サバイバルウェディング3話感想・4話あらすじ 朝ドラ女優に注目!

      2018/09/29

Pocket

サバイバルウェディングの変わり者の編集長役を演じる伊勢谷友介さん

ブランドの昔話しを通してかなりいい事言いますよね。

第2話では、ルイヴィトンに関する話でした。

ルイヴィトンが日本に来た時のセールス文句は、

「ルイヴィトンはネクタイは売っていません」

さらに、今までセールを一度もやったことない

売りたい、販売したいという想いはなく、

ひたすらに自身のブランド力を保持し愛し続けていたということ。

自分のことを愛しているのか?

いい事言いますね~。

同期の三浦(高橋メアリージュン)とも仲が悪い関係になるのかと思いきや、

心許せる親友っぽい流れですね。

高橋メアリージュンさんは主役ははれないものの、

脇役として居るだけで雰囲気がだいぶよくなりますね。

また、今作には朝ドラから脱出してきた注目の女優さんも出演しています。

ということで、今回は、

サバイバルウェディングの第3話の感想と第4話のあらすじについて書いていきたいと思います。

サバイバルウェディング1話感想・2話あらすじ 伊勢谷友介の髪型が変!

サバイバルウェディング2話感想&3話あらすじ 吉沢亮がカッコいい!

サバイバルウェディング 吉沢亮が結婚相手?役柄は?展開を予想!

それでは少しの間お付き合いいただければと思います。よろしくお願いいたします。

 

Sponsored Link
 

 

サバイバルウェディング 第3話感想

まずは、サバイバルウェディングの第3話の予告から、

新連載に向けて進みだしたさやか(波瑠)であったが、

イラストだけが未定で早速立ち往生することに。

そんな中、さやかに手を差し出したのはマスター(荒川良々)

マスターのおかげで連載もスタートするが、

それは同時にクビまでのリミットも刻み始めたということ。

結婚するために宇佐美の次なる提案は、

「手の届く高級ブランド」となること。

そのために宇佐美と一緒に洋服を買い揃えていくことに。

そして雰囲気を変えたさやかはレセプションパーティーに行くことに。

しかしそこには、

気になる存在の祐一と元カレの和也、そして和也の今カノも現れる事態に。

ということで、サバイバルウェディングの第3話の感想に参りたいと思います。

7/29追記

サバイバルウェディングの第3話見ました。

編集長の宇佐美(伊勢谷友介)は相変わらずいいキャラしてますね。

あの変な髪型もおしゃれに見えてきました。

宇佐美のフォローもありいいドレスとキレイな化粧で生まれ変わったさやか(波瑠)

そのかげもあり、元彼和也のしつこい誘いも断ることができたし、

爽やかイケメンの祐一からランチのお誘いを受けることができました。

ただ、さやかは着飾った自分にだから興味を持ってもらっていると少し不安に。

祐一との今後はどうなるんでしょうかね。

祐一と同じ会社の男性もテンション高くていいキャラしてますね。

 

サバイバルウェディング 感想 あらすじ

 

サバイバルウェディング 朝ドラから脱出した注目女優とは?

爽やかイケメンの祐一に好意を抱く女性

タイアップ先の川村製薬の栗原美里を演じる奈緒さん


現在放送中の「半分、青い」で親友の木田原菜生を演じています。

役柄と本名が同じで何か運命的なものを感じますね。

どうやら主役のオーディションには落選してしまったようですよ。

佐藤健さん、間宮祥太朗さんに続いて、

朝ドラから民法に脱出した奈緒さんに注目ですよ。

元々は地元の福岡で芸能活動をしていました。モデル業もされていたようですよ。

役者になりたいと20歳の頃に上京して3年が経過し、現在23歳の若手女優さんです。

 

 

サバイバルウェディング 第4話あらすじ 和也のクズっぷりもいい!

石田ニコルさんを今の彼女としながらも元カノに男の影を感じたら、

あたかもまだ自分のもののように半分二股状態を継続しようとする和也、

風間俊介さんのクズっぷりも物語のいいアクセントになっていますね。

ということで、サバイバルウェディングの第4話のあらすじに参りたいと思います。
SURVIVAL WEDDING [ 大橋弘祐 ]

7/29追記

祐一(吉沢亮)にランチに誘われてときめくさやか(波瑠)だったが、そこには祐一に絶賛アプローチ中の愛され系女子・美里(奈緒)の姿も!自分を巡る女の戦いが繰り広げられていることに気付く気配のない祐一の鈍感さを嘆きつつ、美里との女子力勝負を受けて立つことに!…無論、結果は完敗。しかも、話の流れでつい「27歳」だと祐一にウソをついてしまう!しかし、実際には30歳の誕生日のカウントダウン真っただ中のさやか。結婚までのタイムリミットも4か月しかなくなってしまった。そんなさやかに宇佐美(伊勢谷友介)が命じたのは「出会う男の数を増やす」こと。環境の変化に柔軟に対応して成長を遂げたハイブランドのように、さやかも“男が消極的な時代”に合わせて行動するべきだと説く宇佐美は、スペックは高いが受け身の男性を狙って自分から声をかけるようさやかにアドバイスを送る。宇佐美の言葉を受けて、20代の最後を“出会いの修業期間”に定めたさやかは、多香子(高橋メアリージュン)と一緒に片っ端から合コンに参加。すると、学生時代の友人・健太郎(渋谷謙人)に頼み込んでセッティングしてもらった合コンに、なんと祐一が現れた!思わぬビッグチャンスが到来!?…かと思いきや、健太郎のおせっかいで事態は思わぬ方向に…。
ついに30歳の誕生日を迎えたさやか。誕生日を祝ってくれる相手もおらず、仕事でもミスをしてしまい落ち込んでいるところに、思いがけない相手から電話がきて…!?

 

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

Sponsored Link
 

 - ドラマ , , , , , ,