日本代表が他力本願と言われる理由は?最善の策だったのか?【W杯】

   

Pocket

2018年ロシアワールドカップで見事日本代表が

決勝トーナメント進出を決めました!

見事なのか(笑)?

まあ、賛否が別れるところだとは思いますが、

まだ日本代表の試合が見れると見れないでは雲泥の差ですからね。

ポーランド戦には0-1で敗れはしましたが、

勝ち点、得失点差と同じセネガルとフェアープレイポイントと判断され、

ギリギリ日本がグループ2位となりました。

最後の約5分間の時間稼ぎのパス回しとボールを取りに来ないポーランド代表。

異様な光景でした。

女子でも同じような光景がありましたね。

なでしこジャパン 時間つぶしのパス回しは戦術?ラストが異様な光景!

ネット上では日本は他力本願だということで「他力本願」がトレンド入りする事態に。

批判する気持ちもよく分かりますが、

結果は結果ですからね。

決勝トーナメントに出場できたということが1番大きいです。

ということで、今回は、

他力本願と言われる日本代表について、

ポーランド戦の時間つぶしは最善の策だったのか、

個人的な感想も含めて書いていきたいと思います。

それでは少しの間お付き合いいただければと思います。よろしくお願いいたします。

 

Sponsored Link
 

 

日本代表が他力本願と言われる理由は?

日本代表が他力本願と言われていますが、

他力とは、

コロンビア代表のことですよね。

グループリーグで起きた事実を並べると、

・日本戦で開始早々にレッドカードで退場になり10名となる。

・結果的に日本に勝ち点3を献上することになる。

・セネガルを撃破

・時間つぶしのパス回しにポーランドが付き合ってくれた。

勿論、数的有利になりながらも格上のコロンビアに勝利し、

セネガル戦も先制されながらもきちんと追いつくなど粘り強い試合を見せてくれた日本が、

今までの日本ではないことは誰が見ても分かります。

ただ、ポーランド戦のフェアープレイポイントに望みをかけた時間つぶしのパス回し、

これがインパクト大きすぎて他力本願の感じがより鮮明に目立ってしまいましたね。

 

日本代表 他力本願

 

最後の時間稼ぎのパス回しは最善の策だったのか?

素人意見となってしまいますが、

会場からブーイングがかなり起こっていましたが、

勝つ(決勝トーナメント進出)確率が最も高い選択を西野監督はとったと感じています。

あのまま攻め続けていて点をとれる確率と、

守りというか時間つぶしにあてて、

セネガルが負けるに賭ける。

比べてみれば後者の方が確率として高いのは冷静に考えれば分かることなのかなと。

どちらもリスクをとることになりますけどね。

結果、その賭けに勝った西野監督はグループリーグ3戦通して、

「持っている」と評価してもいいのではないでしょうか。

 

 

日本の決勝トーナメントでの相手は?

予選を突破して、

ベスト16進出(決勝トーナメント進出)を決めた日本の次の相手はどこなのか。

グループGの1位が相手なので、

ベルギー又はイングランドのどちらかになります。

ベルギーがランキング3位でイングランドが12位

どちらになっても当然ながら格上ですね。

勝つのが当たり前な状況より、

不利な状況からの勝利ほど、興奮するものはありませんからね。

ぜひ日本代表の皆さんにはがんばっていただきたいです。

ということで、今回は、

日本代表が他力本願と言われる理由について書いてきました。

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

Sponsored Link
 

 - スポーツ , , ,