コンフィデンスマンJP5話感想・6話あらすじ ダー子が色っぽい!

      2018/09/29

Pocket

ここ最近の不調の月9の流れを払拭してくれることを期待される、

長澤まさみさん主演の「コンフィデンスマンJP」、

気になる視聴率ですが、

第1話は9.4%と上々のスタートを切りましたが、

第2話は7.7%と急降下し、やはり月9の悪い流れはそう簡単には払拭できないのか…

と思いきや、第3話で9.1%とV字回復を思わせる盛り上がりを見せています。

この乱高下ですが、

今回のコンフィデンスマンJPは1話完結型となっており、

毎回ゲストキャストが騙され役に回ります。

そのキャスト俳優や設定に数字が大きく左右されているのではないかと思われます。

行き当たりばったり感がいいのか悪いのかよく分かりませんが。

第5話では、サプライズに山田孝之さんが出演されるということなので、

自然と視聴率アップの期待感が持てますね。

第4話では、長澤まさみさん演じるダー子の変装が美人中国女優で、

その衣装などやたらと色っぽかったのもいい要因かと思われます。

ということで、今回は、

コンフィデンスマンJPの第5話感想と第6話あらすじについて書いていきたいと思います。

コンフィデンスマンJP4話感想と5話あらすじ ボクちゃんがかわいい!

それでは少しの間お付き合いいただければと思います。よろしくお願いします。

 

Sponsored Link
 

 

コンフィデンスマンJP 第5話感想 山田孝之の存在感が大きい!

コンフィデンスマンJPの第5話ですが、

今回のテーマは、

スーパードクター編となります。

ターゲットとなるのは、

野々宮総合病院理事長の野々宮ナンシー(かたせ梨乃)と

ナンシーの息子でもある外科医の新琉(永井大)です。

新琉がスーパードクターとして注目を集めているが、

実は手術の多くは別のドクターが担当していて、

特に難しい手術は田淵というドクターが担当している。

そんな田淵があまりにもヒドイ待遇に痺れをきらし、

過去に虫垂炎で入院したリチャードの担当だったこともあり、

ダー子達のターゲットとなるという流れです。

物語後半でキーパーソンとして、

山田孝之さんがゲスト出演されますが、

あの大きい存在感でどんな役柄を演じるのか楽しみですが、

存在感大きすぎてバランスが崩れないか少し心配です。
【ポイント5倍】MARO(マーロ) 薬用デオスカルプトリートメント[山田孝之・CM]

ということで、コンフィデンスマンJPの第5話の感想に参りたいと思います。

(感想まもなく加筆公開します)

 

コンフィデンスマンJP 感想 あらすじ

 

コンフィデンスマンJP ダー子(長澤まさみ)が色っぽい!

コンフィデンスマンJPの第4話では、

ダー子(長澤まさみ)が美人中国人女優に扮しましたが、

やたら色っぽかったですよね。

長澤まさみさんも気づけばもう30歳です。

いい歳のとり方をしているというか、

大人の色気がムンムンですね。

ほうれい線が…なんてネット上では書かれていますが、

全然色っぽくておばさん感ゼロですね。

今まで1番見入ってしまった変装でした。

 

Sponsored Link
 

 

コンフィデンスマンJP 第6話あらすじ 今度のゲストは誰?

コンフィデンスマンJPの第5話では、

山田孝之さんという必殺技を出してしまったので、

第6話のゲストがちょっと…だと反動が大きそうです。
緊急生放送!山田孝之の元気を送るテレビ【Blu-ray】 [ 山田孝之 ]

どんな方がゲストに起用されるのか楽しみです。

ということで、コンフィデンスマンJPの第6話のあらすじに参りたいと思います。

 

(あらすじまもなく加筆公開します)

 

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

Sponsored Link
 

 - ドラマ , , , , , ,