崖っぷちホテル最終回感想・あらすじ 宇海の正装がカッコイイ!佐那の決断は?

      2018/06/18

Pocket

崖っぷちホテルもついに最終回を迎えます。

大方の予想通り、宇海(岩田剛典)がバリストンに戻ってしまうかどうかという展開に。

まあ、従業員間の雰囲気もとても良く、

バリストンで果たせなかった花火大会の成功をおさめたインヴルサには、

もうさすがにやり残したことはないってことになりますよね。

シリーズ通して、宮川大輔さんが意外といい演技を見せてくれました。

第9話でも宇海の夢である花火大会を成功させようと人肌脱ぎましたし、

男気溢れていてとても好印象でしたね。

最終回がどんな結末が待っているのかとても楽しみですね。

全然関係ないですが、

ブラックペアンは渡海で崖っぷちホテルは宇海。

ちょっと紛らわしいです(笑)

ということで、今回は、

崖っぷちホテルの最終回の感想とあらすじについて書いていきたいと思います。

ついに魅せた宇海の正装、とてもかっこよかったですね。

ということで、今回は、

崖っぷちホテルの最終回の感想とあらすじについて書いていきたいと思います。

崖っぷちホテル8話感想と9話あらすじ 宇海は去るのか?

それでは少しの間お付き合いいただければと思います。よろしくお願いします。

 

Sponsored Link
 

 

崖っぷちホテル 最終回あらすじ

まずは、崖っぷちホテルの最終回の予告から、

宇海の夢だった花火大会を成功させたインヴルサの授業員一同。

安心したのもつかの間、

バリストンの支配人が現れて、宇海に戻ってこないかと伝える。

突然の話に戸惑う佐那(戸田恵梨香)は放送日が急遽変更になり事前確認ができなくなったテレビ番組に関しても

不安を感じ始める。

そんな中、川北という名の女性が11人の団体で宿泊にくる。

しかしこの11人はただの宿泊客ではなく、

スイーヴルというホテルの総支配人とその従業員であった。

よく見ると従業員もクセの強い者ばかりで、

総支配人もどことなく頼りがない感じ。

まるで少し前のインヴルサを見ているかのようであった。

当然仕掛け人は宇海であった。

インヴルサは卒業してまた面白そうなところということで、

バリストンではなく、スイーヴルに行ってしまうのか。

 

崖っぷちホテル 感想 あらすじ

 

崖っぷちホテル 最終回感想 宇海は去るのか?

バラバラだった頃のインヴルサを見ているかのような、

崖っぷちホテルを何故敢えて連れてきたのか。

今度は、この一団を立派なホテルに仕立て上げるために、

インヴルサを去ることになってしまうのか。

ということで、崖っぷちホテルの最終回の感想に参りたいと思います。

6/17追記

崖っぷちホテルの最終回見ました。

絵に描いたようなハッピーエンドでしたね。

宇海が連れてきたホテルメンバーが昔のインヴェルサに似ていることで、

新しいワクワクを求めてそっちに行ってしまうのかという伏線でしたが、

大どんでん返しはなく案の定新しいワクワクを求めて、

インヴェルサを去るという展開でした。

最後のお別れ会で1人1人が宇海への感謝の気持ちを述べていたのを見て、

ちょっとうるってきてしまいました。

みんなから慕われていたんですね。

Huluでその後のストーリーが2話分放送されるようですが、

Hulu契約してないからな。見れない…

なんだかんだで最後までつい見てしまういい温度感のドラマでした。

 

 

Sponsored Link
 

 

崖っぷちホテル 宇海の正装がカッコイイ!佐那の決断は?

第9話で初めて宇海演じる岩田剛典さんがバッチリ正装を披露してくれました。

さすが三代目(笑)

とても似合いますね。

アレルギーが出たってことでほんの短い時間でしたけどね。

最終回でも見ることはできないかな。

そして、宇海は佐那と思い出のプールでインヴルサに来た本当の理由を話す。

その理由を聞いた佐那が下した決断と何なのか。

いよいよ最終回。どんな感動が待っているのか。

次週が楽しみですね。

 

Sponsored Link
 

 - ドラマ , , , , , , , ,