Missデビル6話感想&7話あらすじ 篠田麻里子がかわいい!

      2018/06/17

Pocket

Missデビルもそろそろ中盤を折り返し、

最終回に向けて動き出していますね。

未だに、序盤からの伏線である、

博史(佐藤勝利)と椿眞子(菜々緒)の過去についてはまだ全然明らかになっていません。

椿眞子の本当の狙いは、

自身の過去に関係があるであろうホテルの火災について。

その火災の被害のための保険金がおりなかったこと。

それに関わった人間に復讐をしようとしているんだなというところまでは

なんとなく想像できます。

第5話ではこのことを暗示させるかのように、

サブキャラである博史の同期の南雲の親の工場の火事に対しても保険金が出なくて、

家族がボロボロになったという話でした。

その保険金を出さないと決めたのが社長の大沢(船越英一郎)で、

大沢はどうやら椿眞子に関係するホテルの担当者でもあったようです。

どのように伏線を回収してくれるんでしょうかね。楽しみです。

ということで、今回は、

Missデビルの第6話の感想と第7話のあらすじについて書いていきたいと思います。

Missデビル5話感想と6話あらすじ 菜々緒のアレ見たさに現場は騒然?

それでは少しの間お付き合いいただければと思います。よろしくお願いします。

 

Sponsored Link
 

 

Missデビル 第6話感想 今度はマタハラ問題!

まずは、Missデビルの第6話の予告から、

Missデビルの第6話のテーマはマタハラですね。

唯香(篠田麻里子)が妊娠している社員役で周りの女性社員からの冷たい目により、

マタハラを受けていてストレスでダウンしてしまうという話です。

子育て支援制度を推し進める部長の寺田は休ませずに仕事を優先させようとして、

課長とバトル勃発。

博史は部長の寺田をリストラ対象とするが、

今までのパターンですと、部長ではなく、

ゲスト出演の唯香(篠田麻里子)に何やら裏があるパターンではないでしょうか。

ということで、Missデビルの第6話感想に参りたいと思います。

5/20追記

Missデビルの第6話見ました。

マタハラをテーマとして回でしたが、

さすがに今回は現実でこのようなことが起こっていたら、

さすがに大問題でしたね。

唯香は妊娠して辞めたかったけど、

自身の手柄のために無理矢理働き続けさせていたってオチでした。

さらには、妊娠していない人に対してのパワハラ発言。

さすがにこの上司は言語道断ですね。

椿眞子に回し蹴りをくらっても仕方ないです。

そして、博史の父が嘘をついての博史の会社に登場。

椿眞子も絡む斧ケ崎のホテルの火事に博史も関わっているのか。

そろそろ謎の伏線が回収される時ですかね。

 

Missデビル 感想 あらすじ

 

Missデビル 篠田麻里子がかわいい!

Missデビルの第6話のゲストは篠田麻里子さんですね。

久しぶりにドラマで篠田麻里子さんを見た気がします。
麻里子 篠田麻里子写真集 [ 曽根将樹 ]
ネットでは、

少し太った?なんて言われていますが、どうでしょうか。

でも、これは菜々緒さんが隣にいるからそう思うのではないでしょうか。

今日はティアラさん🙄🎃朝早かったのでそろそろお昼寝タイム😚😚

shinodamarikoさん(@shinodamariko3)がシェアした投稿 -

前髪がないバージョンの篠田麻里子さんもとてもかわいいですね。

演技力は少し不安ですが、

そこまで高い演技力を資料者が求めているわけではないドラマですからね。

 

Sponsored Link
 

 

Missデビル 第7話あらすじ 伏線の回収!

椿眞子の過去については、

なんとなく見えてきた感じですが、

見えないのが、

博史の過去ですね。

会社と父親と博史。

変な三角関係がであかっています。

ということで、Missデビルの第7話のあらすじに参りたいと思います。

5/20追記

博史(佐藤勝利)が眞子(菜々緒)から指定された新たな研修先は、昨年設立されたばかりのCFD。顧客の利便性を高めるためにリーダーの甘露路(袴田吉彦)をはじめ各部署のエリートが集結した部署で、業界内でも注目を集めていた。そんな精鋭たちの働きぶりを学ぶのが、今回の博史のミッションだ。膨大な仕事量をこなしているはずなのに、CFDの部員が定時で退社していく裏には何かあるのではないか…と疑う千紘(木村佳乃)。そんな中、博史の指導担当の里中(永岡佑)が突然倒れてしまった。里中と同期入社の沖津(和田正人)は、定時退社しているはずの里中がほとんど自宅に帰っていないことを疑問視。博史は、CFDが隠れて仕事をしている“残業アジト”を突き止めるよう命じられる。共亜火災の顧客だったホテルの火災事件以降、支配人の鬼頭が姿を消していることを当時担当者だった大沢(船越英一郎)にほのめかす喜多村(西田敏行)。一方、修(鶴見慎吾)と電話で話した博史は、父が何か隠していることを直感し…。そんな中、CFDの“残業アジト”の所在が判明。博史が荷物のフリをしてアジトに潜入することになるが、千紘と眞子が甘露路たちに拘束されてしまう!!

 

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

Sponsored Link
 

 - ドラマ , , , , , ,