この世界の片隅に 榮倉奈々の正体は?すずとの関係は?現代パートはいるのか…

      2018/09/16

Pocket

松坂桃李さんと松本穂香さん主演の「この世界の片隅に」の第1話が放送されました。
この世界の片隅に【Blu-ray】 [ のん ]
視聴率も10.9%ととりあえずは2桁スタートなりました。

日曜TBS枠は今までも数々のヒット作を生み出し、

個人的には、安定の日曜TBSという認識でいます。

ブラックペアンや99.9などとはちょっとテイストが異なる今作です。

まるで昔話を見ているかのような感覚で面白さを掴むのにまだ手こずっていますが(笑)

でも松本穂香さんが設定がドンピシャであのくっきりとした目に吸い込まれます。

松坂桃李さんも短髪がよくお似合いです。

そんな中、ドラマでよくある手法である、

現代パートを織り交ぜるスタイルについて、賛否の声が出ています。

現代パートを務めるのは出産後初のドラマ出演となる榮倉奈々さんです。

すず(松本穂香)と一体どんな関係があり正体は誰なのか気になるところですね。

ということで、今回は、この世界の片隅にの榮倉奈々さんの正体が誰なのかについて書いていきたいと思います。

この世界の片隅に 径子(尾野真千子)の過去は?息子が戻った理由は?

この世界の片隅に 周作の過去とは?リンとの関係やすずと結婚した理由は?

この世界の片隅に すみ役(久保田紗友)は武井咲似?過去ドラマは?

松本穂香はブサイク?鼻が変だから?むちゃかわいいけど…【画像他】

それでは少しの間お付き合いいただければと思います。よろしくお願いいたします。

 

Sponsored Link
 

 

この世界の片隅に 榮倉奈々の正体は?

このドラマには原作があるので、

原作を調べれば大体の流れは分かってしまいますが、

原作に現代パートは描かれていません。

なので原作の流れからの予想となります。

この先は、ネタバレも含まれますのでご興味のある方がご覧になるようにお願いします。

「この世界の片隅に」は戦時下の話なので、

ドラマ中盤くらいから雰囲気がガラッと変わることになるでしょう。

今登場している人物にもいろいろな事が起こります。

そこまでは書きませんね。

物語の終盤にすずと周作は孤児となっているヨーコという少女と出会います。

すずと周作はヨーコを連れて帰ることに。

「右手と左手、どちらの手で手をつなぐのか」

これが最後に考えさせられる内容となり、

すずにとってもヨーコにとってもお互いが大事な存在となるようになります。

大まかにこのような展開と原作通りであればなるのですが、

ドラマ版はどうなるんでしょうかね。

なので、現代パートの榮倉奈々さんは、

ヨーコの親族と予想できるのではないでしょうか。

ヨーコの孫くらいなのかな。おばあちゃんから昔話をよく聞いていて、

その人物であるすずを求めて旅してきたってところでしょうか。

8/12追記

この世界の片隅にの第5話を見ましたが、

現代パートで北條節子と名乗る御婦人が登場しましたね。

北條家の新キャラです。


節子か…火垂るの墓を連想させられるな。

流れ的には前述にあるように、ヨーコにあたる人物がこの節子なのか、

ヨーコの娘にあたるのか。

榮倉奈々は北條家の血を引く人間ではなさそうですね。

まあ言ってしまえば完全部外者ということになるのかな(笑)

まだ確定はしていないので引き続き情報分かり次第追記していきますね。

9/16追記

現代パートに出てきた節子さんは、

原作でも登場する北條家に拾われる女の子でしたね。

ということで、

榮倉奈々さんは、全く関係ない部外者だということが確定しました。

部外者って言い方はアレですが(笑)

榮倉奈々さんでなければ更に現代パート不要になってしまいますからね。

 

この世界の片隅に 榮倉奈々 正体

 

この世界の片隅に 現代パートに賛否の声?

SNS上では、

この現代パートの必要性について賛否の声があがっています。

ドラマ「この世界の片隅に」見た。桃李くん、いいわ~
スズさんも素敵。ホロッとくるシーンが沢山あったけど、榮倉奈々?のシーンが不要と思う。

この世界の片隅に、榮倉奈々は必要なんかねぇ。べつに最初から最後まで映画と一緒でも良かったのに。アニメから実写になってるんだから。

一方で、

榮倉奈々さんとすずとの関係性は何だろう。今後の展開が気になるといった声も寄せられています。

個人的には、現代パートの比率が抑えられているので今の所そこまで気にしていません

毎回の最後に少し出てくるくらいであればいいんではないでしょうかね。

 

Sponsored Link
 

 

この世界の片隅に 今後の気になるポイントは?

まだドラマを第1話しか見ていないですが、

今後の気になるポイントとしては、

すずが小さい頃出会った「リン」という女の子、

大人になって再会を果たすがどうやら周作とも何か関係があるようです。

また、小さい頃に一回あっただけなのに、

すずと結婚することにあそこまで執着している周作の気持ちも気になります。

いろいろ気になっているので最後まではちゃんと見るドラマになりそうです。

ということで、今回は、

この世界の片隅にの榮倉奈々の正体について書いてきました。

この世界の片隅に1話感想と2話あらすじ 松本穂香がかわいい!

この世界の片隅に2話感想と3話あらすじ 周作がすずを選んだ理由は?

この世界の片隅に3話感想と4話あらすじ リンってあの座敷童子?

この世界の片隅に4話感想・5話あらすじ 径子の息子は原作にいない?

この世界の片隅に5話感想&6話あらすじ 空襲の被害はどうなる?

この世界の片隅に6話感想・7話あらすじ 節子って誰?すずの娘?

この世界の片隅に7話感想&8話あらすじ 晴美は?すずの腕は?

この世界の片隅に8話感想と最終回あらすじ すずの実家は無事?

この世界の片隅に最終回感想・ネタバレ 原作と違う展開?老婆は誰?

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

Sponsored Link
 

 - ドラマ , , , , ,