deleディーリー4話感想と5話あらすじ 残された絵や失踪の真相は?

      2018/08/30

Pocket

deleディーリーの第3話は、

まるで短編の映画を見ているようでしたね。

1話完結のドラマでここまで作り上げられたドラマはそう滅多にはないと思います。

公安として監視していたが、特別な感情が芽生え最後にバラを5本送る。

バラには本数ごとに花言葉があって、

ドラマ終了後には、こぞって「バラ5本の花言葉」でググる視聴者が急増したのではないでしょうか。

ちなみに、バラ5本の意味は、

「あなたに出会えたことの心からの喜び」ということでした。

なんだか哀愁漂う第3話でした。

そして、第4話は、

かつて超能力者と母が失踪した娘の物語

毎回予想できない見事な脚本に翻弄されています。

今回はどんなラストが待っているのでしょうかね。

ということで、今回は、deleディーリーの第4話の感想と第5話のあらすじについて書いていきたいと思います。

deleディーリー山田孝之が車イスの理由は?父の秘密が鍵になる?

deleディーリー菅田将暉(真柴)の過去とは?原作との違いは?

deleディーリー1話感想と2話あらすじ 脚本家が毎話違う注目作!

deleディーリー2話感想と3話あらすじ 原作が小説にあるけど…

deleディーリー3話感想&4話あらすじ 展開が読めない面白さが話題!

それでは少しの間お付き合いいただければと思います。よろしくお願いいたします。

 

Sponsored Link
 

 

deleディーリー 4話感想 依頼主の謎のメッセージとは?

まずは、deleディーリーの第4話の予告から、

今回の依頼人は小暮という男で過去に、天才的な超能力を持ちサイコメトリーとして、世間の注目を集めた男であった。クールな圭司(山田孝之)もこの小暮という男に心酔していたよう。

そんな小暮であったが、10歳の頃に失踪した母親を見つけようとしたが失敗してしまい、

一気に非難の的となりメディアから姿を消すことに。

小暮から消してほしいと依頼があったデータの中には、

子供が書いた絵、これは何を意味しているのか。

ということで、deleディーリーの第4話の感想に参りたいと思います。

 

第4話感想

天才超能力者の日暮、お母さんの居場所を言い当てることに失敗してしまい、

メディアの前から追放されてしまうということでしたが、

依頼してきた美香のお母さんはもういないということが見えていたが、

それを伝えてしまうと美香がショックを受けてしまうのであえて何も言わなかった。

美香のことを思い自ら失敗したということにして、詐欺師というレッテルを貼られにいったということでしたね。

何だか、覚悟というか本当にいい人だったってことですね。

ちょくちょく挿んでくる、2人のギャグ要素も面白いですね。

今回は、超能力ということなので、

祐太郎(菅田将暉)がスプーンを曲げるシーンで、むちゃくちゃデカイリアクションを見せる圭司でした。あれは笑わせにきてますよね。

それと、昔のシーンの映像を画質悪くしたりと演出も凝っていましたね。

今回の結末としては、

母親の失踪の真実は、父親が自ら妻を手に掛け埋めてしまっていたということ。

幼き日暮には全て見えていたんですね。

 

 

dele ディーリー 感想 あらすじ

 

deleディーリー 残された絵や失踪の真相は?

今回の謎を解き明かす鍵となるのが、

日暮が残した小さい頃に書いた絵ですね。

失踪した美香の母はもういない、

幼き日暮は母親の居場所を示すためにあの絵をかいていたんですね。

絵を元に捜索するとそこには本当に失踪した母親が眠っていました。

時を経て、超能力が本物だったと名誉を回復することができました。

しかし、見つかった母親と一緒にあったのは美香の父親の名刺。

ささいな夫婦喧嘩がきっかけで埋めて失踪に見せかけたのは父親でした。

埋める場所を探すのにいろいろ彷徨ったその道中の風景を複数枚の絵にしていたというオチでしたね。

 

Sponsored Link
 

 

deleディーリー 第5話あらすじ 今後の展開は?

毎週ゲスト出演者に興味があるこのドラマ、

なんと第5話では、

柴咲コウさんと橋本愛さんが出演されますね。

ということで、deleディーリーの第5話のあらすじに参りたいと思います。

データの削除を「dele. LIFE」に依頼していた天利聡史(朝比奈秀樹)のパソコンが操作されなくなって、72時間が経った。この事実を知らせる信号を受信した「dele. LIFE」の社長・坂上圭司(山田孝之)は、相棒の真柴祐太郎(菅田将暉)に確認をするよう指示し、そのまま外出する。圭司が向かったのは、とあるカフェ。目の前に現れたのは、圭司がどういうわけか1年に一度会い続けている元恋人・沢渡明奈(柴咲コウ)だった…!

その頃、聡史の家を訪れていた祐太郎は、聡史の幼馴染・楠瀬百合子(橋本愛)と出会う。守秘義務を貫くため、聡史とは小学校で同級生だったと素性を偽る祐太郎。百合子はそんな祐太郎をいぶかしく思いながらも、聡史のもとへ案内する。向かった先は病院の一室…。そのベッドに横たわっていた人物こそがほかでもない、3日前に車にはねられて意識不明となっている聡史だった。

「今、一人はしんどい」――実は聡史の婚約者でもあるという百合子の悲痛な訴えに共鳴した祐太郎は、彼女に付き添って思い出の場所を散策。だが、その道すがら、想定外の出来事が起こる。祐太郎が「dele. LIFE」の人間だと感づいた百合子が、データの削除依頼を取り消すと言い出したのだ! 会話や表情の端々から聡史への強い愛情を感じ取った祐太郎は、百合子の心を救いたい一心で、聡史の親友・宮田翔(渡辺大知)と接触。そこで思わず言葉を失ってしまう状況に直面し…!?

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

Sponsored Link
 

 - ドラマ , , , , , , , ,