を聞いてご満悦。編集部の面々も盛り上がるが、さやかはインド行きの不安以外にも“何か”が引っかかって結婚に素直に向かえずにいた。息子の退社・起業・結婚すべてに猛反対の祐一の父・惣一(生瀬勝久)から「仕事に未練がないのか」と指摘され、さらに母・美恵子(財前直見)からも婚活コラムが面白かったと言われて、さやかは改めて自分が仕事を楽しんでいたことに気付く。そんな中、週刊誌時代の上司・原田(矢柴俊博)が婚活コラムの書籍化をさやかに提案してくる。そして原田から宇佐美の思いがけない“本音”を聞いたさやかこのまま結婚してしまっていいのか。悩むさやかに、和也(風間俊介)から美恵子が怪我をしたと連絡が入った。祐一のプロポーズを受けたら、母を一人にしてしまう。編集者として、娘として、そして女性としての幸せとは一体!? さやかに“選択”の時が近づいていた!!

 

 

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

Sponsored Link
 

 - ドラマ , , , , , , ,