カーリング男子はイケメン揃いだが苦労人だった?五輪までの道は?

   

Pocket

平昌オリンピック、

日本人のメダル獲得に皆さん大きな関心を持っていますよね。

金はまだなのか、銀惜しかった、銅おめでとう、

など、

当然のことながら、

日本代表選手が表彰台に登る姿を楽しみにしていますよね。

そんな中、

1勝に沸く競技があります。

その競技は、男子カーリングです。

私も恐縮ながら、大会が始まるまで全くのノーマークでした。

女子カーリングは以前からメディアに取りだたされたりしていましたが、

男子はどうでしょうか?

今まで注目を浴びたことはほぼなかったのではないでしょうか。

そんな男子カーリング日本代表が、

世界ランキング第3位のノルウェーを破ったということで大きな注目を浴びています。

私も便乗していろいろ調べてみましたが、

男子カーリングの代表選手が皆さんハンサム、イケメンですよね。

そして、主将である両角友佑選手から語られた

オリンピックまでの道のりが険しく、

みなさん苦労人であったことが分かりました。

今回はそんな男子カーリングについて書いていきたいと思います。

それでは少しの間お付き合いいただければと思います。よろしくお願いします。

 

Sponsored Link
 

 

カーリング男子のメンバー紹介 選手はイケメン揃い!

カーリング男子のメンバーを紹介します。

両角友佑 チームの司令塔です。

生年月日 1985年1月16日
年齢 33歳
出身地 長野県
身長/体重 177cm / 76kg
最終学歴 金沢大出
所属 SC軽井沢ク

 

両角公佑 両角友佑の弟です。

生年月日 1988年7月27日
年齢 29歳
出身地 長野県
身長/体重 165cm / 68kg
最終学歴 国際武道大出
所属 SC軽井沢ク

平田洸介

生年月日 1992年5月1日
年齢 25歳
出身地 北海道
身長/体重 184cm / 80kg
最終学歴 北見工大大学院出
所属 SC軽井沢ク

山口剛史

生年月日 1984年11月21日
年齢 33歳
出身地 北海道
身長/体重 174cm / 75kg
最終学歴 青森大出
所属 SC軽井沢ク

清水徹郎

生年月日 1988年2月10日
年齢 30歳
出身地 長野県
身長/体重 180cm / 72kg
最終学歴 駿河台大出
所属 SC軽井沢ク

以上の5名です。

みなさんハンサムでイケメンですよね。

特に、人気になっているのが、司令塔である両角友佑選手の弟である、

両角公佑選手です。

かわいい系の顔立ちで年上の女性から好かれそうですね。

 

カーリング 男子 イケメン

 

カーリング男子のイケメンメンバーは実は苦労人だった?

今大会で初勝利を飾った、

カーリング男子はかなりの苦労人だったようです。

まず、オリンピックの出場は、

自力では初めてになります。

長野五輪で開催国出場した時に観客席にいたのが司令塔の両角友佑選手

ということです。

こんなマンガみたいな話ってどんなスポーツでも実際にあるんですね。

小さい頃見ていた選手やプレーに憧れて、プロ(オリンピック)を目指して、

十数年後に実際にその場に立つ。

少年少女の憧れってスゴイですね。

話は戻しまして、

なんで苦労人だったのかというと、

しばらくはスポンサーがなかった

ようなんです。

なので、遠征費などほとんどを自分たちで工面していたようです。

どれくらいの費用がかかるかわかりませんが、

20代の大学生が諦めずにオリンピックを目指し、

アルバイトしながらお金を貯めて、地道に練習して大舞台にやっと立つ。

これまたマンガみたいな話ですよね。

今はしっかりスポンサーがついているようです。

 

Sponsored Link
 

カーリング男子 司令塔の両角友佑の言葉が素晴らしい!

自分たちの手でオリンピック代表の座を掴んだ、

カーリング男子のメンバーですが、

謙虚な心を忘れていません。

司令塔である両角友佑選手の言葉がそれを物語ります。

「あくまで僕は、ですけど。勝てなかった時代イコール苦しかった時代では決してないんですよ。メディアの方々は負けている時期を苦労話にしたがるけれど、当時もけっこう恵まれていた気がします。だってカーリング、ずっと続けてこられたんですから。それが一番、ありがたい。『頑張れよ』と声をかけてくれた人も遠征代をカンパしてくれた人もいる。苦労したことよりそういう人たちがいてくれたことが財産ですね」

なんていい人なんだ。

かなり好印象ですよね。

本当にカーリングが好きなんでしょうね。

ノルウェー戦の後のイギリス戦は残念ながら僅差で敗れてしまいましたが、

十分に世界に通用するのではないでしょうか!

まだまだこれからですので、

カーリング男子を全力で応援したいと思います!

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました。

Sponsored Link
 

 - スポーツ , , ,