コロンビア速攻レッドカードの動画は?退場した選手は?今後が心配…

      2018/06/20

Pocket

大方の予想を覆し、

我らが日本代表がワールドカップ初戦でコロンビアに勝利!

勝ち点3を手に入れました。

見ていてヒヤヒヤしましたが形はどうあれ勝ちは勝ちです。

これはグループステージ突破も見えてきましたね。

今回の勝利ですが、

ポイントとなったのは間違いなく前半開始早々に起こった、

コロンビア選手のレッドカード退場

あれにはびっくりしましたが、

全てはあれから始まっていますね。

数的有利での勝利なので当然っちゃ当然という声も多く聞こえてきそうですが、

負けていたらどんなバッシングをされていたかと思うのとちょっと恐ろしいですね。

ということで、今回は、

ワールドカップ、コロンビア戦で起きたレッドカードについて書いていきたいと思います。

昌子源の姉が超美人!モデルで現在は女優!国籍は日本?【画像他】

それでは少しの間お付き合いいただければと思います。よろしくお願いいたします。

 

Sponsored Link
 

 

コロンビア戦での速攻レッドカードの動画は?

では、早速その問題の動画を見てみましょう。

ツイッターで投稿されていたのでそちらからちょいと拝借させていただきます。


ジャッジとしては故意的にということなのでしょう。

他の試合でもゴール前の競った状況下で腕にあたってしまいペナルティーキックとなることも多々ありますが大体はイエローカードですよね。

ハンドをした選手は本当に故意的だったんでしょうかね。

体を張ってゴールを守ろうとしてジャンプをした時に腕も上に自然と上がった。

という風にも見てとれますがね。

どちらにせよ、

レッドカードには日本を応援する立場ながらかなりの衝撃が走りましたね。

この後のPKもプレッシャーのかかる中、

香川選手が落ち着いてゴールを決めてくれました。

 

コロンビア レッドカード 動画

 

レッドカードで退場した選手は誰?今後が心配だけど…

レッドカードで退場したコロンビアの選手は、

カルロス・サンチェス選手です。

今回の退場は、

試合開始後なんと2分56秒のこと。

史上2番目に早い記録となってしまいました。

ちなみに1番早かった記録は、

最も早かったのは1986年メキシコ大会のウルグアイとスコットランドの一戦で生まれた開始1分でのものとなっている。

とのことです。

SNSでは、このカルロス選手を心配する声がかなり多くあがっています。

1994年にオウンゴールをしてしまった選手が、

帰国後あってはならない事件に遭ってしまったということです。

今回ももし、グループリーグを突破できなかったら…

 

 

日本代表はグループリーグ突破できるのか?

無事勝ち点3をもぎとった日本代表。

もしレッドカードがなかったらどうだったんだろうか。

それは考えない方がいいですが、

やはりフルの状態で比較したらFIFAランク格上のコロンビアが勝っていたのかもしれないと思ってしまいます。

グループHで対戦する相手は、

セネガル(27位)

ポーランド(8位)

です。

2敗してしまうと厳しいのかな。

どちらかと引き分け以上の結果を最低限残さないといけませんね。

運も実力の内といいます。

流れは日本代表にあると信じてグループリーグ突破を願いましょう。

ということで、今回は、

コロンビア戦の速攻レッドカードについて書いてきました。

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

Sponsored Link
 

 - スポーツ , , , ,