崖っぷちホテル7話感想・8話あらすじ 佐藤隆太もレギュラーに?

      2018/05/28

Pocket

第6話の崖っぷちホテルでは、

最後の最後まで1人批判的であった、

時貞さん(渡辺いっけい)もついに心を開いて、

ホテルメンバー全員の気持ちが1つなれました。

ドラマ開始当初から、

ちょっと手強い従業員を順番に更生していくというストーリーだということは、

分かっていたので、

無事全ての従業員を更生し終わったこれから、

どんな展開になっていくのか非常に楽しみであります。

そんな中、気になる崖っぷちホテルの第7話では、

新キャラである、総支配人の佐那(戸田恵梨香)の兄が登場しますね。

演じるのは、佐藤隆太さんです。

予告からはとてもうるさそうなキャラですがどんな最後になるのでしょうか。

それともレギュラーになっちゃったりして…

ということで、今回は、

崖っぷちホテルの第7話感想と第8話あらすじについて書いていきたいと思います。

崖っぷちホテル6話感想と7話あらすじ 桐谷美玲がヒロイン役だった?

それでは少しの間お付き合いいただければと思います。よろしくお願いします。

 

Sponsored Link
 

 

崖っぷちホテル 第7話感想 総支配人が変わる?

まずは、崖っぷちホテルの第7話の予告から、

崖っぷちホテルの第7話では、

佐那の兄の誠一(佐藤隆太)が登場します。

従業員全員の更生が時貞さんを最後に完了した流れになりますからね。

展開を盛り上げるための新キャラ投入といったところでしょうか。

誠一はグランデ・インヴルサを経営危機に追いやった張本人です。

借金を作って逃げてしまったが、

ひょっこりホテルに戻ってくることに。

しかも戻ってくるやいなや悪びれもなく総支配人時代と変わらず、

やりたい放題で、せっかくのいい雰囲気も嫌な予感が漂います。

宇海(岩田剛典)も毎度の如く、何を考えているのか分からず、

誠一の言うことを聞いちゃっています。

どんな最後になるんでしょうかね。

ということで、崖っぷちホテルの第7話の感想に参りたいと思います。

5/27追記

崖っぷちホテルの第7話見ました。

佐那の兄である佐藤隆太さんが最後はいいヤツで終わるのかな。

なんて思っていましたが、

結局は自分の私利私欲のためにまたホテルをめちゃくちゃにしようとしていた、

ただただ悪いヤツでしたね(笑)

今回のめちゃくちゃな配置換えでお互いの仕事をみんなが理解できて、

ホテルのために辞表まで出した時貞と、

結果としては従業員のチームワークがさらに強化されたという結果になったのでよかったのかな。

レギュラー化するのか?とも思っていましたが、

その予想はハズレましたし、

あのキャラであればむしろレギュラー化してほしくはないですね。

 

崖っぷちホテル 感想 あらすじ

 

崖っぷちホテル 佐藤隆太もレギュラーになるのか?

崖っぷちホテルの新キャラである誠一演じる佐藤隆太さん、

少し前の新キャラとして登場した川栄李奈さんは、

そのままホテルの従業員と働くことになり、レギュラー化していますね。

勝手なイメージですが、

佐藤隆太さんも単発でのゲストとしてはちょっと豪華過ぎるのでは。

もしかして佐藤隆太さんもレギュラー化してしまうとかあるのかな。

物語はずっと続いていますが、

基本的には、1話完結といっていいこのドラマですから、

中途半端に回を跨いで2話分なんてことはないと思いますが、

誠一も更生して、

ホテル再建のために一肌脱ぐようになるという展開もあっても面白そうですね。
ROOKIES 裏BOX [ 佐藤隆太 ]

 

Sponsored Link
 

 

崖っぷちホテル 第8話あらすじ 宇海は最後までホテルにいるのか?

崖っぷちホテルの放送も残り少なくなってきましたね。

このまま和気あいあいとってことでは終わらないと思います。

ふらっと来た宇海がこのまま居残ることにちょっと疑問も残りますね。

またふらっといなくなってしまうかもしれませんね。

ということで、崖っぷちホテルの第8話のあらすじに参りたいと思います。

5/27追記

この日、ホテル・グランデ・インヴルサにやってきたのは、豊かな自然資源を持つマナヒラ王国という国の7人の王女様たち!連日来日がニュースで取り上げられる国の重要人物たちがなぜかこのインヴルサに宿泊に来る……。浮き足立つ一同だが、時貞(渡辺いっけい)はもし何か失礼を働いて自分たちのせいで国交断絶にでもなれば国の嫌われ者だと騒ぎ、ホテルの大ピンチだと危機感を煽る。反対に宇海(岩田剛典)はホテルの認知拡大の大チャンスとはりきるが、いざやってきた7人の王女は現在次期王位継承について絶賛争いを繰り広げており、非常に不機嫌な状態であった。「ベッドメイクがなってない」「イケメンを発注したい」など、様々な注文が繰り広げられる中、佐那(戸田恵梨香)が7女の王女ナディアを部屋に案内すると、彼女らのホテル滞在の目的がかつて王が経験した『忘れられないディナー』を体験してこいと命じられたからであることが発覚する。宇海は今回の王女の接客を「インヴルサの総力戦」と名付け、全員を担当編成で組み分け、『忘れられないディナー』の制作はハル(浜辺美波)江口(中村倫也)にお願いする。それぞれが全力で応対する中、なぜか様子がおかしい大田原(くっきー(野性爆弾))。彼はこんな大変な業務の最中、一人の王女に一目ぼれをしてしまう……。
王女たちのワガママな注文の訳、そして『忘れられないディナー』の正体とは。この日、インヴルサの本当の大逆転の口火が切られることになる……。その鍵は、『ワクワク』することにある!?その意味とは!

 

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

Sponsored Link
 

 - ドラマ , , , , , ,