絶対零度3話感想&4話あらすじ 井沢の過去は?桜木との関係は?

      2018/07/24

Pocket

絶対零度の第2話は、個人的にはちょっと消化不良…

ストーリーは良かったと思います。

娘(養子)を手にかけた真犯人を目の前に「ミハンシステム」に止められてしまう。

「全て分かってる。でもダメだ。」メンバー全員で止めるシーンはグッときました。

真犯人は野放しか~。って思ってましたが、

ちゃんと蹴り落としてくれてましたね(笑)

ちょっと消化不良なのは、

せっかく蹴り飛ばすのであれば、

第1話で見せた、本田翼さんの股間蹴りを見せて欲しかったな。

毎回、本田翼さんの蹴りを見せてくれるのかと思いきや、

さすがにそんな安売りはしないですよね。

ドラマ本編としては、既に張り巡らされている伏線の回収にいつから入っていくのか。

その伏線の中にあるのが、

井沢(沢村一樹)の過去と桜木(上戸彩)との関係について。

この辺りについても今回はちょっと触れたいと思います。

ということで、今回は、

絶対零度の第3話の感想と第4話のあらすじについて書いていきたいと思います。

絶対零度 小田切(本田翼)の過去は?トラウマと赤い人形に関係が?

絶対零度 横山裕の最終回出演は今作のため!上戸彩失踪の鍵を握る?

絶対零度の赤いぬいぐるみ(人形)が判明!購入方法や値段は?

それでは少しの間お付き合いいただければと思います。よろしくお願いいたします。

 

Sponsored Link
 

 

絶対零度 第3話感想 赤い人形が気になる!

まずは、絶対零度の第3話の予告から、

ミハンシステムが割り出した次なる犯人候補は若槻真帆(柴田杏花)

有名大学を卒業したが、何故かビルから飛び降りて現在意識不明のまま眠りについている

そんな真帆から突如、以前彼女が所属したサークルのSNSに復讐のメッセージが。

誰かが真帆になりすまし、犯罪を起こそうとしている。

捜査を進める中、なりすましとして怪しい人物が絞られていき、

たどり着いたのは真帆の父である周作(遠山俊也)であった。

それにしてもちょくちょくでてくる本田翼さんが背負っている赤い人形が気になります。

ということで、絶対零度の第3話の感想に参りたいと思います。

7/23追記

絶対零度の第3話見ました。

今回は小田切の過去が明らかになりましたね。

今回の女性を襲う卑劣な犯行を小田切も過去に受けていたんですね。

なので、あの赤いぬいぐるみをいつも背負ってるのかな。

それにしても最後に犯人をこっそり消している正体が気になりますよね。

あれは一体誰なのか。

井沢の線が濃いですがそう簡単にいくのでしょうか。

視聴率も2桁復活になるのかも気になります。

次は誰の過去が明らかになるのか。

 

絶対零度 感想 あらすじ

 

絶対零度 井沢の過去は?桜木との関係は?

絶対零度の数ある伏線のうち、

気になる度激高だけどちょっと先の展開が読みやすいのが井沢の過去ですかね。

犯人を確保して銃を持った瞬間に目が変わるやつ

ドラマ冒頭で犯人に対してとった行動からなんか捕まっていた描写があったと思います。

犯人を手にかけたかどうかは分かりませんが、

犯罪を犯す可能性がかなり高い人物なんでしょうね。

そんで、物語の終盤には、井沢自身がミハンシステムのターゲットとなる

この展開は鉄板だと予想しています。

犯罪者自身が犯罪者を捕まえるって、まさしくアニメのPSYCHO-PASSまんまですね。

さらに桜木も井沢のことを知っているようなメモを残しています。

桜木を消したことにももしかしたら関与しているのかもしれませんね。

 

 

絶対零度 第4話あらすじ 視聴率は好調を維持できるか?

ここ最近低迷していた月9の救世主ですからね。

しっかり高視聴率を維持できるのか。

ドラマの内容も中だるみしないかに注目です。

ということで、絶対零度の第4のあらすじに参りたいと思います。

7/23追記

井沢(沢村一樹)たちは、「ミハン」がリストアップした危険人物・佐伯卓郎(小野了)の捜査を始める。

佐伯はわかば銀行勤続36年。妻に先立たれてからはアパートでひとり暮らしをしており、毎朝決まった電車で出勤し、定時に真っ直ぐ家に帰る、犯罪とは無縁そうな真面目な男だ。だがこの1年の間に多額の出金記録があり、預金残高はわずか。また前夜は、仕事終わりに西麻布の会員制バーに立ち寄っていた。

小田切(本田翼)は、行員としてわかば銀行に潜入。そこに、客を装って田村(平田満)もやってくる。その際、意外な事実が判明した。なんと佐伯は、田村の小学校時代の同級生だった。

そのとき、行内に銃声が鳴り響き、2人組の強盗が現れる。防犯カメラや通報ボタンの位置を熟知し、テキパキと金を詰め込んでいく強盗たち。しかし、ほどなく警察が駆けつける。外の車で待機していた共犯者が逃走。強盗犯は、小田切らを人質に行内に立てこもる。山内(横山裕)南(柄本時生)が予期せぬ事態に緊迫する中、監視カメラで佐伯の動きを注視していた井沢は、彼が強盗犯とアイコンタクトをとっていたことに気づく。
「佐伯は強盗が入ることを知っていた――」 危険人物である佐伯が、もし強盗を手引きしているとしたら、彼はいったい何をしようとしているのか!?
山内は、犯行グループの情報を捜査一課に渡すよう進言。しかし東堂(伊藤淳史)はそれを拒否し……。

絶対零度1話感想と2話あらすじ サイコパスの実写化みたい!

絶対零度2話感想・3話あらすじ 桜井(上戸彩)の伏線がヤバイ!

絶対零度4話感想と5話あらすじ 井沢の過去に気づく?桜井と関係が?

 

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

Sponsored Link
 

 - ドラマ , , , , , , , ,