崖っぷちホテル6話感想&7話あらすじ 桐谷美玲がヒロイン役だった?

      2018/05/21

Pocket

グランデ・インヴルサホテルでのブライダル企画を無事成功させました。

成功というか結局はキャンセルで本番がなくなったというだけでしたが。

枝川(りょう)の過去についても明らかになりましたね。

ブライダル事業に参入して成功させるというのが総支配人の想いであり、

ずっとその想いを抱えていたのでウェディングプランナーに指名されて即OKしたということでしたね。

結果、今回のブライダル企画で、

さらにメンバーのチームワークが深まったということになりました。

枝川さんとも無事雪解けって感じですね。

どこまで計算されてのことなのかは分かりませんが、

宇海(岩田剛典)がやることが腐ったグランデ・インヴルサを蘇らせていってます。

そして、1人蚊帳の外の時貞(渡辺いっけい)が第6話はスポットがあたっていきます。

ということで、今回は、

崖っぷちホテルの第6話の感想と第7話のあらすじについて書いていきたいと思います。

崖っぷちホテル5話感想と6話あらすじ 枝川(りょう)の過去とは?

それでは少しの間お付き合いいただければと思います。よろしくお願いします。

 

Sponsored Link
 

 

崖っぷちホテル 第6話感想 時貞の疑惑は晴れるのか?

まずは、崖っぷちホテルの第6話の予告から、

崖っぷちホテルの第5話では、

1番謎であり、アンチ組であった枝川(りょう)による、

ブライダル企画が成功したことにより雪解けを迎えました。

ついに仲間入りしさらにチームワークが深まりました。

そして取り残された、元副主任の時貞(渡辺いっけい)。

時貞にスポットがあたっていくんですが、

暴力をふるったという内容の告発状が届いてしまいます。

さらに送り主が直接ホテルにやってくることに。

身内も怪しんで誰も時貞のことを信じようとしていませn。

きっと裏があるというか、

宇海(岩田剛典)の行動により時貞とも雪解けを迎える展開が待っていそうです。

ということで、崖っぷちホテルの第6話の感想に参りたいと思います。

5/20追記

崖っぷちホテルの第6話見ました。

相変わらず、時貞さん(渡辺いっけい)がいいキャラしてますね。

性格はひねくれていますがなんとも憎めないキャラですね。

暴行事件の真相は、

このホテルに対する批判に対しての反発が原因でした。

「今はこのホテルはとてもいい方向に向かっている。」

「一度でいいから見に来てみろ。」

実は、いいヤツじゃないか~っていうのが全員に分かって、

ついに全員が1つになれたのかな。

でも告発文が全然違う人からだった。

というオチにはちょっとびっくりです。

そして、佐那のお兄さんがまさかの登場。

演じるのは佐藤隆太さん、単発ゲストなのかロング出演なのかも気になります。

 

 

崖っぷちホテル 感想 あらすじ

 

崖っぷちホテル ヒロイン役は桐谷美玲だった?

崖っぷちホテルのヒロイン役は、

戸田恵梨香さん演じる佐那ですよね。

主役とまではいかないですが、

毎話でキーとなるキャラクターと絡みを見せてくれています。

なんとそんなヒロインの佐那ですが、

当初は戸田恵梨香さんではなく、桐谷美玲さんであったという情報がありました。

「桐谷は現在、モデルや女優業以外に取材ロケも多い報道番組『NEWS ZERO』(日本テレビ系)でキャスターを務めている。『女性自身』の取材によると、キャスターへの使命感が強い彼女は、昨今のあまりの忙しさに『女優の仕事はもうイヤ!』と周囲に漏らしており、昨年の時点で日テレがオファーを出していた『崖っぷちホテル!』への出演も叶わなかったとのこと。桐谷は事務所の看板女優ですから、関係者は苦渋の決断で彼女の意見を尊重したようです」

この内容からみると、

やはり佐那役を断られたってことでしょうね。

キャスターにハマっちゃってるってのもあるんでしょうね。

事務所の裏側が見受けられる一件ですね。

 

Sponsored Link
 

 

崖っぷちホテル 第7話あらすじ 全員仲間入りの後は?

崖っぷちホテルの第6話で時貞が仲間入りすれば、

全員コンプリートなりますね。

まだ最終回までは数話残っていますからね。

全員集合してからどんな展開を見せるのか楽しみです。

ということで、崖っぷちホテルの第7話のあらすじに参りたいと思います。

5/20追記

ホテルに告発状を送っていたのは、なんと佐那(戸田恵梨香)の兄で元総支配人の誠一(佐藤隆太)!めちゃくちゃなホテル経営で多額の借金を作り、2年前にお金を持ち逃げして行方不明となっていた誠一が無一文となり再びホテルに現れて…。かつての身勝手なモンスター支配人ぶりを知る従業員たちは、笑顔で“マイファミリー”と呼びかける誠一を警戒するが、初対面の宇海(岩田剛典)はあろうことかすっかり意気投合!?しかもいつの間にかホテルの株の過半数を持つ筆頭株主となっていた誠一は「今日から自分が総支配人だ」と宣言する!ようやく軌道に乗ってきたホテルのためにも誠一を追い出す術はないかと頭を悩ます面々だが、宇海は「ホテルのために生きる」と言う誠一に従おうと話す。そんな中、誠一が構造改革のためにポジションを大シャッフルすると言い出す。猛反発の中、誠一は自分に賛同する宇海以外のスタッフを配置換えし、ホテル中が大混乱!抗議する佐那だが誠一は悪びれる様子もなく、放っておいても潰れるホテルを売って金にするつもりだと告げ…!!最初からホテルを使い捨てるつもりだった誠一に対し怒りに震える佐那。何も知らない従業員たちはシャッフルされたその役職でも、ホテルのためにと懸命に働いていて……。
噂の佐那の兄が登場!超自由人が総支配人を名乗り出たことで再び崖っぷちに立たされたグランデ・インヴルサに本当の大逆転の手立てはあるのか!?

 

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

Sponsored Link
 

 - ドラマ