義母と娘のブルース5話感想&6話あらすじ 佐藤健が医者で奇跡起こす?

      2018/08/16

Pocket

「義母と娘のブルース」が「逃げ恥」を越えるのではと大旋風を起こしているようですね。

視聴率も20%はいかないものの今クールの中ではトップクラスの数字を出していて、

ネットでの見逃し配信の配信数も物凄いことから「逃げ恥」を越えると言われています。

当然、私も毎話欠かさず見ていますよ。

第3話では、PTAあるあるで、

小学生の子供を抱える親御さんにどストライクな内容でした。

古参のPTAを蹴散らす姿がとても面白かった回ですが、

第4話は一転、良一が胃がんで先が長くないことが明らかに。

ジーンとするとともに、竹野内豊いいな~っとしみじみと感じる回でした。

緩急の使い方がとても上手です。

最後に流れるMISIAさんの曲も合っていますね。

なんかこの雰囲気どこかで…

と思ったら、大沢たかおさんの「仁」と同じ人が作っているドラマだったんですね。

物語は中盤の第5話まできました。

未だ謎の佐藤健さんですが、佐藤健さんが絡むと奇跡が起こるというジンクスが。

次は医者になっている?

ということで、今回は、義母と娘のブルースの第5話の感想と第6話のあらすじについて書いていきたいと思います。

義母と娘のブルース 井之脇海がひろき(高校生)に抜擢!過去の出演作品は?

義母と娘のブルース 再婚した理由がマジで衝撃!原作通りなのか?

義母と娘のブルース 佐藤健の正体は?職業が毎回変わる理由は?

義母と娘のブルースのナレーションは誰?今後の出演予定は?

それでは少しの間お付き合いいただければと思います。よろしくお願いいたします。

 

Sponsored Link
 

 

義母と娘のブルース 第5話感想 亜希子はみゆきに何を伝える?

まずは、義母と娘のブルースの第5話の予告から、

突然倒れて入院することになった良一、

みゆきにはしばらく本当のことは言わないと決めたばかりなのに。

亜希子がみゆきに伝えたのは思いもよらない内容だった。

良一の入院で3人それぞれにも変化が現れる。

また、入院している良一の代わりに亜希子がプレゼンをすることに。

競合プレゼン相手はおそらく自分の古巣なんではないでしょうか。

ということで、義母と娘のブルースの第5話の感想に参りたいと思います。

 

義母と娘のブルース 第5話感想

良一が倒れて入院して、もう暗くなっていくモードかと思いきや、

そう簡単には暗い雰囲気にならないのがこのドラマのいいところですかね。

良一の代わりにプレゼンをすることになった亜希子の相手となったのは、

元々自分が働いていた会社でしたね。

まあこれは完全に想定内。

先日、コード・ブルーの映画を見てきたばっかなので、

藤川先生にしか見えません。

がんの数値も改善して無事に家に戻ってくることができた良一。

パパが帰ってきた時のみゆきちゃんの喜び方。

あれが演技だとは思えませんね。とても上手です。

「3人で一緒にお風呂に入ろう?」という発言には驚きました(笑)

綾瀬はるかさんの枕投げ、あの本気の投げ方も面白かったですね。

綾瀬はるかさんのど真面目キャラがハマりすぎて、

その行動の1つ1つがツボにはまります。

しかし、その面白い部分だけでなくて、

面白さの中に感銘を受けるナイスセリフがバランスよく混ざり合って、

見れば見るほど、このドラマの面白さを痛感します。

本気で亜希子も良一のことを好きになってしまったみたですしね。

このまま3人で幸せになってもらいたいですが…

また意味深な終わり方の第5話でした。

あのまままた良一が倒れちゃったりするのかな…ってドキドキしちゃいました。

次週が6話だから、あと4~5話ですよね。

毎回言ってますが、そろそろ佐藤健さん目立ってこないと出番なくなるのでは。

 

 

義母と娘のブルース 感想 あらすじ

 

義母と娘のブルース 佐藤健が医者?医者にまつわる奇跡が起こる?

毎回、職業が変わる佐藤健さん、

第4話ではオールバック?リーゼント?で雰囲気がガラッと変わる修理業者なのか何なのかよく分かりませんがイカツイお兄さんでした。

コピー機にはさまった億超えマンションが売れたり、過去には花屋の時の花でみゆきと亜希子の距離を縮めたりと佐藤健さんに関わると奇跡が起こる流れとなっています。

次はどうやら医者なのか白衣を着ていましたね。

良一の病気と関わってくるのか。

もしかして病気が治ってしまうとかあるのかな。

胃がんで末期ということまで分かっているので、

これで治ってしまうというのはかなり強引な感じなので避けたほうがいいような。

 

Sponsored Link
 

義母と娘のブルース 第6話あらすじ 竹野内豊がいい演技!

竹野内パパがいいですね。

途中離脱のフラグがたっていますが、

いなくなるにはかなりおしいキャラです。

代わりに佐藤健なんだろうけど。

ということで、義母と娘のブルースの第6話のあらすじに参りたいと思います。

小さな奇跡を拾い集めながら暮らした宮本家の みゆき (上白石萌歌) は、“お母さん”“みゆき” と呼び合い、箸使いと姿勢はビジネスの基本スキル、とりあえず押さえておけという 亜希子 (綾瀬はるか) の教えを守り、教師からも一目おかれるような高校3年生に成長していた。
ある日、スーパーで働くママ友の 晴美 (奥貫薫) からお買い得情報が入り買い物に行った亜希子は、みゆきの大学進学に関して聞かれる。大学は青春を謳歌するために行くのだから受かったところで良いと考えていた亜希子は、「今は将来何をしたいか、そのためにどこに行ったらいいのか考えて受験する」 と晴美から諭される。

一方、みゆきは、いい大学に受かれば亜希子が喜んでくれると信じ、そのためにもいい大学を受験しようと気持ちは逸るのだが、テストの成績は伸び悩んでいた。
晴美の勧めもあって、亜希子はみゆきが自分の将来についてどのように考えているのか、どんな仕事に就きたいと考えているのか聞いてみると 「できればお母さんのようになりたい」 と言うみゆき。
それは、昔の亜希子の姿でもある企業の営業職かと思いきや、現在亜希子がしているデイトレードのことだった。
親は子供を温かく見守ると思っている亜希子は、貯蓄をベースに不足分を投資のリターンで補う形で暮らしてきたのだが、それはみゆきにとっては、楽して儲けていく道があると錯覚させてしまっていたようだ。

それに気付いた亜希子は、仕事の尊さをみゆきに分かってもらおうと、一念発起し再就職をすることを決意。その就職先は…。

義母と娘のブルース4話感想・5話あらすじ 馴れ初めが明らかに?

義母と娘のブルース3話感想・4話あらすじ PTAあるあるに共感!

義母と娘のブルース2話感想&3話あらすじ 良一は病気か?

義母と娘のブルース1話感想&2話あらすじ かわいい子役は誰?

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

Sponsored Link
 

 - ドラマ , , , , , , ,