カロナールは市販で買える?超有名処方薬の中身とは

      2017/11/15

Pocket

みなさん、こんにちは。

 

今回は誰もが一度は聞いたことがあるであろう処方薬(病院に行って、処方箋をもらって調剤薬局でもらう薬のこと)

「カロナール」

についてお話します。

 

カロナールは、解熱鎮痛薬です。

読んで字の如く、熱を下げたり痛みを抑えたりする薬です。

風邪の時なんかは結構な頻度で出されます。

歯医者でもまあまあ出る印象があります。

 

そんなカロナールですが、実は成分が同じものが市販で販売しています。

 

カロナールがなくなっちゃったんだけど、まだ熱があるな~。とか、

歯が痛いんだよな~。でも病院行くの面倒だな~。なんて時は、

お近くのドラッグストアで購入することが可能なのです。

 

カロナールの成分は、「アセトアミノフェン」です。

そして、市販薬で成分が「アセトアミノフェン」のみのもので、

「タイレノール」というお薬があります。

 

この「タイレノール」が「カロナール」の代替えとなるお薬になります。

 

カロナールがなくなっちゃって代わりのものが欲しい時には、

タイレノールをお近くのドラッグストアでお探しください。

 

ちょっと成分であるアセトアミノフェンについてお話しします。

アセトアミノフェンは正直言うと、解熱鎮痛薬というカテゴリーの中では効き目としてはちょっと弱いものになります。

カロナールより超有名な気がしてきましたが(笑)

「ロキソニン」というお薬があります。

ロキソニンもカロナールと同じ解熱鎮痛薬なんですが、

効き目が優れています。熱を下げる力はそんなに大きく変わらないのですが、

痛みを抑える力には結構な差があります。

では、なぜカロナールの方がよく処方されるのでしょうか?

それはカロナールの安全性にあると思われます。

疾患への影響も少なく他に飲んでる薬との飲み合わせもほぼ問題ありません。

子供に対しても安全性が高いのでこういった面で使い勝手がいいです。

 

ロキソニンは15歳以上でないと使えないとか、

胃が痛くなる副作用があるとか、気にしなくてはいけないことがあります。

 

私は勿論、ここら辺のことは当然知っていることですので、

熱が出てたり、のどが痛かったり、歯医者で歯の治療をした時なんかは、

 

「先生、ロキソニンでお願いします」ってこちらから言っちゃいます(笑)

 

別の機会でお話しますが、

ロキソニンも市販で購入することが可能なので、

もらった分がなくなってももう一回病院に行かなくても大丈夫です。

 

市販のロキソニンいくつか種類があったり、湿布薬なんかも販売されてますが、

その辺の話は別の機会にしたいと思います。

 

それでは今回はここまで。

カロナールは市販で同じものが買えます。のお話でした。

Sponsored Link
 

 - 未分類