斎藤学 怪我したのはいつで対戦相手は?激しくマークした選手は?

   

Pocket

現在怪我をしてリハビリ中である、

横浜F・マリノスの「斎藤学」選手が移籍を発表しました。

移籍先は、川崎フロンターレということですね。

このニュースに、横浜F・マリノスのファンの方たちは同様を隠しきれないようです。

怪我によってシーズンの大半を休んでいる状態でしたが、

横浜F・マリノスの側は、残ってくれるようお願いをしていたようですが、

斎藤学選手本人の意思により移籍が決まったようですね。

契約に乗っ取ってのことだと思いますが、

怪我により休みながらも移籍を決めた心中が気になるところではありますが、

そこは本人にしか分からない部分になりますからね。

今回は、現在リハビリ中ということで、

怪我をした当時のことについて少し振り返って書いて行きたいと思います。

それでは少しの間お付き合いいただければと思います。よろしくお願いします。

 

Sponsored Link
 

 

斎藤学について

怪我をした当時のことを書く前に、

まずは斎藤学選手について簡単に説明をしたいと思います。

斎藤学

1990年4月4日 現在27歳

神奈川県川崎市出身

身長169cm

体重68kg

ポジションはフォワード、ミッドフィールダー

川崎市立川崎高等学校卒業

引用元 ウィキペディア

斎藤学選手は、8歳で横浜の下部リーグに入ってから約18年間

ずっと横浜でサッカーをプレイしてきています。

これってスゴイですよね。

人生の半分以上を横浜のチームでプレイをしているんですからね。

今回の移籍は斎藤学さん本人にとって、かなり大きな出来事なんだと思いますね。

日本代表に選ばれた経験もあり、

2012年のロンドン五輪で日本代表に選出。

翌年、2014年のワールドカップでも日本代表に選出されるも出場の機会はありませんでした。

2018年、待ち遠しいロシアワールドカップにも代表メンバーとして招集されています。

だったんですが、

2016年の9月、試合中の怪我で右膝前十字靭帯損傷、全治8カ月で現在リハビリ中となっております。

まあ、スポーツ選手にとって、怪我はつきものとはいうものの、

全治8ヶ月はちょっと大きな怪我ですよね。

ワールドカップも大丈夫なのかな・・・

 

斎藤学 怪我 いつ 対戦相手

 

斎藤学が怪我したのはいつ?対戦相手は?

斎藤学選手が怪我をしたのは具体的にはいつだったのでしょうか。

怪我をした試合のあった日にちは、

2017年9月23日

対戦相手は、

ヴァンフォーレ甲府

となります。

具体的な時間としては、

後半の18分を経過した頃、

2-1で甲府がリードしており、

斎藤学選手が右サイドを切り込んでいったところを厳しいマークにあい転倒。

その後、苦痛の表情を浮かべ担架で運ばれていきました。

3日後の26日に右膝前十字靭帯損傷で全治8ヶ月とチームから発表がありました。

流石にワールドカップは厳しいかな・・・

斎藤学選手の武器であるドリブルは日本にとっても大きな武器になること間違いなしだったんですけど。


見てください!

このドリブルすごくないですか?

まだ希望を捨てずにリハビリ頑張って欲しいですね。

 

斎藤学をマークしていた選手は誰?

前述しましたが、

サッカー選手だけに限らず、スポーツ選手には怪我はつきものと言います。

今回の件については、

多少厳しいマークではあったが、ラフプレーとかスポーツマンシップに乗っ取っていないとか、

そういったことは一切ありません。

斎藤学選手をマークしていたのは、

エデル・リマという甲府のDFでしたね。

ブラジル出身の選手で現在もヴァンフォーレ甲府でプレーしており、

チームにはかかせないDFの要の選手となります。

ゴールに向かってくる斎藤学選手を体を張ってディフェンスしていたので、

怪我に関しては、不運としか言いようがないのかもしれません。

 

早く良くなるように、またいいプレーを見せていただきたいです。

リハビリ頑張ってください。

今回は斎藤学選手の怪我について書いてきました。

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました。

Sponsored Link
 

 - スポーツ , , , , ,