平岡卓の目が茶色なのはカラコン?子供の頃や父親は?【画像】

   

Pocket

2018年平昌オリンピックの男子スノーボードの代表枠4名が確実となりましたね!

1月20日に行われた、

スノーボードのワールドカップの出場した、

戸塚優斗、平岡卓、片山来夢の3名ですね。

一足先に代表を決めていた平野歩夢を含めて4名となります。

今回は、このオリンピック代表4名の中から、

平岡卓選手にスポットをあててみたいと思います。

平岡卓選手の目が茶色いっぽいですよね?

裸眼なのか、カラコンなのか気になりましたので調べてみました。

また、稼いだ賞金でスケートパークを設立したとか。

その辺りについて書いていきたいと思います。

それでは少しの間お付き合いいただければと思います。よろしくお願いします。

 

Sponsored Link
 

 

平岡卓選手の目が茶色なのはカラコンなのか裸眼なのか?

平岡卓選手の目ってちょっと茶色いですよね。

これは裸眼なのかカラコンなのでしょうか。

「平岡卓 目」の画像検索結果

確かにちょっと茶色いですよね。

カラコンなのか?ということで調べてみましたが、

おそらく、カラコンではありません

裸眼、元からこの目だと思います。

その答えは子供の頃の画像にありましたので次で紹介しますね。

私は平昌オリンピックの中で、

スキーよりも、スノーボードに期待感を寄せています。

個人的な見解となってしまいますが、

スキーとスノーボードって若者にどちらが人気ありそうかというと、

スノーボードではないですかね。

若者のスノーボード競技人口もきっと物凄い数ですし、

その母体が多ければ多いほど、有能な選手が出て来る確率が高くなると思っています。

なので、この4名は選ばれし代表選手となりますので、

かなりメダルの期待は高いのではないでしょうか?

勿論、日本に限らず、外国でもスノーボード人気は高いですから、

ライバルのレベルも高くなるんですけどね。

 

 

平岡卓の子供の頃の目は?父親とも似ているのか?

平岡卓選手の目が茶色いのはカラコンではなく裸眼であるとお話しましたが、

その根拠は子供の頃の画像にあります。

どうでしょうか?

子供の頃から目が茶色いですよね。

流石に子供の頃からカラコンなんてことはないので、

生まれつき。

という結論に至りました。

ちなみに、平岡卓選手のお父さんですが、

お父さんと似てますね。

目の色に関しては、ちょっとわかりづらいですけど・・・

 

Sponsored Link
 

 

平岡卓選手は賞金でスケートパークを設立した!その理由は?

平岡卓選手ですが、

今まで稼いだ賞金を使って、スケートパークを設立したそうです。

地元の奈良県御所市にある「御所スケートボードパーク(GSP)」というところです。

設立したきっかけですが、

ご自身の過去の体験にあるようで、

父親の賢治さんは、子供である平岡卓の才能の芽を伸ばしてやりたいという想いから、

夏はサーフィンへ、冬はスキーへとさまざまな体験をさせてきた。

冬の週末は金曜日の夜から車で片道200kmを、節約のために高速を使わずに5時間かけてスキー場へ通ったそうです。

これを8年間続けてきた。

お父さんスゴイですね。

この努力が実って、息子さんがオリンピック選手となれたので、

達成感はあるのでしょうかね。

そんな大変な想いをさせたくないということからスケートパークの設立に至ったようです。

立派です!

ぜひ、平昌オリンピックで輝かしいメダルを獲得してほしいですね!

今回は平岡卓選手について書いてきました。

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました。

Sponsored Link
 

 - スポーツ , , , , , ,