チアダン6話感想と7話あらすじ 姉役の新木優子がかわい過ぎる!

      2019/01/29

Pocket

しばらく続いていた、

チアダンス部とチアリーディング部のいざこざがようやく決着しましたね。

そもそも、部活としてチアダンス部とチアリーディング部の両方存在するってことはあり得るのか?

私は男子校なので残念ながらどちらも存在しませんでしたが…

もし、共学の高校にいて、

チアダンス部とチアリーディング部の両方存在していたらとてもうらやましい限りです。

親友の望(堀田真由)さんと仲直りできてよかったですね。

また、ようやくロケッツにもコーチがやってきました

誰だろうと気になっていましたが、

わかばのお姉ちゃんでしたね。まあこれはなんとなく予想しやすかったと思います。

それにしてもお姉ちゃん役の新木優子さんが可愛すぎる!

申し訳ないですが、ロケッツの既存メンバーやチアリーディング部のメンバー誰も

顔もスタイルも新木優子さんに敵わないですよね。

やっとこさ安定してチアダンスに集中できるかと思いきや、

まさかの太郎(オダギリジョー)がバイクにはねられる展開に。

顧問不在でロケッツの運命はどうなるんでしょうか。

ということで、今回は、チアダンの第6話の感想と第7話のあらすじについて書いていきたいと思います。

チアダンの方言がひどい?かわいいが訛りに違和感満載の声が!

石井杏奈の妹もかわいい!彼氏の噂は?すっぴんはどう?【画像他】

チアダン広瀬すず 髪型ロングが大人っぽい!ショートからイメチェン!

箭内夢菜 cmで話題に!粉雪が上手い!チアダン出演でブレイク?

チアダン佐久間由衣は演技が上手い!過去出演作は?ショートでかわいい!

山本舞香の性格が悪すぎと言われる理由は?すっぴんは超かわいい!

それでは少しの間お付き合いいただければと思います。よろしくお願いいたします。

 

Sponsored Link
 

 

チアダン 第6話感想 顧問不在でロケッツが解散の危機!

まずは、チアダンの第6話の予告から、

顧問である太郎が事故に遭い、

顧問不在となったロケッツが廃部の危機に立たされます。

練習中に足を痛めた穂香の父が保護者を引き連れて乗り込んでくる。

顧問がいない部活の存続を許すわけにはいかないと。

1週間という期限の中で何ができるのか。

望率いるチアリーディング部がある決断をすることに…

ということで、チアダンの第6話の感想に参りたいと思います。

 

チアダン第6話

本編とは全然関係ないですが、

土屋太鳳ちゃん顔が丸いな~。髪をオールバックにするから余計に顔の輪郭がね。

でもかわいいね。

あとは、チアダンス部の踊りが毎回同じなんだよな~。

もっとレパートリーが欲しいってのが本音かな。

太郎先生(オダギリジョー)がとにかくいい人ってのがよく分かりましたね。

今回のオダギリジョーさんはとてもいい役柄を演じていますね。

実際にこんな先生がいたらヤバイだろうけどね。

何回か前に予想しましたが、

まさかチアリーディング部が合流して20人になってしまうとは。

チアリーディング部長の堀田真由さんがチアダンスが見れるのでヨシとしましょう。

顧問不在問題は、

まさかの教頭先生が顧問代理になるとはね。

来週は大会に向けて動き出しますね。

どうやらレギュラーメンバーを決めるために脱落者を決める展開になりそう?

次週も楽しみですね。

 

チアダン 感想 あらすじ

 

チアダン わかばの姉役の新木優子が可愛すぎる!

それにしても新木優子さんが可愛すぎませんか?

スタイルがヤバイですよね。

ウエスト細すぎでしょ。そして顔が小さすぎでしょ。

チアダンスの衣装も着てほしいと心から願っております(笑)

新木優子さんがブレイクしたきっかけは、

個人的には、コード・ブルーのシーズン3ですね。

フェロー役で成田凌さんらと一緒に登場することになりましたが、

シーズン3の始めは、この美貌が故に明らかに浮いていたのを覚えています。

今となってはすっかり溶け込んでいますが、

新人役にこのクオリティはさすがにブッコミ過ぎかな~って思いましたね。


いや~、本当にキレイな女性ですね。

 

Sponsored Link
 

 

チアダン 第7話あらすじ 今後の展開は?

第7話くらいまでくると、

そろそろ本格的にチアダンスの腕を磨かないと、

JETSとの勝負に間に合わないですよね。

すっ飛ばして本番でJETSに勝つという展開はちょっと望ましくないです。

ということで、

チアダンの第7話のあらすじに参りたいと思います。

春になり、わかば(土屋太鳳)は3年生になった。チアダンス部を結成して9カ月。最初わかばと汐里(石井杏奈)の2人だけだったチアダンス部も、今や20人となった。
顧問の太郎(オダギリジョー)が入院している間、代理で桜沢教頭(木下ほうか)が顧問を引き受け、わかばの姉・あおい(新木優子)がコーチを務める中で自信に満ちた踊りをするROCKETS一同。1日24時間という限られた時間の中で、全米制覇を目標とするROCKETSは一切の時間を無駄に出来ない。北信越チャレンジカップまであとひと月をきり、今回はJETSが出ない大会なだけに、優勝出来ないはずがない!と気合を入れる一同。桜沢教頭は、学業以外は全てチアダンスに捧げるくらいの覚悟が必要と言い、チアダンス部に恋愛禁止を言い渡す。
だが、その直後も汐里は春馬(清水尋也)の姿を見るや黄色い声援を送る。その姿を見てため息をつく麻子(佐久間由衣)の前に突然、一学年下の男子生徒の水嶋(遠藤健慎)が現れ、連絡先が書いてあるラブレターを渡す。動揺を隠せない麻子だったが――。
一方、妙子(大友花恋)の父親が腰を痛めてしまい、お店を手伝わなくてはいけなくなった妙子。練習になかなか顔を出せなくなり、だんだん周りとのズレが目立ってきた。妙子はROCKESの優勝の為に、ある思いをみんなに伝える――。

 

チアダン1話感想&2話あらすじ 土屋太鳳と広瀬すずは似てる?

チアダン2話感想と3話あらすじ 汐里(石井杏奈)の転校理由は?

チアダン3話感想&4話あらすじ JETSの小倉優香がかわいい!

チアダン4話感想&5話あらすじ 伊原六花は登美丘高校元主将だった!

チアダン5話感想・6話あらすじ 嫌がらせ集団のボス役がかわいい!

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

Sponsored Link
 

 - ドラマ , , , , , , ,