義母と娘のブルース1話感想&2話あらすじ かわいい子役は誰?

      2018/07/11

Pocket

2018年夏の新火曜ドラマである、

綾瀬はるかさん主演の「義母と娘のブルース」が始まりますね。

初回放送日は、

2018年の7月10日の夜10時スタートです。

様々な役柄を演じ分ける綾瀬はるかさんは今回は、

やり手キャリアウーマンが子持ちの男性と結婚して、

いきなり母親になる岩木亜希子を演じます。

お相手の男性役を演じるのは、

久々のドラマ登場になる竹野内豊さんです。

そして、物語のキーとなるのは、

竹野内豊さん演じる宮本良一の娘である宮本みゆきです。

みゆきの心を掴もうとする亜希子と亜希子を拒絶するみゆき。

亜希子が悩みながらも母親になろうと成長していく姿を描くホームドラマなのかな。

視聴率はずば抜けて高い数字になることはないのかなと思いますが、

安心してというかなんとなく気づいたら毎週見ているという、

幅広い層からリピートされるドラマになるんではないでしょうか。

前クールの坂口健太郎さんの「シグナル」とはイメージをガラッと変えてきました。

ということで、今回は、

義母と娘のブルースの第1話の感想と第2話のあらすじについて書いていきたいと思います。

宮本みゆきを演じているかわいい子役の女の子は一体どんな子なんでしょうか。

義母と娘のブルースのナレーションは誰?今後の出演予定は?

義母と娘のブルース2話感想&3話あらすじ 良一は病気か?

義母と娘のブルース 再婚した理由がマジで衝撃!原作通りなのか?

それでは少しの間お付き合いいただければと思います。よろしくお願いいたします。

 

Sponsored Link
 

 

義母と娘のブルース 第1話感想 義母として認められるにはまだ遠い…

まずは、予告動画から、

義母として認められようと、

子供に寄せていっては拒絶をされて悩む。

この繰り返しなんだろうけど、

何かのきっかけでバリバリのキャリアウーマンとしての本性が出るというか、

部下を指導するような一面を見せていくことで、

みゆきの気持ちが変化していくって展開なんですかね。

ということで、義母と娘のブルースの第1話の感想に参りたいと思います。

7/10追記

義母と娘のブルースの第1話見ました。

率直に意外と面白かったですね。

雰囲気的には、家政婦のミタ的な感じなのでしょうか。

綾瀬はるかさん演じる亜希子が超堅物のキャリアウーマンであったのが、

お母さん感を感じさせないですが、

気の強い宮本みゆきとのコンビネーションがとても良く見えますね。

これが中途半端に気さくであったりしたら面白さ半減かもしれませんね。

それにしてもこの亜希子という女性はマジで変わってますね。

このサイボーグみたいなキャラはある意味話題になりそうです。

「義母になるために」というストーリーだけでも成り立つんですが、

佐藤健の伏線でさらに興味をそそってきますね。

次週も楽しみです。

 

 

義母と娘のブルース 感想 あらすじ

 

義母と娘のブルース かわいい子役は誰?

宮本良一(竹野内豊)の娘である宮本みゆきを演じるかわいい子役は、

横溝菜帆ちゃん

といいます。

今回の義母と娘のブルースの子役に抜擢されるには、

総勢277名の中から6度のオーディションを勝ち抜いてきています。

2008年3月27日生まれなので10歳ですね。(2018年6月現在)

出身は神奈川、事務所はテアトルアカデミーです。

どんなテレビに出演していたのか調べてみましたが、

「時をかける少女」や「今からあなたを脅迫します」に出演されていたということですが、

んー…見てなかったからな。

CMにも出ていて、

ケンタッキーやマクドナルドのCMにも出演されていたようです。

どれもがっつりってことではなかったようなので、

今回のドラマをきっかけに人気が出るといいですね。

 

Sponsored Link
 

 

義母と娘のブルース 第2話あらすじ 佐藤健の役柄は?

謎の青年として佐藤健さんが出演されていますが、

佐藤健さんですからね。

ちょい役なんてことはないはず。

正体が何者なのかとても気になります

ということで、義母と娘のブルースの第2話のあらすじに参りたいと思います。

7/10追記

宮本家に引っ越してきた 岩木亜希子 (綾瀬はるか) と 良一 (竹野内豊)・宮本みゆき (横溝菜帆) 3人の生活がスタートする。亜希子は、良い母親になろうと奮闘するが、逆にその行動がみゆきの反感を買ってしまっていた。一度は採用を決めたものの、義母になることに再び反旗を翻すみゆきは、亜希子を追い出そうと、クラスメイトの ヒロキ (大智) と一緒にある作戦を考える。

一方、会社の女性社員を集めて、なにやらリサーチをかける亜希子。女性社員たちに子持ちの男性と結婚したことを公開すると、すぐに会社中に広まってしまう。その事実をまったく知らなかった部下の 田口 (浅利陽介) は、亜希子に自分の想いを伝えようと花束を持って颯爽と出社する…。仕事をこなしながらも変わらず母親になろうと努力を惜しまない亜希子。
だが、亜希子には自分の中に母親像がない。そこで、みゆきの母親・愛 (奥山佳恵) をコピーすることを思いつき、みゆきが母親とよく行った場所・作っていた料理など、一生懸命に研究する亜希子の姿を見て、拒んでいたみゆきも心が揺れ動き、複雑な気持ちになっていく…

 

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

Sponsored Link
 

 - ドラマ , , , , , , ,