絶対零度5話感想と6話あらすじ 東堂(伊藤淳史)の過去とは?

      2018/09/17

Pocket

2018年夏クールの月9である「絶対零度」が好調ですね。

今まで面白くはないもののイマイチパッとしなかった月9ですが、

第3話まで視聴率2桁を維持しており、

よくある第1話は好発進で後はダラダラ数字を下げていくような流れとなっていません。

まだまだ伏線は残っているし、第4話では、

井沢(沢村一樹)がミハンシステムで危険人物にリストアップされているということも分かり、物語はさらに盛り上がりを見せています。

また、第5話では、危険人物の岡崎直樹役に関西ジャニーズJrのイケメンである、

道枝駿佑さんが出演されるということで注目も浴びています。

道枝駿佑さんについては別の記事で書いているので、

ご興味のある方はご覧になってみてください。

ということで、今回は、絶対零度の第5話の感想と第6話のあらすじについて書いていきたいと思います。

伏線の1つである、東堂(伊藤淳史)の過去についても明らかになりそうですね。

絶対零度 道枝駿佑が高校生役!ドラマ出演歴は?少年時代がかわいい!

絶対零度 小田切(本田翼)の過去は?トラウマと赤い人形に関係が?

絶対零度 横山裕の最終回出演は今作のため!上戸彩失踪の鍵を握る?

絶対零度の赤いぬいぐるみ(人形)が判明!購入方法や値段は?

それでは少しの間お付き合いいただければと思います。よろしくお願いいたします。

 

Sponsored Link
 

 

絶対零度 第5話感想 バスケ部指導員が次々辞める理由は?

まずは、絶対零度の第5話の予告から、

次にミハンシステムがリストアップしたのは、

17歳の高校生である岡崎直樹(道枝駿佑)

成績優秀でバスケ部のリーダーとう傍から見たら完璧な青年だが、

岡崎には動物虐待という疑いをかけられている。

また、バスケ部の指導員が過去に複数人辞めているということもあり、

岡崎との関係を疑うミハンメンバー。

川上というジャーナリストが動物虐待をする少年少女を抑えるために活動をしているということだが、岡崎は川上と話して衝動を抑えることができるのか。

この事件の真相はどうなるんでしょうかね。

ということで、絶対零度の第5話の感想に参りたいと思います。

 

絶対零度 第5話感想

今回、イケメン高校生の道枝くんが悪者だと思いきや、

1番厄介なのは、ジャーナリストの川上でしたね。

動物虐待をする若者の話を聞いて衝動を抑えるのではなくて、

犯罪を犯すように背中を押していたんですね。

道枝くん演じる岡崎も、ジャーナリストの川上も2人ともサイコパスでした。

危険人物であるサイコパスが一気に2人登場という珍しい回でしたね。

毎回登場する赤い人形も気になるところですが、

まさかのミナミ専用の青い人形が仲間入り(笑)

色は何パターンかあるみたいなので、今後も色が増えていったりして。

道枝くん、サイコパスの役がハマっていましたね。演技上手かったと思います。

来週は、こっそり悪いやつを消していた犯人が井沢さんかも?

本当にそうなら捕まるけど。

まだ中盤だし、実は違うなんてことないよね。井沢さんで確定だよね。

どうなるんでしょうか。とても気になります。

 

絶対零度 感想 あらすじ

 

絶対零度 東堂(伊藤淳史)の過去とは?

伊藤淳史さん演じる東堂の首の傷について、

第5話で明らかになりそうです。

今回の動物虐待事件は、

25年前に起きた練馬台無差別事件と繋がるものがあると話す東堂。

この練馬台の事件と東堂の過去が絡んでいそうですね。

 

東堂さんの過去も明らかに!

無差別に人を傷つける人間によって東堂さんのお父さんは犠牲になっていたんですね。

幼い東堂さんを守るために。

東堂さんがミハンシステムを作るきっかけがここにあったんですね。

 

Sponsored Link
 

 

絶対零度 第6話あらすじ 上戸彩の話はまだ?

上戸彩さん演じる桜井はまだ生きていると

未だに私は信じています。

上戸彩さんの件はこれからになるんですかね。

これからの展開が楽しみすぎます。

ということで、絶対零度の第6話のあらすじに参りたいと思います。

井沢(沢村一樹)たち“ミハン”チームが捜査した事件の関係者に不審な出来事が続いていたことが発覚する。

猟銃の誤射、その罪を別の事件の犯人になすりつけた元最高裁判所長官の小松原(中丸新将)は点検中のエレベーターに転落(第2話)。強姦を重ねていたエリート大学生の湯川(佐野岳)は行方不明になり、失踪届が出されている(第3話)。そして、法の目をかいくぐって何人も消した上、未成年者の犯罪を後押ししていたジャーナリストの川上(近藤公園)(第5話)。

3人は、いずれも法でさばけなかった犯罪者――。犯人がミハンから得た情報をもとに犯行に及んでいると考えた東堂(伊藤淳史)は、「ミハンの情報が外部に漏れている」「内通者がいる」「チーム内に犯人がいる」という3つの可能性に言及する。真相を解明するため、井沢は、山内(横山裕)とともに小松原の件のホテルへ。小田切(本田翼)田村(平田満)は湯川のスマートフォンのGPSが途絶えた高架下へと向かった。ほどなく、井沢たちは、防犯カメラの映像などから一台の不審な車両にたどり着く。だがその所有者に関する個人情報は改ざんされているようだった。

一方、川上の事件を追う捜査一課の早川(マギー)たちは、現場付近で不審な男を見たという目撃者を見つけ、犯人の似顔絵を作成することに。
そして、できあがった犯人の似顔絵は、あるミハンメンバーの顔で――。

ミハンは一連の犯行を予測していない。ミハンを知り尽くし、犯罪者を誰よりも憎み、事件の再発を防ぎたいと強く願う犯人の正体とは?

法で裁けない犯罪者を制裁していた人物が、ついに明らかになる!!

絶対零度1話感想と2話あらすじ サイコパスの実写化みたい!

絶対零度2話感想・3話あらすじ 桜井(上戸彩)の伏線がヤバイ!

絶対零度3話感想&4話あらすじ 井沢の過去は?桜木との関係は?

絶対零度4話感想と5話あらすじ 井沢の過去に気づく?桜井と関係が?

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

Sponsored Link
 

 - ドラマ , , , , , , ,