正義のセ最終回感想&あらすじ 謎解き要素は最後までないのか?

      2018/06/15

Pocket

正義のセもついに最終回を迎えることになりました。

特に拡大スペシャルでも普通に最終回を迎えることになりそうです。

つまらなくはないですが、

特別面白いということもなく、丁度いい感じの内容ですが、

視聴者の声としては、

やはりストーリーにひねりがないということで不満の声も多いようです。

視聴率は、9%台を推移ということで決して悪くはないですが、

個人的には、

シグナルなど正義のセよりも見応えのドラマがあるところに若干の疑問は抱いておりますが、

せっかくずっと見てきたドラマなので最終回をきちんと見届けようと思います。

第9話のラストでは、

予想通り、元カレが登場し元サヤに戻るのかと思いましたが、

元カレは海外に行ってしまうということで、

完全に元サヤの線はなくなりました。

流れ的に恋愛要素は薄い感じでしたし、

大塚(三浦翔平)とくっつくという流れもまずありえないでしょう。

最後の事件を全力で解決するが見どころとなる最終回となりそうですね。

ということで、今回は、

正義のセの最終回感想とあらすじについて書いていきたいと思います。

正義のセ8話感想と9話あらすじ 吉高由里子の初主演作が意外!

最後まで謎解き要素は物足りないまま終わるのか。

それでは少しの間お付き合いいただければと思います。よろしくお願いします。

 

Sponsored Link
 

 

正義のセ 最終回あらすじ

まずは、正義のセの最終回の予告から、

最後の事件は刑事、弁護士、検事モノとして欠かせない、

大きな圧力と対峙するストーリーですね。

ちょうど、火曜日に放送されているシグナルでも同様に、

警察という組織の圧力に事件の真相が捻じ曲げられてしまっていてそれを暴くって流れになっています。

正義のセの最終回は、

衆議院の息子が犯した事件を担当するが、

被疑者の息子は正当防衛を主張する。

そして父が当たり前のようにもみ消そうとしている。

今までにない大きな圧力に屈することなく、

凛々子は事件の真相にたどり着くことができるのでしょうか。

 

正義のセ 感想 あらすじ

 

正義のセ 最終回感想 事件の真相は?

衆議院議員の息子は正当防衛を主張するが、

被害者関係者は暴力を振るうことすら想像できないと主張。

両者の意見は食い違う。

事件の裏に隠された真相を暴くことはできるのか。

ということで、正義のセの最終回の感想に参りたいと思います。

 

(感想まもなく加筆公開します)

 

Sponsored Link
 

 

正義のセ 謎解き要素は最後までないのか?

正義のセでちょっと不満があるのは、

検事モノなのに、

謎解き要素がかなり弱いということ。

基本的に犯人はすぐ分かるスタートとなっており、

それぞれの事件の真相に関しても、

謎解き要素がかなり弱く、

ラストの結末を見ても、

特に大きな驚きはなく、そういうことね。というあっさりとした感想となることがほとんどです。

吉高由里子さんはかわいいし、

安田顕さんはいい演技をするし、

三浦翔平さんはカッコイイし、

キャストは最高なのですが、

物語が単調なのだけがちょっと残念です。

最後くらい視聴者を驚かせるくらいの謎解き要素があってもいいのではないでしょうか。

ということで、今回は、

正義のセの最終回の感想とあらすじについて書いてきました。

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

Sponsored Link
 

 - ドラマ , , , , ,