グッドドクター7話感想・8話あらすじ 視聴率が好調な理由は?

      2019/01/29

Pocket

自閉症でサヴァン症候群という難しい役柄を演じる山崎賢人さんの演技に引き込まれます
ね。第6話でクズな親父さんが登場し自分が生きていることに対してとてもネガティブな
感情に襲われるあのシーンはとても印象的でした。

物語は終盤に差し掛かっていきますが、
そろそろ板尾創路さんの悪役っぷりが全面に出てくるのかな。

司賀先生が末期のがんのようですし、病院の経営もピンチな状況に?

前から思っていましたが、理事長役の中村ゆりさんってむちゃくちゃ美人ですよね。
高山先生役の藤木直人さんと並ぶとまさに美男美女。
中村ゆりさん、バラエティ番組にもあまり出ていないようですし、
ここへきてかなり気になる存在となってきています。

グッドドクターの視聴率も常に2桁を維持しております。

ということで、今回は、
グッドドクターの第7話の感想と第8話のあらすじについて書いていきたいと思います。
DVD/グッド・ドクター コンパクトDVD-BOX (本編ディスク10枚+特典ディスク1枚) (期間限定スペシャルプライス版)/海外TVドラマ/PCBG-61663

視聴率が好調な理由を私なりに考えてみました。

関連記事もご興味があればご覧になってください。

 

それでは、少しの間お付き合いいただければと思います。よろしくお願いいたします。

 

Sponsored Link
 

グッドドクター 第7話感想 小児外科が廃止に?

まずは、グッドドクターの第7話の予告から、

医者としての道を一歩ずつ歩きだしている湊(山崎賢人)
そのずば抜けた能力に周りの同期からは妬まれているようだ。

1人湊に敵対心むき出しのイケメンがいますよね。
夏美先生が慰めてはいるようだが、このイケメンが何かしでかすのかな。

今回の患者は、
卵巣摘出手術を受けたことを付き合っている彼に伝えられていない倉田菜々子(福田麻由
子)という女性、そんな中彼からプロポーズを受ける。

意を決して結婚することを決意するが…
理事長の美智(中村ゆり)は小児外科廃止に向けて経営の舵を切ろうとしている中、
司賀先生の診断書を目にする。

ということで、グッドドクターの第7話の感想に参りたいと思います。

 

第7話感想

理事長である美智は病院の経営のことを考えて小児科の未来に関して、

廃止の方向に進めると高山先生に伝えました。

当然ながら高山先生は小児科の医師達にそのことを伝えられずにいます。

今回の患者である菜々子は卵巣摘出手術を受けているが、

原因不明の頭痛に悩まされています。

湊はその原因を言い当て、予想通り卵巣に腫瘍があったことが分かります。

手術をしてみないと悪性か良性か分からないという。

悪性であれば勿論、卵巣は全摘出しないといけないという。

手術当日、腫瘍の結果は悪性で卵巣は全摘出をすることに。

術後目覚めた菜々子はショックを受けるが、

ちょっと距離を置いていた彼氏がやってきて、

全て受け入れた上で結婚してほしいとプロポーズをしました。

このシーンは泣けましたね。

コード・ブルー映画版の真剣佑のシーンと重なりましたが、

こういった愛の形はすばらしいですね。

彼を動かしたのは湊で医者でも治せないものもあると聞き、

彼の職場に会いにいき、

治せるのは彼氏だけだから助けてほしいとお願いをしていたんですね。

今回は子供ではなく結婚を控えた女性ってことだったので、

個人的には感動度は少し下がりましたが、

嫁は号泣でした。同じ女性としてとても感情移入してしまうようです。

来週は小児がんがテーマなのでヤバそうです。

 

グッドドクター 感想 あらすじ

 

 

グッドドクター 視聴率が好調な理由は?

第5話では最高となる12.2%を記録しております。

視聴率が好調な理由として個人的に思ったのが、
グッドドクターの前の時間に放送されている綾野剛さん主演の「ハゲタカ」
企業買収をテーマにした話なんですが、

これが、結構難しい…

出てくる用語とか専門的で付いていくのにやっとという感じ。

スカッとして面白いんですけどね。

「ハゲタカ」とは対照的に、「グッドドクター」は分かりやすい!
次回予告を見ればどんな結末になるのかもなんとなく予想しやすいですし、
キャラクターの立ち位置もはっきりしています。

コウノドリのように子供を扱う医療ドラマなので、
泣かしにかかっているので、ある意味卑怯っちゃ卑怯ですね(笑)いい意味で。
何も難しいことは考えずに見れて感動できるってのが視聴率好調な理由なのかな。

 

Sponsored Link
 

グッドドクター 第8話あらすじ 今後の展開は?

気になるのは、司賀先生がどうなってしまうのか。

湊の恩人のような方ですからね。

でもこの恩人との別れを乗り越えて一人前の医師に。

これも予想しやすい展開でしょうか。

ということで、グッドドクターの第8話のあらすじに参りたいと思います。

新堂湊(山﨑賢人)は森下伊代(松風理咲)の恋にお付き合い。伊代は滝川亮平(萩原利久)が好きなのだが恥ずかしくて声をかけることすら出来なかった。湊には伊代の気持ちがわからない。病と闘いながらも入院生活を少しでも楽しく過ごそうとする子どもたちがいる一方、深刻な問題に直面する子どももいる。瀬戸夏美(上野樹里)は患者の早見陽翔(鳥越壮馬)と母、香織(酒井若菜)と長男の翔太(池田優斗)を心配していた。香織は高山誠司(藤木直人)に陽翔を診てもらうため翔太(池田優斗)を連れ、夫を残して東京へ来ている。夏美は香織の看病疲れはもちろんだが、陽翔のために転校した翔太の環境変化も気にかけていた。
夏美と湊が回診に行くと、陽翔が次の日曜日に外出したいと願い出る。湊が外出には高山の許可が必要だと説明していると、香織が階段から転落して運ばれて来たと連絡が入った。病室に運ばれた香織は命に別状のあるような怪我はなかったが、陽翔には今日は家の用事で行けなくなったと話して欲しいと夏美たちに頼む。すると香織に付き添ってきた翔太が部屋を出て行く。湊は翔太を追いかけ、陽翔の病室に案内しようとする。だが、翔太は湊の言葉を聞こうともせずに去ってしまった。湊は翔太がなぜドゲトゲしくなっているのか理解出来ない。
その日、湊は帰り道に酔っ払ってクダを巻く男に出くわす。それは間宮啓介(戸次重幸)。間宮も翔太のようにトゲトゲしいと湊は感じる。

 

それでは、最後までお付き合いいただき誠にありがとうございます。

Sponsored Link
 

 - ドラマ , , , , , , ,