チアダン2話感想と3話あらすじ 汐里(石井杏奈)の転校理由は?

      2018/07/20

Pocket

いよいよチアダンが始まりましたね。

さすが青春モノですね。

見ていて、またあの頃に戻りたいな~って思ってしまいました。

第1話の感想記事でも書きましたが、

土屋太鳳さんと広瀬すずさんってやっぱ少し似てるな。

ちょっと土屋太鳳さんの方がふっくらしてるけど。

広瀬すずさんも大人っぽい髪型で雰囲気が違ってこれもまたよかったです。

でもあれはカツラじゃないかな

第1話ではとりあえず初期メンバーはサクッと集めてしまい、

キーマンとなる学級委員長の麻子(佐久間由衣)不登校気味の茉希(山本舞香)が仲間になるのをこれからじっくりとやっていく感じですかね。

ということで、今回は、

チアダンの第2話の感想と第3話のあらすじについて書いていきたいと思います。

転校してきて、なんともグイグイ系の汐里(石井杏奈)ですが、

そもそもなんで東京から福井に転校してきたのでしょうか。

チアダン1話感想&2話あらすじ 土屋太鳳と広瀬すずは似てる?

チアダンの方言がひどい?かわいいが訛りに違和感満載の声が!

石井杏奈の妹もかわいい!彼氏の噂は?すっぴんはどう?【画像他】

チアダン広瀬すず 髪型ロングが大人っぽい!ショートからイメチェン!

チアダン佐久間由衣は演技が上手い!過去出演作は?ショートでかわいい!

チアダン堀田真由(稲盛望)がかわいい!コードブルーに出てた?

山本舞香の性格が悪すぎと言われる理由は?すっぴんは超かわいい!

それでは少しの間お付き合いいただければと思います。よろしくお願いいたします。

 

Sponsored Link
 

 

チアダン 第2話感想 太郎(オダギリジョー)の過去のトラウマとは?

まずは、チアダンの第2話の予告から、

汐里との出会いによりチアダンスへの隠れていた想いが爆発したわかばは、

チアダンス部を作るためにあと2人のところまでたどり着いていた。

学校にチアダンス部を認めてもらうために必要な2人、

不登校気味であった茉希の元へ再度訪れる汐里、

やたらと突っかかってくる学級委員長の麻子に何かを感じ話しかけるわかば。

そして、思わず顧問になると言ってしまった太郎。

生徒との距離が近くなりすぎないようにしていますが、

きっかけとなる過去のトラウマもついに明らかになります。

ということで、チアダンの第2話の感想に参りたいと思います。

7/20追記

またまた言いますが、

まさに青春ですね~。

あれだけ敵対していた委員長が意外にもあっさりチアダンスをやりたいと認めてしまったのには、

もうちょっと引っ張ってもよかったのにな~と思ってしまいましたが、

まあ無事残る2人の仲間が入ったのでよしとしましょう。

第3話からは、本格的にチアダンスの技術向上に向けて走り出しますね。

現役JETSの小倉優香さんが出てくるのを楽しみにしています。

チアリーディング部にいる後輩もいずれは仲間入りしそうな雰囲気ですね。

 

チアダン 感想 あらすじ

 

チアダン 汐里(石井杏奈)が転校してきた理由は?

いきなり東京から転校してきてチアダンスがしたいとぐいぐいの汐里、

周りの目も気にせず、

チアダンス未経験のメンバーに対しても厳しい言葉をかけてしまうが、

何故そこまでチアダンスに対して熱いのでしょうか。

HPのキャラクター紹介のところに説明が書いてありますが、

東京から福井西高校に転校してきた美少女。高校1年生の時に東京代表としてチアダンス大会に出場するも、自身のミスで「JETS」に敗北。そのため「打倒JETS」に燃え、わかばを誘い、チアダンス部を作ろうとする。悪気のない猪突猛進さで、やや協調性に欠けるが、やりたいことにはまっすぐ。

とのこと。

物語の中盤~終盤でJETSと対戦する時に汐里の過去についても触れられていくような気がしますね。

また、東京から福井に転校してきた理由ですが、

この自分のミスで負けたことが原因で転校となったのか。

普通に考えればさすがにそれはやりすぎだと思うので、

家庭の事情とか適当に理由を設定しているのでは予想します。

 

Sponsored Link
 

 

チアダン 第3話あらすじ 部員は8人揃うのか?

不登校気味の茉希と委員長の麻子を仲間に入れて

8人揃えてチアダンス部を無事つくることができるのか。

部を作るのにそこまで時間はかけないと思うんだけどな。

ということで、チアダンの第3話のあらすじに参りたいと思います。
チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜Blu-ray 豪華版(特典Blu-ray付 2枚組)【Blu-ray】 [ 広瀬すず ]

7/20追記

終業式で踊りきったわかば(土屋太鳳)、汐里(石井杏奈)、渚(朝比奈彩)、妙子(大友花恋)、穂香(箭内夢菜)、琴(志田彩良)の6人。あと2人揃わないと活動禁止という絶対絶命の状況の中、麻子(佐久間由衣)と茉希(山本舞香)が名乗り出て無事に部員が8人集まり、正式に部活として認められた西高チアダンス部ROCKETS(ロケッツ)。  顧問の太郎(オダギリジョー)のおかげで部室も見つかり、9月1日のチアダンス福井大会に向けて練習開始だ!と思いきや、わかばは夏休みの補習に追われ、麻子は塾、渚は陸上部、妙子はお店の手伝いで、なかなか8人揃わない。そんな状況に汐里は不満爆発!そんな中、太郎は「JETS」の指導方針をまねて自身の目標を書く“夢ノート”を部員分用意するが、いざとなったら渡せず8人の気持ちがバラバラのまま、チアダンス福井大会当日を迎えた。目標とするライバルの中央高校チアダンス部「JETS」の凄すぎるダンスを目の当たりにして緊張するROCKETS。
初舞台に上がる彼女たちは、現実の厳しさを知ることになる…。

 

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

Sponsored Link
 

 - ドラマ , , , , , , , ,