サッカーの新ルール「シン・ビン」の由来や意味は?導入時期は?

   

Pocket

どうやら、イギリスの方で、

サッカーに新ルールが導入されるのではないかという動きがあるようです。

その新ルールは「シン・ビン」と呼ばれています。

新ルールの「シン・ビン」?

サッカーのルールを思い浮かべてみると、

ハンド!と言ったらボールを手で触れた。

これは凄く分かりやすいですね。

オフサイド!は、サイドをオフった。

サッカーに全然詳しくない人にとってはこのルールの意味もよく分からないのかもしれないですね。

オフサイドとは、進入禁止エリアのことを言い、

そこに選手が侵入してプレイすること反則となるってことですね。

まあ、説明されると言葉の意味は通じなくはないですかね。

ところが、今回導入の噂があるサッカーの新ルールである、

「シン・ビン」

全く想像もできない言葉ですね。

ということで、今回は、

サッカーの新ルール候補である「シン・ビン」の由来や意味について書いていきたいと思います。

それでは少しの間お付き合いいただければと思います。よろしくお願いします。

 

Sponsored Link
 

 

サッカーの新ルール「シン・ビン」ってどうなルール?

「シン・ビン」ってどんなルールなのか、

ゲキサカには以下のようにあります。

「シン・ビン」制度は既にラグビーやアイスホッケーなどで導入されているルールで、サッカーではこれまで警告のみだったイエローカードだが、今後は一時的に退場処分になるという。国際サッカー評議会(IFAB)は2年前からノッティンガムシャーの下部リーグで「シン・ビン」を導入したテストを行っており、イエローカードを提示された選手は10分間の退場処分になっている。

なるほどな~って感じですね。

イエローカードをもらったら一時的に退場となるってルールなんですね。

一時的にでも退場となれば、

選手が退場となったチームはかなり不利になりますからね。

プレーの質の向上に繋がるのかもしれませんね。

 

サッカー 新ルール シン・ビン

 

サッカーの新ルール「シン・ビン」の由来は?

サッカーの新ルールの「シン・ビン」の意味についてはよく分かりました。

では、「シン・ビン」という言葉の由来は一体何なのでしょうか。

調べてみた所、

英語では sin bin と綴ります。
sin は「罪」、
bin は「蓄える箱・置いておく場所」

ではないかという情報がありました。

この「シン・ビン」というルールは、

ラグビーで採用されているルールのようで、

危険なプレーをした選手が一時的に退場となるということで既に取り入れられているようです。

ラグビーについては、五郎丸選手のおかげもあり、

一時的に野次馬根性で試合をちょくちょく見るようになりましたが、

詳しいルールに関してはお恥ずかしながらちんぷんかんぷんでした。

 

Sponsored Link
 

 

サッカーの新ルール「シン・ビン」の導入時期は?

サッカーの新ルールの「シン・ビン」の導入時期について考えてみましょう。

こちらについては、

「将来的に導入はほぼ確実」

とも言われているようで、

2020年までにかけて検証をどんどん増やしていくということです。

そうなると、

早ければ2020年ー2021年シーズンとかにも導入になったりするのかな。

2018年のロシアワールドカップには間に合いませんが、

2022年のワールドカップにはもしかしたら導入になっているのかもしれませんね。

ということで、今回は、

サッカーの新ルールである「シン・ビン」について書いてきました。

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

Sponsored Link
 

 - スポーツ , , , , ,