トローチはどれも同じ?中身を比べてみた

      2017/11/15

Pocket

今回はトローチについてお話をします。

トローチとは何か?

簡単に言ってしまえば子供が大好きなラムネみたいなものです。

どんな時に使うかというと、

風邪の時、又は風邪の予防として舐めることがほとんどではないでしょうか。

 

いろんなメーカーからいろんな種類が出ているけど違いはあるのでしょうか?

 

それぞれが大きく異なるということはありませんが、

大きく分けて2つの種類に分けることができます。

 

抗炎症成分を含んでいるのか含んでいないのか

です。

抗炎症成分とは、読んで字の如く炎症を鎮めるってことですから、

痛みを抑えるってことですね。

 

直接痛みを抑える力があるのかないのかってことです。

 

具体的に抗炎症成分ってどんなものかというと、

 

・アズレン

・グリチルリチン

・カンゾウ

これらが抗炎症成分に該当します。

 

これらが含まれているか含まれていないかで判断してもらえれば大丈夫です。

価格的には、抗炎症成分が含まれているものの方が若干高くなっています。

 

風邪を引かないように予防的使いたい場合は抗炎症成分が含まれていないもので十分です。

 

既にのどが痛くなっていたり、いがらっぽいなど違和感を感じている場合は抗炎症成分が含まれているものを使っていただくのがおすすめです。

 

味についても商品による工夫されているものも多くあります。

抹茶味であったりマンゴーのようにフルーツ味のものもあったりします。

そういった特別な工夫がされていないものでも漢方薬みたいに苦いとか独特な薬の味がするということもありませんので、

どのトローチを選んでいただいても味で困るということはないのでご安心ください。

 

のどが痛い時にのど飴を舐める方をとても多く見かけます。

のど飴でダメということは一切ありません。

いろんな種類ののど飴も出ていて、味も美味しいと言えるものもあります。

売場でどれにしようか悩むのも楽しくなりますしね。

だけども、のど飴には抗炎症成分が含まれていません。

のどが痛くて早くそれを治したいと思っているのであれば、

のど飴ではなく、抗炎症成分が含まれたトローチを舐めることをおすすめします。

 

私も冬の時期はのど飴ではなくアズレンが含まれたトローチをカバンの中に常備しております。

効果もしっかりしてますよ。

痛みがスッと治まってきますから、

まだトローチ未体験の方はぜひ一度お試しになってみてください。

 

しっかりとした風邪予防を意識されるのであれば、

うがい薬との併用もおすすめです。

 

菌やウイルスは目には見えないですからね。

予防対策はしっかりやるにこしたことはありません。

しっかり準備してこの冬を乗り切りましょう。

Sponsored Link
 

 - 未分類