草津白根山の過去の噴火情報や被害は?規制はいつまで続くのか?

   

Pocket

大雪でてんやわんやしている中、

立て続けに驚きのニュースが飛び込んできましたね。

群馬県にある草津白根山が噴火しました。

白根山の噴火って過去にもあったんですかね。

気になったので調べてみました。

白根山の噴火ということで騒がれていますが、

正式には白根山ではなく、

本白根山の近くにある、

鏡池付近を火口としているようですね。

今回は、白根山の過去の噴火情報や被害状況、

規制がいつまで続くのかについて書いていきたいと思います。

それでは少しの間お付き合いいただければと思います。よろしくお願いします。

 

Sponsored Link
 

 

草津白根山の過去の噴火情報や被害状況は?

今回の草津白根山の噴火について、

噴火の瞬間の映像がありましたのでご紹介します。

この人危ないんでないかい・・・

早く逃げたほうが・・・

草津白根山の過去の噴火情報がありました。

200年以上前に水蒸気噴火を起こしており、

樹木がやられるという甚大な被害が起こっていたそうです。

それ以降しばらくおとなしかったのですが、

1982年と1983年に小規模な水蒸気噴火が起こっていたようです。

半径1km範囲内に噴石の被害が出ていたようです。

どうやら人への被害は出ていないようですね。

今回は警戒レベル3ということで、

半径2km立ち入り禁止の規制がはられているので、

白根山史上では1番規模の大きいものになるということなんですかね。

自衛隊の隊員が1名犠牲になってしました。

49歳の曹長の方ということで、とても残念です。

重体の方もいるということで緊張感が引き続き張り詰めています。

 

草津白根山 噴火

 

草津白根山の現在の噴火警戒レベルは?規制内容は?

草津白根山は現在、

噴火警戒レベル3となっております。

入山規制

です。

ちなみに、

レベル1は、活火山であることに留意

レベル2は、火口周辺規制

となり、

最大のレベル5は、避難となります。

火口とされる、

鏡池から半径2kmの範囲で入山規制となっております。

草津にお住まいの方や、温泉で訪れる方はとても心配ですよね。

半径2kmなので、温泉街まではかなり距離があるので、

今のところ温泉街までの被害はないだとうとされていますが、

相次いでキャンセルが発生しているようですね。

まあ、私でもそうしますけどね。

無理して噴火した近くに行くことはしないと思います。

噴火といえば、

こないだ、クレイジージャーニーで

滝沢秀明さんが火山マニアとして出ていましたね。

タッキー何やってるんだって感じでしたが、

知識もしっかりしているし、マグマ見て大興奮している様子を見ると本当に火山が好きで

ハマっちゃってるんだろうなー。って思いました。

確かに人間を引きつける何かがあるのはなんとなく分かっちゃったりします(笑)

 

 

草津白根山の規制はいつまで続くのか?過去の噴火から予想してみた

今回の草津白根山の入山規制ですが、

いつまで続くのか。

これに関しては、正確なことは全く分からないですが、

過去の噴火情報から大体どれくらいなのか予想をしてみました。

草津白根山と同様に噴火警戒レベル3になった噴火で見てみると、

2015年9月に警戒レベル3、

その後、2016年7月までかかってようやく規制を一部解除している記録がありました。

なので、少なく見積もっても、

1年位は入山規制がかかるのではないでしょうか。

神奈川県の箱根の話です。

ひとまず山頂に取り残された人々は全員救助されたということですが、

緊迫した状況は続きそうなのでお近くに行かれる方は注意してくださいね。

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました。

Sponsored Link
 

 - 話題 , , , , , ,