加藤遊海の貧乏時代のエピソードがヤバイ!マレーシアとのハーフなの?

   

Pocket

2018年3月に行われたミス・ユニバース・ジャパンの三重県代表で出場し、

日本代表に選ばれた加藤遊海さん

6月3日(日)放送の「行列のできる法律相談所」に出演されます。

そこでは、見た目からは想像できない貧乏であった過去についてお話されるようですね。

そしてその過去の貧乏話がとんでもなくインパクトがある内容だとか。

いろんな芸能人の方で実は昔は貧乏であったという話はよく聞きますが、

加藤遊海さんの貧乏エピソードはちょっと規格違いですよ。

容姿がとてつもなく美人なだけにそのギャップがさらにインパクトを増強させています。

ということで、今回は、

ミス・ユニバース・ジャパンの加藤遊海さんの過去の貧乏エピソードについて書いていきたいと思います。

それでは少しの間お付き合いいただければと思います。よろしくお願いします。

 

Sponsored Link
 

 

加藤遊海について

まずは、加藤遊海さんについて紹介します。

生年月日は、1996年の7月10日生まれの21歳(2018年6月現在)です。

愛知県名古屋市出身で5歳からマレーシアで育っているという異色の経歴の持ち主。

身長は173cmで、

スリーサイズは、84 - 62 - 89 cm、

スタイルバツグンですね。

ミス・ユニバース・ジャパンで日本代表となっており、

これから世界大会にも出場予定となっております。

 

加藤遊海 貧乏

 

加藤遊海の貧乏時代のエピソードがヤバイ!

加藤遊海さんは5歳からマレーシアで育っているということですが、

ご両親に連れられてなんですが、どうやらお仕事ではないようです。

移住したては仕事がきっかけではないので、

当然っちゃ当然ですが、生活は厳しかったようです。

教育環境も優れていたとは言えない状況の中、

いじめにも合われたということで、

ご両親の決断によりマレーシアのティオマン島という島へ行くことになります。

しかも単身でサバイバルに行くようにリュック背負って突入という次第。

村人に関しては以前から面識はあったようなので完全に何も知らない島に突入したわけではないですが、

それでもなかなかの大きな決断であったのではないでしょうか。

15歳から半年間だということですが、

この半年間はほぼ自分の力でサバイバル状態であったということ。

食料も自分で調達しないといけないし、

医療の環境も不十分であったため、

ケガした際に傷口にウジ虫が湧いちゃったりもしたようです。

15歳の女の子がよく耐えれたもんだなと思います(笑)

 

Sponsored Link
 

 

加藤遊海はマレーシアとのハーフなのか?

上記のように、

壮絶な極貧サバイバルを体験した加藤遊海さんですが、

見た目からハーフなのか?と思いますよね。

マレーシアでのエピソードの印象もかなり強くなったし。

出身は愛知県で育ちがマレーシアですし尚更判断がつきません。

しかし、調べてみたらすぐわかりますが、

ご両親は日本人です。

純粋な日本人ですね。

たまたま、目や鼻や口が日本人離れしたくっきり感を見せているだけですね。

ということで、今回は、

加藤遊海さんについて書いていきました。

今後の活躍に期待ですね。

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

Sponsored Link
 

 - モデル , , , , , ,