絶対零度7話感想と8話あらすじ 桜木(上戸彩)事件の新たな発見は?

      2018/09/17

Pocket

絶対零度の大きな伏線である

「井沢(沢村一樹)の危険人物でそのうち犯罪を犯すのでは説」は、

意外な形で一旦収束ということになったんですかね。

今までミハンの捜査に関わった、法では裁けない真犯人に制裁を加えていた犯人が井沢ではないかと煽られていましたが、その真犯人がミハンメンバーの田村さんであったという衝撃の展開。

さらに、その罪を償うためか自らの手で…というミハンメンバーの脱退のこれまた衝撃の展開に。

東堂(伊藤淳史)のクビの傷に関わる練馬の事件に田村さんの婚約者も犠牲になっていたという意外な繋がりがあったということでかなり見応えのある第6話だったのではないでしょうか。

これで完全に井沢の危険人物説が除外されたというわけではありませんが、

視聴者の興味は、残された伏線であります、

桜木(上戸彩)の失踪の謎に向かうことになりそうですね。

第7話ではその桜木失踪事件に新たな発見があるようです。

もしかして生きている可能性が浮上してくるのかな?

ということで、今回は、

絶対零度の第7話の感想と第8話のあらすじについて書いていきたいと思います。

関連記事もご興味があればご覧になってください。

 

それでは少しの間お付き合いいただければと思います。よろしくお願いいたします。

 

Sponsored Link
 

 

絶対零度 第7話感想 喜多野の正体とは?

まずは、絶対零度の第7話の予告から、

ミハンメンバーは田村さんのことをまだ引きずっているが、

最期の「ミハンを必ず実現してください」という言葉から、

東堂や井沢らは前進することを決意する。しかし南(柄本時生)だけは割り切ることができない。

そんな中、新たな危険人物が割り出される。

密売組織に関わっていると思われる新谷という人物

その組織のボスである「喜多野」という人物を見つけることが事件解決のキーとなりそう。

また、井沢の家族に手をかけた宇佐美が出所することを知る井沢。

そして、桜木失踪事件の新たな発見も

ということで、絶対零度の第7話の感想に参りたいと思います。

 

第7話感想

第6話が田村さんまさかの真犯人展開でかなりの驚きだったので、

今回は、事件としてはそんなに盛り上がりが見れなかったですかね。

子供の虐待を絡めた話でしたがちょっと微妙だったかな(笑)

まあ、格闘シーンは今までの中で一番多かったかな。

ただ第7話は事件にスポットを当てたのではなく、

田村さんを引きずる南くんの復活と、

桜木(上戸彩)事件の新情報について触れられ、

新しい展開への序章って感じですかね。

来週は久しぶりのメンバー登場と、

あのゲストは白石麻衣さんかな(笑)

個人的には、ドラマで見るのは「ヤミ金ウシジマくん」以来かな。

第7話の感想としてはこんなところですかね。

来週に期待です。

 

 

絶対零度 感想 あらすじ

 

絶対零度 桜木(上戸彩)失踪事件の新たな発見とは?

桜木失踪事件の伏線に関して、

個人的には、絶対に生きているという予想をしているのですが、

これに関係する新情報が出てくるということです。

本編を見終わりましたが、明かされた新情報とは、

井沢の家族に起きた事件と桜木と何かしらのつながりがあるのではないかということです。

桜木の残した手帳には、

井沢の妻の同僚の名前が…井沢の自宅の電話番号が…

井沢家族を襲った事件の黒幕と桜木失踪事件の黒幕は同じ人物かもしれません。

これは次回以降がさらに楽しみになりましたね。

 

Sponsored Link
 

 

絶対零度 第8話あらすじ 今後の展開は?

ついに明かされそうな、

桜木失踪の謎。

本当の黒幕は誰なのか。

新キャラ?それとも既存出演者なのか?

ということで、

絶対零度の第8話のあらすじに参りたいと思います。

東堂(伊藤淳史)は、新たな危険人物・砂田繭美(白石麻衣)の捜査を指示する。繭美は、市役所の戸籍住民課で働く25歳の女性で、1週間後には結婚式を控えていた。実は繭美は、過去に整形手術を受け、美しい顔を手に入れていた。ミハンが彼女をリストアップしたのは、違法な物を入手していたからだった。幸せ絶頂であるはずの花嫁がなぜ?  ミハンチームは捜査を開始する。

井沢(沢村一樹)小田切(本田翼)は、婚姻届けを出しにきたカップルを装って繭美に接触。目の前で痴話喧嘩を演じてみせ、繭美と親しくなるきっかけを得る。

繭美が整形手術を受けたのは2年前の9月。それ以前の行動を探れば、繭美狙いがわかるかもしれない――井沢は、山内(横山裕)南(柄本時生)に繭美の過去を探るよう指示する。

ある日、井沢と小田切は、繭美からの招待で、彼女の婚約者・神谷統一郎(入江甚儀)の実家を訪れる。統一郎の父・竜太郎(羽場裕一)は慶徳大学の理事長で、統一郎も同大の教務課に勤務していた。竜太郎は、統一郎と繭美の結婚を大変喜んでいて、絵に描いたような幸せなカップルだ。

しかし、程なく、彼女の悲しい計画が明らかになっていき――。

そんな中、山内の前に、桜木泉(上戸彩)の元上司でもある長嶋秀夫(北大路欣也)が現れて……。

 

 

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

Sponsored Link
 

 - ドラマ , , , , , ,