アリナミンとQPコーワどう違うの?こんな方におすすめ!

   

Pocket

こんにちは。今回はアリナミンとQPコーワの違いについてお話します。

これらはドラッグストアなどで購入できるビタミン剤になります。

2つとも有名な商品でTVCMでもよく見かけますね。

 

店頭での接客でも「どう違うのか?どっちがいいのか?」とよく質問を受けます。

私の個人的な見解にはなりますが、その違いについてお伝えします。

 

まず、どんな時に使うものなのか?

最も一般的な用途としては、肩こりや腰痛、疲れです。

慢性の肩こりや腰痛、毎日の仕事での疲れ。そんな症状にお悩みの方におすすめとなります。

 

ではどのように使いわけるのか?

アリナミンは、「肩こりや腰痛」にお悩みの方におすすめです。

何故かというと、

アリナミンの構成成分のメインが「ビタミン」であるということにあります。

配合されている代表的なビタミンとして、

ビタミンE:血液の流れをよくします。血行不良は肩こりや腰痛の原因の1つと言われています。

ビタミンB群:疲れやコリの原因となる物質を溜まりにくくします。

ビタミンB12:傷ついた神経を修復してくれます。神経が傷つくと神経性の痛みを生じてきます。

があります。

疲れやコリの原因となる物質を血行を良くしつつ溜まらないようにし、神経の修復もすることで肩こりや腰痛の症状を軽減してくれます。

 

QPコーワは、「疲れ」にお悩みの方におすすめです。

QPコーワにもビタミンは配合されていますが、メインとなるのは、

「生薬」成分になります。

この生薬成分が滋養強壮の働きをしますので、

肩こりや腰痛というよりかは、疲れを気にされている方に向いています。

 

この違いを知っているだけでどちらを選べばいいのかの悩みは解消されるのではないでしょうか?

また、アリナミンはアリナミンの中で、QPコーワはQPコーワの中で種類がいくつかあるのですが、これは価格で見てもらい、高いものほどいい成分が入っている。高い効果が見込めるという認識でいいかと思います。

 

幸運にも私は肩こりという症状を感じたことがありません。

肩もみされても全然固くないといつも言われます。

温泉などの熱いお湯に浸かると、コリがひどい方はとても気持ちいいとのことですが、

私は、多少気持ちいいけど熱いことに耐えられずすぐ出てしまいます。

温泉とかにあまり魅力を感じないです。

一方、嫁の肩はガチガチで凝り固まっているようで、お金払ってマッサージをよく受けています。お風呂も入ると中々出てこないですね。よく熱いお湯あんなに長く浸かっていられるもんだなとよく思っています。

 

関係ない話は置いといて、

アリナミンとQPコーワの違いについて、簡単な説明ではありましたが、

ご参考にはなりましたでしょうか?

肩こりや腰痛なのか?疲れなのか?で選んでみてください。

Sponsored Link
 

 - 未分類