欧州出身で優勝した3人の力士は誰?現在は何している?【画像他】

   

Pocket

最近の大相撲界は不祥事が続いていますね。

ここ数ヶ月、連日報道番組で相撲界のニュースばかりですよね。

貴乃花親方騒動はちょっともう飽きたかな。

と思っていたところ、

久しぶりに嬉しいニュースが入ってきましたね。

春日野部屋の幕内である栃ノ心が大相撲初場所で優勝を飾りました!

こういった新しいヒーローの誕生は、

悪いイメージがついてしまった、

大相撲界にとって、とてもいい出来事ですね。

栃ノ心の優勝のニュース内では、

「欧州出身力士で優勝したのは3人目」という内容がありました。

過去の優勝経験のある欧州出身の3人の力士とは一体誰なんでしょうか。

今回は、その3人の力士について、現在は何をしいているのかについて書いていきたいと思います。

それでは少しの間お付き合いいただければと思います。よろしくお願いします。

 

Sponsored Link
 

 

欧州出身で優勝経験のある力士 1人目は?

欧州出身で優勝経験のある力士の1人目は、

琴欧州

です。

ブルガリア共和国ヴェリコ・タルノヴォ州ヴェリコ・タルノヴォ市出身です。

2008年5月場所で欧州出身力士としては史上初の幕内優勝を果たしています。

2014年10月4日両国国技館で引退相撲と断髪式が行われています。

琴欧州の現在は、

現在は第15代年寄の鳴戸勝紀で鳴戸部屋の師匠です。

優勝したのも初めてですが、

日本に帰化したのも欧州力士としては初となります。

琴欧州が欧州勢の目指す目標となっているんですかね。

 

 

欧州出身で優勝経験のある力士 2人目は?

続いての欧州出身で優勝経験のある力士は、

把瑠都

です。

エストニア共和国のラクヴェレ市出身です。

2012年の1月場所で幕内優勝を果たしています。

イケメン力士として話題になりましたね~。

優勝を果たしていますが、

怪我に悩まされたこともあり、相撲界を引退しております。

そんなイケメンの把瑠都の現在は、

実業家として様々な活動をされているようです。

旅行会社や宿泊施設運営などをしているとか。

総合格闘家としてミルコ・クロコップと対戦した過去もありますが敗れています。

年末の総合格闘技の特番は、

意外な組み合わせの対戦があって毎年楽しみですよね。

2017年は久しぶりにボブサップがでてましたね。

 

 

欧州出身で優勝経験のある力士 3人目は?

欧州出身で優勝経験のある3人目の力士は、

今回のニュースで話題となっている、

栃ノ心

です。

ジョージア・ムツヘタ出身

一緒にうつっているのはお嫁さんのニノさんです。

現在は、言わなくてもわかりますが、

相撲頑張ってます!

昨今の暗い印象の相撲界を照らす一筋の光になってほしいものです。

相撲といったら、

モンゴル出身の力士の活躍が注目されますからね。

モンゴルの場合は、モンゴル相撲という国技があるので強いのは分かりますが、

ヨーロッパ出身ですと、

何がきっかけで相撲を始めたのか気にもなります。

調べてみるとどうやら、

もともとは柔道とサンボをやっていたようで、

たまたま出場した相撲大会で入賞したのがきっかけのようです。

何がきっかけになるのか分からないものですね~。

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました。

Sponsored Link
 

 - スポーツ , , , , , ,