シグナル最終回感想・あらすじ 健人の兄の運命は?大山は助かるのか?

      2018/06/13

Pocket

坂口健太郎さん主演のシグナルがついに最終回を迎えます。

気づけばもう10話目なんですね。

毎回だらけることなくハラハラして次がどうなるか気になる展開なので、

圧倒的の3ヶ月だった気がします。

韓国ドラマがある中、ある程度のネタバレがあるの中での日本版ドラマでしたが、

全然気になりませんでしたね。

視聴率については私はかなり納得がいっていないんですが、

余裕で2桁以上いっていてもいい内容かと思っているんですが、

2桁には全然届かず、6~8%くらいを行ったり来たり…

そんなしょぼい数字になるようなドラマではないんですけどね。

いつぞやの記事でも書いたんですが、

過去と現在を行ったり来たりするので難しい、

ちょっと刺激的な画が多い、

ということから、一部の視聴者からしか好評を得ていないのかもしれません。

まあ、そんなこといっていても仕方ないですけど。

ということで、今回は、

シグナルの最終回感想とあらすじについて書いていきたいと思います。

健人の兄と大山の運命はどのような結末を迎えるのでしょうか。

シグナル第9話感想と最終回あらすじ 無線機の謎とは?23時23分に何があった?

それでは少しの間お付き合いいただければと思います。よろしくお願いします。

 

Sponsored Link
 

 

シグナル 最終回のあらすじ

まずは、シグナルの最終回のあらすじから、

出所した健人の兄から連絡をもらう大山(北村一輝)、

事件の真相を暴く決定的な証拠があるという。

それに勘づく岩田係長。

現在では、健人(坂口健太郎)と桜井(吉瀬美智子)が中本(渡部篤郎)が真の黒幕であることにたどり着く。

無線機を使い、兄を助けて欲しいと頼む健人。

大山がその願いを受けたのは、健人の兄が警察組織の手にかかるであろうその日であった。

果たして、大山は健人の兄を助けることができるのか。

事件解決の真相に近づくことは大山の身に危険が近づくということ。

大山の身を案じる桜井は無線機で大山と話すことに。

そこでは、健人が言えなかったあることを伝えるが…

 

シグナル ドラマ 感想 あらすじ

 

シグナル 最終回感想 気になる結末は?

残すとこあと1話となったシグナル、

健人の兄が警察組織(岩田係長)の手にかかる前に大山は助け出すことができるのか

そして、

大山の運命を変えることができるのか。

中本の悪事をどう暴くのか。

結末はどうなるのか非常に楽しみです。

ということで、シグナル最終回の感想に参りたいと思います。
シグナル DVD-BOX1 [ イ・ジェフン ]

 

6/13追記

シグナルの最終回見ました。

終わり方としては満足でしたが、

最高に悪い奴である中本部長を追い詰める描写がもっと欲しかったな。

回想的なカットでしかなかったのが少し残念です。

過去が変わって現在が変わったわけですが、

変わる前の記憶が残っているのは、

健人と桜木だけだったので、

無線機に関わるとそうなるのかな。

トドメの接吻のキスした同士だけが記憶があると同じような感じかな。

中本の悪事が暴いたおかげで、

初回で題材となった少女誘拐事件の犯人で逮捕できなかった女(長谷川京子)も

無事逮捕されていましたね。

時間軸を使ったドラマなれではの結末でした。

ただ、大山(北村一輝)と桜井の再開はドラマ版ではあってもよかったかも。

 

Sponsored Link
 

 

シグナル 健人の兄と大山の運命はどうなる?

過去が何も変わらなければ現在は全く同じ状態ですので、

健人の兄が岩本係長に手にかかる前に大山が助けだすことに成功するのではないでしょうか。

そして、そのことでさらに運命は変わっていき、

決定的な証拠を掴んだ大山は中本の悪事を暴くことに成功する。

まあ、この辺りでどんぱちするんでしょうけど。

結果的には現在は大きく変わり、

警察の手にかかった岩本係長大山

桜井の時と同様に生きているというオチが原作にも沿っていて王道な結末でしょうか。

どうなるんでしょうかね。最終回。

 

Sponsored Link
 

 - ドラマ , , , , ,