deleディーリー5話感想・6話あらすじ 橋本愛がストーカー?

      2018/09/17

Pocket

deleディーリーの第5話はゲストがとても豪華でしたね。

依頼人の婚約者として出演されたのが橋本愛さんでした。

そして、圭司(山田孝之)の元カノ約で登場したのが柴咲コウさんでした。

橋本愛さんは第5話のみの登場ということになりそうですが、

柴咲コウさんは最後に意味深な言葉も残されているのでもしかしたらこれからも出演される可能性もある?

柴咲コウさんと橋本愛さん同時に出演とはなんとも豪華なキャスティングでしたね。

物語は、事故に遭い意識が戻らない依頼人の元に訪れた祐太郎(菅田将暉)が婚約者である百合子(橋本愛)と出会います。依頼人の同級生と偽るが百合子にバレて、データの削除を止めるよう攻め込まれます。このデータの内容がとても気になるところでしたが、第5話の驚きポイントはデータの中身ではなく別のところにありましたね。

ということで、今回は、deleディーリーの第5話の感想と第6話のあらすじについて書いていきたいと思います。

他関連記事もご興味のある方はぜひご覧になってください。

 

 

それでは少しの間お付き合いいただければと思います。よろしくお願いいたします。

 

Sponsored Link
 

 

deleディーリー 第5話感想 柴咲コウの意味深な言葉とは?

まずは、deleディーリーの第5話のあらすじから、

圭司は余所行きのビシッと決めた服装で年に1度会い続けている元恋人の明奈(柴咲コウ)とカフェで会っていた。

ラストに「私も依頼人になるかもね」という言葉を残して去っていきましたが、

何かの伏線なの?

祐太郎は婚約者の百合子に付き合いあちらこちらをふらふらするが、

依頼人の親友と話をしたことで百合子の驚きの正体が判明する。

そして、ラストには衝撃の結末が…

ということで、deleディーリーの第5話の感想に参りたいと思います。

 

第5話感想

途中までは、

橋本愛さんと菅田将暉さんがなんかいい感じで、

祐太郎が百合子のことを好きになっちゃうのかな~なんて思っていましたが、

祐太郎も依頼人の同級生と偽っていましたが、

百合子も正体を偽っており、なんと婚約者ではなかったんですね。

依頼人が事故に遭ってから婚約者と偽り依頼人と一緒にいたわけです。

ラストはかなり驚きました。

意識を戻した依頼人に駆け寄る、百合子と親友の宮田。

依頼人が手を握ったのは、なんと親友の宮田、そして泣き崩れる宮田と呆然とする百合子。

これはつまり依頼人が隠していたのは、

同性愛だったということですよね。

このラストには驚いたな~。

ますますこのドラマに惹き込まれました。

 

dele ディーリー 感想 あらすじ

 

deleディーリー 橋本愛はストーカーだった?

今回の橋本愛さんの役柄ですが、

事故で意識不明の依頼人の婚約者と偽って家族にも接近してずっと一緒にいたわけですが、

冷静に考えて、

これはストーカー(笑)

百合子(橋本愛)の気持ちを知る依頼人は同性愛だったという本当のことを百合子に伝えられずにいてその情報をデータに残しており、自分がいなくなった時には百合子に本当ことを知られないためにデータの削除を依頼していたというわけですね。

もしかしたら百合子のことも嫌いというわけではなかったのかもしれません。

最終的には全てを百合子は知ってしまったわけですが、

このシリアスな展開でラストに同性愛オチをもってくるとはかなり驚かされましたね。

 

Sponsored Link
 

 

deleディーリー 第6話あらすじ 今後の展開は?

祐太郎の過去が少し明らかになりましたね。

妹さんがいて今はもういないことが分かりました。

圭司にも何か過去がありそうですが、

2人にさらにスポットがあたってくるのかもしれませんね。

ということで、deleディーリーの第6話のあらすじに参りたいと思います。

長野の別荘地で、雪に覆われ眠るように倒れる家出少女・石森純子(山田愛奈)が見つかった。しかし、純子の両親・石森俊一(横田栄司)と石森美穂(霧島れいか)の気持ちは収まらない。愛娘の原因を知りたいと切望する石森夫妻は、弁護士・坂上舞(麻生久美子)のもとへ。フリープログラマー・坂上圭司(山田孝之)とその相棒・真柴祐太郎(菅田将暉)に引き合わされた夫妻は、純子が日記をつけていたパソコンのパスワード解除を依頼する。

実は、俊一には原因に心当たりがあった。純子が家出する前の行動から、通学していた中学校でいじめに遭っていた可能性が高いというのだ。さしあたり、純子のスマホから消去されていたデータを復元した圭司は、同級生たちとの仲睦まじい写真や動画を発見。そこに写っていた小川優菜(中田青渚)らと接触した祐太郎は、“思わず言葉を失う動画”を新たに入手してしまう…。

やがて苦労の末、圭司は純子のパソコンへ入り込むことに成功。ところが…データが何も残っていないという、まさかの状況に直面する! データを消したのは、身辺を綺麗に整理しようと思ったからなのか…。それとも、見られるとヤバいものが入っていたからなのか…。この謎多き現実が、圭司に火をつける。「根こそぎさらってやるよ。全部復元して、謎を解いてやる」――取り憑かれたように純子のパソコンと格闘する圭司。そんな彼の前に“果てしなく深い闇”が立ちはだかる!

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

Sponsored Link
 

 - ドラマ , , , , , , ,