郷亜里砂の妹や家族は?幼少期から鍛え続けた父の教えとは?

      2018/05/29

Pocket

平昌オリンピック盛り上がっていますね!

2月12日に行われた男子モーグルで原大智選手が日本人第1号のメダルを獲得しました!

それに続いて、

女子スピードスケート1500mで高木美帆選手が銀、

女子スキージャンプノーマルヒル個人で高梨沙羅選手が銅と

日本に3つのメダルをもたらしました。

それに続くように、

男子ハーフパイプでは、平野歩夢選手、片山来夢選手、戸塚優斗選手が決勝進出を決めました。

決勝が楽しみですね。

男子ハーフパイプ決勝と同日に行われる、

女子スピードスケート1000mでは小平奈緒選手、高木美帆選手、郷亜里砂選手が出場します。

その中で今回は郷亜里砂選手にスポットをあててみたいと思います。

郷亜里砂選手の妹や家族について、幼少期から鍛え続けてきた父からの教えについて、

今回は書いていきたいと思います。

それでは少しの間お付き合いいただければと思います。よろしくお願いします。

 

Sponsored Link
 

 

郷亜里砂の家族構成は?妹も選手なのか?

郷亜里砂選手の家族構成について、

父の季良さん、母の和代さん、兄の和宏さん、妹の真璃那さん、そして亜里砂さんの5人家族

とのことです。

平昌オリンピックに出場している選手の中には兄弟(姉妹)で代表になっている選手も多いですよね。

スピードスケートの高木美帆、高木菜那姉妹やノルディックの渡部暁斗、渡部善斗兄弟が有名ですよね。

高木美帆が可愛い!妹の高木菜那は?化粧や私服画像も発見!

渡部暁斗 兄弟で代表だが実績の違いは?両親は選手だった?

もしかしたら、

郷亜里砂選手の妹の真璃那さんも選手なのかな?

ということで調べてみましたが、

詳しい情報は載っておらず、

選手であれば、少なからず情報はあるはずですからね、

出身が北海道ということで、昔よくスキーやスケートをやっていた。

ということはありそうですが、

選手としてということは可能性がかなり低いのではないかと思います。

 

郷亜里砂 妹

 

郷亜里砂 幼少期から鍛え続けてきた父からの教えとは?

郷亜里砂選手は幼少期、小学1年の頃から氷の上に立っていたようです。

娘の才能を感じていた父が娘に徹底して教えていたのは、

「フォーム」ということ。

「少年団でも、みんなより一段低かった。低くするのには力を抜きなさいと」。経験者である父仕込みの低いフォームで、一緒に始めた友人が競技を断念するほど地元では断トツの強さにまでなった。

郷亜里砂選手はこの父からの教えである、

低いフォームを徹底して鍛え続けてきたようです。

ライバルに勝ち、新たなライバルを見つけて勝つために努力する長女。マイナス20度の世界で鼻水を垂らしながら特訓もした。高学年になり父は釧路まで1時間半も車を飛ばしショートトラックの練習。大学3年まで“二刀流”を貫いた。これがコーナーを得意とする原点だ。

ともあります。

郷亜里砂選手に限らず、

代表選手のご両親の努力ってすごいですよね!

ご自身のお仕事などもきっとあるだろうに、

子供の将来のために、今となっては代表になってメダル候補にもなっているからいいですが、

当初はそんな確証なんて何もないのに、

多くの時間を割いて子供のために尽くす姿は尊敬に値しますね。

 

Sponsored Link
 

 

郷亜里砂は実力だけでなく容姿もかわいいと話題!

郷亜里砂選手はそのかわいい容姿の持ち主であるということでも話題です。

ほぼノーメイクのすっぴんだと思いますが、

小動物系のかわいらいいお顔ですね。

こう見えて、

郷亜里砂選手は30歳なんですよー。

全然見えませんね!

ということで、今回は郷亜里砂選手に書いてきました。

女子スピードスケート1000mでは日本人選手の表彰台独占が見てみたいですね!

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました。

Sponsored Link
 

 - スポーツ , , ,